カシミールサファイアとは?世界で一番希少な幻のジュエリー特集

作成日:2020年04月03日
最終更新日:2021年06月15日

サファイア

094f9f44f6c5b7f91542ed5ebca8a7c4_s

 

深く強烈でビロードのように滑らかな青色が特徴のカシミールサファイアは、ブルーサファイアの基準となる非常に希少な宝石です。

 

しばしば、「世界で一番の宝石」「幻の宝石」などと評されることから、「どんな宝石なのか」「価格はどのくらいなのか」と気になっている人もいるでしょう。

 

そこで今回は、カシミールサファイアの特徴や歴史、相場についてまとめます。

カシミールサファイアの歴史と産地

「カシミールサファイアの歴史と産地」のイメージ画像

カシミールサファイアの産地は、インドとパキスタンに挟まれたカシミール地方です。

1881年に発生した山崩れによって偶然発見されたのが、のちに「Old Mine」と呼ばれるようになるカシミールサファイアの一次鉱床でした。

ヒマラヤ山脈の西端に位置し、その標高は実に4500mほど。

当時は大粒で上質のサファイアが大量に産出されたといわれています。

その価値に目を付けたのが、この地方を支配していたマハラジャ(藩王)です。

軍隊を派遣して鉱床を独占し、採掘を進めます。

その結果、1882年から1887年にかけて主だった結晶は掘り尽くされたと考えられています。

1887年以降に見つかった鉱床は「New Mine」と呼ばれますが、産出量はごくわずかで品質も良くありません。

世界で一番高い宝石、カシミールサファイアの特徴や価値

「世界で一番高い宝石、カシミールサファイアの特徴や価値」のイメージ画像

出典元:https://www.rakuten.co.jp/

 

カシミールサファイアの特徴は、コーンフラワーブルーと呼ばれる特徴的なカラーと滑らかな光沢です。

現在市場に流通しているカシミールサファイアは、「Old Mine」から産出した原石を研磨したものか、過去に作られた宝飾品から取り外されたものです。

非常に希少価値が高いため、めったに市場に出回ることはありません。

天然の宝石にはインクルージョンという包有物がしばしばみられ、宝石の透明度を落とす原因になりがちです。

カシミールサファイアのなかにも、かすみがかったような微細な液体のインクルージョンが帯状に層をなしているものが存在しますが、内部で光が散乱することで宝石全体が明るく輝き、滑らかで柔らかな印象を生んでいます。

神秘的なカシミールサファイアのブルーの色

「神秘的なカシミールサファイアのブルーの色」のイメージ画像

カシミールサファイアを象徴するコーンフラワーブルーは、「一度見たら忘れられない」といわれるほど神秘的で透明感のある青紫色です。

(コーンフラワーとはキク科ヤグルマギク属の矢車菊(ヤグルマギク)のこと)

サファイアは、アルミニウムと酸素だけで構成されたコランダムという鉱石です。

人工的に合成された純粋のコランダムは無色透明ですが、結晶化する過程で多様な元素が混入することによってさまざまな色調に変化します。

クロムを含むと赤いルビーに、鉄とチタンを含むと青いサファイアになります。

赤以外のコランダムはすべてサファイアと呼ばれ、ブルー以外のサファイアはファンシーカラーサファイアと呼ばれているのです。

幻の宝石といわれているカシミール サファイアの相場

「幻の宝石といわれているカシミール サファイアの相場」のイメージ画像

希少な宝石のカシミールサファイアは、世界一高い宝石でもあります。

宝石の世界的権威として知られるGIA(Gemological Institute Of America/米国宝石学会)の公式サイトには、「サファイアの場合、カシミール産のものに最高価値がつく」と明記されています。

サファイアの価値に最も影響する要因は色です。

ブルーサファイアでは、「滑らかなブルー」から「バイオレットがかったブルー」が高評価を受けます。

彩度は「強い」から「鮮やか」なもの、明度は「ミディアム」から「ミディアムダーク」です。サイズは大きいほど珍重されます。

ブルーサファイアにはインクルージョンが多少含まれるのが一般的で、透明度が低いものは価値が下がります。

しかし、価値を上げるケースもあります。

その好例が、シルクインクルージョンが生み出すスターサファイアです。

シルクとは細長い針状のルチル(金紅石)が交差したインクルージョンを指し、宝石にアステリズムというスター効果をもたらします。

ただし、サファイアにはダイヤモンドのような評価の国際基準がないため、鑑定士によって査定結果が異なることも珍しくありません。

相場も公表されないのが一般的です。

カシミールサファイアの希少性が高い理由

「カシミールサファイアの希少性が高い理由」のイメージ画像

カシミールサファイアの希少性が高い理由は、最高級のクオリティーでありながら数が少なく将来的な採集も望めないためです。

カシミール地方が世界有数の山岳地帯にあって気候や地理的環境が非常に厳しいことや、紛争が絶えない危険地帯だということとも無関係ではありません。

サファイアは9月の誕生石としても知られる比較的ポピュラーな宝石ですが、カシミールサファイアは希少価値の高い特別な宝石です。

実物を見られる機会はごく限られているため、カシミールサファイアを買取に出す場合は実績豊富で信頼できる買取店を複数利用して査定してもらいましょう。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら