高額な時計買取は確かな実績がある買取エージェントにお任せ下さい!

高額な時計買取は確かな実績がある買取エージェントにお任せ下さい!

トゥールビヨンなどの複雑機構を搭載しているのにも関わらず、衝撃などに強い設計で壊れにくく更に独自の技術力で驚く程軽量化されている時計などでも知られているリシャール・ミル。斬新なデザインと高い技術力で2001年に登場して以来たちまち人気ブランドへとなりました。リシャール・ミルは複雑機構のモデルが多くとても高価なブランドとしても知られます。買取エージェントではそういった複雑機構を搭載している高級時計も経験豊富なスタッフが買取させて頂いております。買取エージェント独自の豊富な流通ルートと積極的な買取金額でリシャール・ミルの時計を買取します。お支払いは現金にてお支払いも可能ですのでお気軽にお問合せください。

リシャール・ミルの買取について

リシャール・ミルの買取について

リシャール・ミルの時計には2001年に登場した『RM001』を始め“バッバ・ワトソン”や“ラファエル・ナダル”モデルなど今では様々なコラボモデルや限定モデルがあります。軽量化でも知られるリシャールの時計には“カーボンナノファイバー”や“カーボンコンポジット”などリシャールならではの特殊な素材が使われている物も多く存在します。特殊な素材ならではのキズのコンディションなど隅々なでしっかりと調べ査定させて頂きます。
また高額な時計は箱などの付属品の有無が買取価格に影響してきます。売却の際は是非ご一緒にお持ちください。

*

他社よりも高額買取

リシャール・ミル フェリペ・マッサ RM011 AH なら

  • B社査定額
  • K社査定額
  • N社査定額
  • 9,000,000円
  • 10,000,000円
  • 10,500,000円

12,000,000

高額買取できる3つの理由

リシャール・ミル買取実績

  • リシャール・ミル RICHARD MILLE 買取買取実績

    中野店でリシャール・ミルのフェリペ・マッサ型番RM011 AJを1160万で買取しました。リシャールの買取はお任せください。

  • リシャール・ミル RICHARD MILLE 買取買取実績

    ローズゴールドの輝きが最高に高級感のあるこちらのフェリペ・マッサ型番RM011 AJを銀座店で買取しました。

  • リシャール・ミル RICHARD MILLE 買取買取実績

    白ベースの時計に赤色がアクセントになっている日本限定のRM030を¥1200万で買取しました。 

  • リシャール・ミル RICHARD MILLE 買取買取実績

    2015年に購入されたこちらのRM11-01 AN Tiロベルト・マンチーニを高価買取させていただきました。

  • リシャール・ミル RICHARD MILLE 買取買取実績

    フェリペ・マッサ型番RM011 を中野店で買取しました。リシャールの様な高額な買取もお任せください!!

  • リシャール・ミル RICHARD MILLE 買取買取実績

    ブラックのケースがスタイリッシュなラファエル ナダル型番RM35-01を今回大阪・心斎橋店で買取いたしました。

  • リシャール・ミル RICHARD MILLE 買取買取実績

    フェリペ・マッサ・RM011 AH TIを買取しました。当社が最も高い金額1200万円でしたのでお売り頂けました。

  • リシャール・ミル RICHARD MILLE 買取買取実績

    日本限定50本のこちらリシャールミルのRM029 JAPAN BLUEを破格の値段で買取しました。時計の買取はお任せください!

訳あり商品も買取いたします 高額買取のポイント
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

RICHARD MILLE(リシャール・ミル)買取をご利用頂いたお客様の声

査定、サービスともに納得できるお店

50代男性

査定、サービスともに納得できるお店

新しい時計を買い替えることになり、以前まで使用していたリシャール・ミルの腕時計を買い取っていただきました。かなり高額なものなので、きちんと信頼できるお店に売りたいと思い、10店舗の買取店を利用させてもらいました。その中で信頼できると思った店舗は3つ程度でしたが、特に買取額が10万ほど高かったのが当店です。鑑定スタッフさんの対応を見て、すぐにベテランだなと分かりましたし、接客面でもサービスも良かったと思います。

本当に高額買取でした。

40代男性

本当に高額買取でした。

ある事情でお金が必要になったので、数年前に購入した腕時計を売ることに。過去の思い出が詰まった時計だったので、手放すのは寂しい気持ちもありましたが、当店では丁寧に査定をしてくれました。限定モデルだったこともあり、購入時よりも高い金額で買い取ってもらうことができて驚きです。また何かあったら利用させてもらおうと思います。ありがとうございました。

リシャール・ミルの歴史について

リシャール・ミルはモーブッサンウォッチグループなどでCEOを務めたブランド名と同じ“リシャール・ミル”氏によって2001年にスイスで創業されました。『究極の時計作り』と言うコンセプトを元に製造されるリシャール・ミルの時計は製造から組み立てまで一貫して行うマニュファクチュールに対して、その分野で優れた外部メーカーに部品をそれぞれに発注をして製造すると言う独自の製造方法で『時計界のF1』とも言われております。2001年に発表されたリシャール・ミルの第一号作品“RM001 トゥールビヨン”はF1や航空業界などに使われる最高の技術と素材を惜しみもなく注ぎ込まれたモデルで、一切の妥協を許さずにデザインされ、極限まで無駄を省くことによって非常に軽量化されております。またテニスプレイヤーで有名なナダル選手の為に世界50本限定で作られた『RM027』をナダル選手が実際に試合中にも関わらずこのモデルをつけていた事でも大きな話題になりました。今まではトゥールビヨン機能などの複雑機構の時計は通常のモデルに比べて壊れやすいと思われておりましたが、テニスの試合中に起こる強烈な衝撃にも耐えその概念を大きく変え世界に衝撃を与えました。軽量で壊れにくいリシャール・ミルの時計はスポーツ選手達にも人気が高く、レーシングドライバーの『キミ・ライコネン』やプロゴルファーの“バッバ・ワトソン”などが愛用しその高い技術力が実際に証明されております。リシャール・ミルは技術力だけではなく、その斬新なデザインでも大きな話題を呼んでおります。2012年の辰年に登場した、アクションスターの“ジャッキー・チェン”とコラボレーションした『RM057 ドラゴン ジャッキー チェン』はトゥールビヨン機構にムーヴメントにはドラゴンが絡み合う様に作られており、時計の域を超えて芸術品とも言えるデザインの時計です。その他にも様々なスポーツ選手や・俳優などのコラボモデルやF1チームとのコラボモデルなどがあり目が離せません。リシャール・ミルならではの高い技術力で時代の最先端の時計を発表し続け今とても注目されているブランドです。

トゥールビヨン

トゥールビヨン

2001年にスイスで誕生した新星高級時計ブランド「RICHARD MILLE(リシャール・ミル)」。登場してからまだ歴史の浅いブランドですが、今や世界の最高峰ともいわれており、多くのセレブやスター、スポーツマンやF1レーサーなどが愛用していることで有名です。

RICHARD MILLE(リシャール・ミル)のすごいところは、機械式時計でありながらも他のブランドとは一線を画す最先端のテクノロジーを採用していること。ブランドのアイコンモデルでもある「トゥールビヨン」では、F1や航空宇宙産業において採用される技術や素材を使用し、超複雑機構が搭載されています。複雑機構時計の難点と言えば、精密機械のため衝撃に弱いとされていましたが、このトゥールビヨンでは複雑機構が搭載されていながらも、衝撃に強く耐久性にも優れています。投げても壊れない時計が完成したのです。

さらに、耐久性や機能性に特化しているだけでなく、非常に軽く着け心地がいいのも魅力。簡単には真似できない、ハイレベルなものづくりへのこだわりと感じますね。

オートマティック・フライバック

オートマティック・フライバック

複雑機構が搭載された高性能な時計が有名なRICHARD MILLE(リシャール・ミル)では、誕生から間もない時計ブランドでありながら、時計界を圧倒する革新的な腕時計を生み出しています。F1レーサーやテニスプレーヤーらとコラボレーションしたモデルも展開し、どれも高級の域を超えた別格の存在となっています。

中でも最もタフなスポーツモデルと言われているのが「オートマティック・フライバック」。複雑な立体構造を持つRMAC3キャリバーを前面に押し出した、メカニックな仕上がりが魅力です。また、使用する素材には宇宙素材や、時計には珍しいチタンなどが使用されるなど、最先端の技術が詰まっています。通常時計のムーブメントには加工しやすい真鍮で作られるのが基本ですが、RICHARD MILLE(リシャール・ミル)ではチタンやカーボンが採用されています。

チタンはコストも高く、加工しにくいという難点がありますが、軽く丈夫な素材でもあります。また、衝撃を吸収するカーボンナノチューブを使用するなど、宇宙素材として使用される素材をも取り入れています。ゴールドやステンレスといった一般的な素材を用いることは、RICHARD MILLE(リシャール・ミル)が初めてのこと。デザイン面だけでなく、使用する素材や小さなパーツまでこだわり抜いたオートマティック・フライバックは、まさに新時代の名品と言えるでしょう。

コラボレーションモデル

コラボレーションモデル

機能、素材、技術において、まさに究極ともいえるハイクラスな時計を生み出しているRICHARD MILLE(リシャール・ミル)。登場して歴史の浅いブランドですが、これまでの有名ブランドとは一線を画した最先端の時計として、別格の地位を確立しています。

そんなRICHARD MILLE(リシャール・ミル)では、様々なアスリートとコラボレーションしたモデルを多数発表していることでも話題となっています。最も代表的なのは、世界で活躍するテニスプレーヤーであるラフェル・ナダルのために作られた「RM27-02」というモデル。トゥールビヨンを搭載した超複雑時計出ありながら、超軽量化を実現。ムーブメントはミドルケースと一体型になっており、歯車を支える地盤の役目を果たしています。

「クオーツTPT™」と呼ばれる、クオーツファイバー層を何百と積み重ねた独創的新素材を開発し、これをカーボンTPT™と積層することで、非常に軽く、強度の高い仕上がりを実現。さらに、このモデルは世界で限定50本のみの販売となったため、現在はすでに完売済となっています。RICHARD MILLE(リシャール・ミル)が一目置かれる存在であることは、簡単には手に入れられない特別感があるからだと思います。

日本限定モデル

日本限定モデル

これまでの時計の歴史を覆す斬新な発想を生み出しているRICHARD MILLE(リシャール・ミル)は、高級時計ブランド界の中でも他に見ない、最先端技術・素材を使用した未来的なモノづくりを行っています。コストや手間を惜しむことなく、特殊素材や部品を多数使用しているため、機能性、デザイン性にも独自のアイデンティティをしっかり持っています。ただし、これらのクオリティを実現するには、どうしても生産数に限りが出てしまいます。そのため、RICHARD MILLE(リシャール・ミル)では「限定30本」などのように限定販売されることも多く、一部の人だけが手に入れられるという高いステータス性も併せ持っているのです。

そんなRICHARD MILLE(リシャール・ミル)では、日本でも限定モデルが多数登場していることで注目を集めています。機能面や使いやすさはそのままに、日本に好まれるようなシンプルなディティールに作られているので、時計愛好家の中でも非常に人気のモデルでもあります。限定8本というごくわずかな製造数のモデルもあり、お値段は1000万円を超えるのが基本。一般人にはそう簡単には購入できない超高額なお値段なので、それだけ憧れる人が多いのでしょう。購入するかしないかは別として、大人の夢の詰まったRICHARD MILLE(リシャール・ミル)の魅力をぜひ知っていただきたいです!

リシャール・ミルの豆知識一覧

買取エージェント 店舗案内

0120-954-800
  • 買取エージェント 銀座店
  • 買取エージェント 渋谷店
  • 買取エージェント 中野店
  • 一風騎士 本店
  • 一風騎士 新宿店
  • 買取エージェント 心斎橋店
  • 一風騎士 渋谷店
  • 一風騎士 心斎橋店
  • 一風騎士 中野ブロードウェイ店
  • 一風騎士 大阪本店
  • 買取エージェント 新宿店
  • 買取エージェント 上野御徒町店
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取
pagetop