買取店が解説|MCMってどんなブランド?人気の理由や買取事情について

作成日:2020年06月04日
最終更新日:2022年01月17日

MCM

出典元:MCM公式HP

 

主に若い世代から人気を集めるハイブランド、MCM。キャメルカラーの革素材に大きめのモノグラムが代表的なデザインとして知られています。

 

最もメジャーなアイテムであるリュックを中心にレザーのバッグが人気です。

 

カジュアルながら独特のインパクトがあるMCMアイテムは、K-POPアイドルや若いインフルエンサーなどの影響により近年またブームになりつつあります。

 

今回はそのMCMについて

 

・MCMとはどんなブランドなのか

・MCMのリュックはなぜ人気?その理由

・MCMリュックのサイズ展開

・MCMの買取相場

 

などを解説します。

MCMとはどんなブランド?

MCMはルイヴィトンやエルメスなどの歴史が長く名高いハイブランドと比べると、新しめで現代的なブランドというイメージがありますよね。派手なのにカジュアル、ゴージャスなのにこなれてる、そんな独特な魅力を感じずにはいられません。

 

あらためてMCMとは一体どんなブランドなのでしょうか。

MCMの歴史

「MCMの歴史」のイメージ画像

MCM1976年にドイツのミュンヘンで設立されたブランドです。ブランド名である「MCM」は、創業者である俳優・マイケルクローマーの名が由来となっています。

日本ではそれから間もない1980年代からバブル時代にかけて、MCMブームが起こりました。

この時点で世界的に有名なブランドでしたが、バブル崩壊と同じくして日本からは撤退。ブームは終焉を迎えました。

日本でのブームが去った後、2000年以降は、お隣の国である韓国で日本よりも大きなMCM旋風が起きます。

経済発展目覚ましい時期であった韓国では、欧米発のブランド製品が飛ぶように人気があったようです。

そしてそのあまりの人気ぶりから、2005年に韓国のソンジュグループという企業がMCMを買収します。

ドイツ生まれのブランドではあるものの、これ以降は韓国拠点でブランド展開を行っています。

ソンジュグループの買収後はアジアを中心として人気を再び獲得し、日本でもMCMの大ブームが舞い戻ってきました。

MCMのイメージ

「MCMのイメージ」のイメージ画像

出典元:https://jp.mcmworldwide.com/ja_JP/home

 

MCMと聞いてまず思い浮かぶイメージは、なんといってもモノグラムデザインではないでしょうか。MCMのロゴとダイヤが規則的に並ぶデザインは、ひと目見ただけでMCMだとわかるアイコンです。

各々のブランドがモノグラムデザインを持っていますが。MCMのモノグラム柄はハイブランドながら、上品さよりもカジュアルな印象が強いです。そしてブランドの代表的カラーであるブラウンやキャメルといった茶系の色とマッチすると、どこかレトロなオールド感でこなれた印象を感じられます。

リュックをはじめとしたバッグなどのディティールには、スタッズデザインも多く使われています。ハイブランドの中でもMCMはロックテイストのあるカジュアルさが独特の魅力です。

そういった特徴やイメージから、普段着に合わせやすく、現代のファッションテイストと相性が良いです。

MCMのリュックはなぜ人気?

「MCMのリュックはなぜ人気?」のイメージ画像

90年代前半まではドイツ発の高級ブランドとして世界中で人気があったMCM。

 

時代やファッショントレンドの変化とともに廃れていたこともありますが、現在は若者を中心に根強い人気を獲得しています。MCMがなぜ再び人気となっているのでしょうか。

K-POPアイドルや海外セレブが愛用している

一時は廃れてしまったMCMが再び人気を獲得したきっかけですが、2000年代後半頃から多くの海外芸能人がこぞって愛用する姿がメディアやSNSで知られるようになりました。

韓国ブーム真っ最中であった日本では、K-POPスターやアイドルがMCMを愛用していることで初めてブランドの存在を知る人も多かったようです。韓国企業となってから韓国の芸能人が多く愛用するようになったことは大きな影響と言えるでしょう。

MCMはルイヴィトンやエルメスといった伝統的なハイブランドよりもカジュアルで一般人にも受けが良く、尻込みせず真似しやすいブランドということもあり、若年層人気に火が付きました。

他にもジャスティンビーバー、ビヨンセなどの海外セレブなどが愛用しており、その姿がSNS創世記でもあったこの時期に世界中にトレンドが発信されると瞬く間に話題となりました。

盛り返した人気とブランド価値は、以前にも増して高まっています。

機能性や価格のコストパフォーマンスが良い

2005年に韓国ブランドとして生まれ変わって以降は、かつての高級感あるイメージを一新し、ファッショナブルでカジュアルな系統へとシフトチェンジ。デイリーユースしやすいデザインと、価格の手頃感によって多くの人から手が届きやすいブランドとなりました。

