梶光夫 買取のMV画像

梶光夫 買取なら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

梶光夫 アンティークカメオリングの画像

梶光夫 アンティークカメオリングなら

K社査定額

150,000円

D社査定額

186,000円

N社査定額

203,000円

買取エージェント買取価格

220,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「千切れたリング」の画像

    千切れたリング

  • 訳あり商品「片方だけのピアス」の画像

    片方だけのピアス

  • 訳あり商品「ダイヤ取れやメレ落ち」の画像

    ダイヤ取れやメレ落ち

  • 訳あり商品「変形している」の画像

    変形している

  • 訳あり商品「石のみ(ルース)」の画像

    石のみ(ルース)

「おまとめ買取」で
買取価格UP!!

一度にお売り頂けるお品物の数が多いほど
買取金額の合計をアップさせていただきます!

まとめた品物の画像

梶光夫 アンティークカメオリングの画像

梶光夫 アンティークカメオリング

ティファニー Pt950 バイザヤード ダイヤピアスの画像

ティファニー Pt950 バイザヤード ダイヤピアス

K14 指輪、ブレスレットなど貴金属類の画像

K14 指輪、ブレスレットなど貴金属類

単品での買取価格合計

350,000

おまとめ買取での買取価格合計

370,000

20,000円UP!

梶光夫 買取価格アップのポイント

  • 鑑定書や鑑別書などの付属品を揃えるのイメージ画像

    鑑定書や鑑別書などの付属品を揃える

  • 不要なものはまとめて売るのイメージ画像

    不要なものはまとめて売る

  • 出来る限り綺麗にして売るのイメージ画像

    出来る限り綺麗にして売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

梶光夫を売るなら買取エージェント

今や世界的なジュエリーデザイナーとして、その地位を不動のものとしている梶光夫は、社団法人日本ジュエリー協会理事という役職にも就いています。
歌手引退後、公の場にでることも少なくなりましたが、現在でもスケジュールの合間に歌の仕事をしたり、テレビ出演をすることもあるようです。
買取エージェントでは、そんな梶光夫のジュエリーを高価買取致します。
梶光夫のジュエリー買取は買取エージェントまで。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

梶光夫の買取に関するよくある質問

  • Q

    使用感があっても大丈夫ですか?

    A

    はい、買取可能です。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

梶光夫について

梶光夫は、日本を代表する大阪出身のジュエリーデザイナーです。
GIA(Gemological Institute Of America米国宝石学会)及び、GIAグラジュエイトジェモロジスト (G.G.)の資格を持ち、世界を舞台に活躍しています。
梶光夫は、1944年に代々宝石商を営む家系の長男として生まれました。
実家が宝石商ということで、父親は長男の光夫に家業を継いでもらいたいという思いを抱いていましたが、彼は高校生の頃から歌手への憧れを持ち、青年期は歌のレッスンに励む毎日でした。レッスンを重ねるうちに、その実力が認められ、1963年にスカウトされたことをきっかけに「日本コロムビア」に所属します。そして遂に1963年12月にシングル「黒髪」で華々しくデビューを果たします。翌1964年には3作目の楽曲である「青春の城下町」が大ヒットを記録し、一世を風靡しました。
その後も1965年発表の高田美和との楽曲「わが愛を星に祈りて」、1966年発表の「アキとマキ」などもヒットを記録、テレビ出演から映画への出演も果たすスター歌手へと上り詰めました。その後も歌謡界にたくさんの作品を発表しましたが、「芸能活動は5年間だけ」というデビュー前にした父との約束を守り、人気絶頂のなか1970年に歌手を引退します。
引退後は家業である宝飾業界に携わり、宝石学の世界的機関「GIA」に入学するため渡米、そこで宝石学の基礎を学びます。帰国後は、日本ダイヤモンド鑑定所という機関を立ち上げ、ダイヤモンドブーム真っただ中の当時の景気もあり、事業は大成功をおさめます。
その後は成功をおさめた鑑定業から、更なるやりがいを求め自らジュエリーをデザイン、製作する会社を立ち上げます。
他の作品にはない、梶光夫独自の世界観で作られるアンティーク感を織り交ぜた宝飾品は、唯一無二のスタイルを確立し、高く評価されました。
梶光夫のこだわりは、「100年後でも価値の残るジュエリーを生み出すこと、つまり「未来のアンティークを目指す」ということです。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×