リュックなら10万円前後で購入することができ、ハイブランドの中ではリーズナブルと言えます。

MCMのバッグはもともとはトラベルバッグとして作られたものであり、傷や汚れがつきにくいPVC加工レザーで丈夫なのも心強いです。

高級感とカジュアルを両立し、かつ丈夫であり、さらに購入やすい価格と、コストパフォーマンスに優れたブランドということです。

MCMリュックのサイズ表

MCMのアイコンであるリュックはカラーやデザインもさることながら、サイズ選びは最も慎重になりたい人が多いようです。サイズ表を参考までにご覧ください。

 

サイズ 高さ×幅×奥行(cm)
Xミニ 21×16×7.5
ミニ 27×21×10
スモール 33×25×13
スモールミディアム 37.5×29×14
ミディアム 41×33×15
ラージ 47×36×15

 

【Xミニ】ころんと可愛いミニサイズのMCMリュック

「【Xミニ】ころんと可愛いミニサイズのMCMリュック」のイメージ画像

出典元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/brstring/content/feature/1807mcm/

 

【サイズ・・・約高さ21×幅16×奥行7.5】

最も小さなサイズがこちらのX-Mini

お財布や携帯、ハンカチ、メイク用品など最低限のものは収納できそうなサイズです。

500ミリペットボトルが入るか入らないか、といったサイズ感。

リュックというよりアクセサリーのようです。

【ミニ】実用的なコンパクトサイズのMCMリュック

「【ミニ】実用的なコンパクトサイズのMCMリュック」のイメージ画像

出典元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/brstring/content/feature/1807mcm/

 

【サイズ・・・約高さ約27×幅21×奥行10】

ミニとは言うものの十分日常使いでき、流行りのサイズ感がおしゃれ。

いつものおでかけでコンパクトに使えます。

【スモール】デイリーユースにおすすめ。SサイズのMCMリュック

「【スモール】デイリーユースにおすすめ。SサイズのMCMリュック」のイメージ画像

出典元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/brstring/content/feature/1807mcm/

 

【サイズ・・・約高さ約33×幅25×奥行13】

丁度良い大きさですが、一般的なリュックより若干小さ目といった感じのサイズ。

A4サイズは入りませんが、書類やノートを持ち歩かずミニサイズのリュックが欲しい方にはデイリーユースできます。

【スモールミディアム】定番サイズのMCMリュック

「【スモールミディアム】定番サイズのMCMリュック」のイメージ画像

出典元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/brstring/content/feature/1807mcm/

 

【サイズ・・・約高さ約37.5×幅29×奥行14】

こちらはA4が背面におさまるサイズで、通学などのデイリーユースにぴったり。標準的なリュックの大きさです。

【ミディアム】安心MサイズのMCMリュック

「【ミディアム】安心MサイズのMCMリュック」のイメージ画像

出典元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/brstring/content/feature/1807mcm/

 

【サイズ・・・約高さ約41×幅33×奥行15】

たくさんの荷物が収納できて安心のMサイズ。標準的なリュックより少し大きめが欲しい方におすすめです。

【ラージ】お泊りもOKな大容量LサイズのMCMリュック

「【ラージ】お泊りもOKな大容量LサイズのMCMリュック」のイメージ画像

 

【サイズ・・・約高さ約47×幅36×奥行15】

旅行にも余裕で使えるLサイズ。サイズと比例してその存在感は強めです。大容量だとどんなシーンでも安心です。

MCMの買取について

「MCMの買取について」のイメージ画像

買取エージェントは業界トップのブランド買取店として、人気ブランドであるMCMを多数買取しております。ここからはMCMの買取事情について解説します。

MCMの買取相場

MCM買取商品の多くがバッグです。

リュックをはじめとしたMCMのバッグの買取相場ですが、状態が良ければ5万円~8万円。普通の使用感であれば2万円から3万円。

著しく状態が悪い商品だと1万円以下になることもあります。

高く売れるMCM商品は?

中古品の買取査定では、商品の状態が大きく影響しますが、状態が良い上に買取需要の高い商品であれば高い買取となります。

例えばキャリーケースなど流通数が少ないものや、発売して間もない商品ほど買取価格が高くなりやすいです。

また買取相場が常に安定している商品としては、やはりリュック全般です。

さらにカラーによっても買取価格は異なります。定番のキャメルカラーやブラックカラーはもちろんのこと、ピンクは特定のコアなファンがいるため高価買取になりやすいカラーです。

MCMを高く売るなら買取エージェントへ

MCMを売るのなら少しでも高い買取にしたいものです。

 

実は買取店によって、ブランド品の買取価格は大きく異なることがあります。なぜなら、査定する人間の目利きや相場の把握、そのお店がどのような販路を持っているのか、など鑑定士やお店によって様々だからです。

 

近年は買取店が増加している上に、個人間でフリマアプリを介した売買も盛んに行われていますが、トラブルの報告も数多く見受けられます。

 

買取エージェントは業界大手として圧倒的な取扱数があり、蓄積したノウハウと豊富な再販ルートを確立。様々な強みを生かして業界トップの価格を実現いたします。

 

気になる買取価格は、ラインやメールでお売りになりたい商品画像を送っていただき、簡単なやりとりで概算価格をお伝え可能でございます。また、店頭では予約不要ですのでお気軽にお立ち寄りくださいませ。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら