ヴァシュロン-コンスタンタン-VACHERON-CONSTANTINのMV画像

ヴァシュロン・コンスタンタン
最新価格相場で高額査定
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ヴァシュロン オーバーシーズクロノ 49150/B01Aの画像

ヴァシュロン オーバーシーズクロノ 49150/B01Aなら

B社査定額

1,000,000円

K社査定額

1,050,000円

N社査定額

1,060,000円

買取エージェント買取価格

1,110,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「ガラス割れ」の画像

    ガラス割れ

  • 訳あり商品「ベルトがボロボロ」の画像

    ベルトがボロボロ

ヴァシュロン-コンスタンタン-VACHERON-CONSTANTIN買取価格

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ヴァシュロンの買取について

高い技術力で長い歴史を持つヴァシュロン・コンスタンタンの時計を買取エージェントが高価買取します。オーバーシーズなどの定番モデルから、珍しい限定モデルまで。ヴァシュロンの全てのモデルを買取エージェントでは力をいれて買取させて頂いております。
また高価買取できるポイントの一つとして、箱・保証書などの付属品がございましたら是非一緒にお持ち下さい。文字盤にシミができてしまったり、革ベルトがボロボロになってしまったモデル。長い間使っておらず、動かなくなってしまった物などでも買取可能です。
圧倒的な買取価格を準備してお客様をお待ちしております。

ヴァシュロン-コンスタンタン-VACHERON-CONSTANTIN シリーズ一覧

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

ヴァシュロン・コンスタンタンの買取を利用したお客様の声

  • 何社か比べたけれど・・・決めました!のイメージ画像

    渋谷店

    何社か比べたけれど・・・決めました!

    40代男性

    かなり昔に大分大金を払ってヴァシュロンのマルタとういモデルを購入して、革ベルトもかなりヘタっていてもう着けなくなったので、売却を考えました。自宅が渋谷なので近いところで売りたかったので、ネットで検索して色々なお店がヒットしました。色々比べて、御社が一番インパクトが強く感じたので電話問い合わせしたところ、かなり丁寧な対応をしていただいたので、そのまま来店して納得のいく金額で買取してもらいました。

  • わがまま聞いて頂きありがとうございます!のイメージ画像

    中野店

    わがまま聞いて頂きありがとうございます!

    40代男性

    10年前くらいに買ったパトリモニーというモデルを買ってから最近ねむらせていて使ってなかったので売る決意をしました。それを元手にオーバーシーズとういモデルに買い換えたかったのでとても良い売り買いができました。中野は時計の激戦区といわれるだけあって、良い刺激を受けました。御社にはたまたまの入店でしたが、今後も是非お付き合いさせていただきます。色々わがまま言いましたが、本当にありがとうございます。

ヴァシュロン・コンスタンタンの買取に関するよくある質問

  • Q

    ヴァシュロンの時計を持って行きたいのですがすぐに査定は可能ですか?

    A

    すぐに査定は可能です!高額な時計や珍しいモデルは金額をお出しするまでに少しお時間を頂く場合があります。

  • Q

    古いヴァシュロンの時計も買取していますか?

    A

    勿論です。どの年代のモデルでもヴァシュロンであれば買取させて頂きます。

  • Q

    ヴァシュロンの中でも高く売れるモデルは何ですか?

    A

    オーバーシーズシリーズが中でも高く買取する事ができます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ヴァシュロン-コンスタンタン-VACHERON-CONSTANTIN豆知識

ヴァシュロンの歴史

パテックフィリップ、オーデマ・ピゲと同じく世界三大時計メーカーの一つと言われるヴァシュロン・コンスタンタンの歴史は1755年にジャンマルク・ヴァシュロンによって創業された事から始まりました。ヴァシュロンの歴史は長く継続的に、時計の製作を続けてきたブランドしては世界で最も古いブランドとして知られています。ヴァシュロン・コンスタンタンと言うブランドの名前は1819年にヴァシュロンの孫であった”ジャック・バルテルミ”が当時企業経営に優れていた”フランソワ・コンスタンタン”を共同経営者として迎え社名を現在の『ヴァシュロン・コンスタンタン』に変更した事が由来です。現在世界三大複雑機構の一つと言われるミニッツリピーターなどの複雑機構の製造を得意としていましたが、1839年に“ジョルジ=オギューレスト・レショーが時計技師として参加すると『パンダグラフ』と呼ばれる新しい工具を発明・設計し時計業界に革命をもたらせました。1880年に今ではヴァシュロン・コンスタンタンのシンボルとも言われる『マルタ十時』のロゴが誕生します。このデザインはムーヴメントの部品の形からデザインされております。1906年に初のブティックがOPENすると翌年の1907年には”クロノメーター・ロワイヤル“と言うポケットウォッチを発表し、他のモデルにはない高い精度と技術力で世間の注目を浴びました。1935年に世界で最も複雑とされる“グランド・コンプリケーション”の懐中時計をエジプト王へ贈答品として製作します。創業200周年の1955年には厚さが1.64mmと言う世界最薄の機械式ムーヴメントを発表するなど、その技術力は時計と言う枠を超え芸術品とも言われる程です。またヴァシュロンコンスタンタンのムーヴメントにはクロノメーター規格よりも厳しいとされるジュネーブシール規格を取得している物もあり、その技術力は世界最高峰です。2015年には創業260周年を記念して史上最も複雑な時計と言われる“Reference57260”を発表。最高の技術力を持った技術者が8年もの歳月をかけて作られており、トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー(グレゴリオ暦・ユダヤ暦)・ミニッツリピーターなど計57の複雑機構が搭載されている、ヴァシュロンの技術力が詰まった究極の時計です。そんな高い技術力と長い歴史を持っているスイスの高級時計メーカーです。

パトリモニー

パトリモニー 世界三大高級腕時計メーカーのひとつとしても有名な「VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)」。その歴史は長く、1755年に創業したスイスの時計ブランドです。当時日本ではまだ腕時計メーカーが無かった時代に、機械式時計の開発や複雑機構の壁掛け時計を制作しており、世界最古の時計メーカーともいわれています。アンティーク時計としても有名で、非常に価値のある時計としてマニアやコレクターにも一目置かれる存在となっています。

そんなVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)の中でも最も代表的なモデルと言われているのが2004年に発売されたドレスウォッチ「パトリモニー」。ケースやリューズには18Kゴールドやプラチナが使用されており、整ったラウンドフェイスがとても清楚な印象を醸し出しています。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)では他にもスポーティなものや芸術品のような時計も発表していますが、パトリモニーは最もシンプルで洗練されたモデルと言えます。フラットでスリムなケースに、針は2か3針のみ、繊細なバーインデックスという無駄のない仕上がりが長年根強く愛される理由と言えるでしょう。

素材にはプラチナ、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドを使用しており、文字盤は清潔感のあるホワイト以外にも、クラシカルな黒、ブラウン、グレーなども揃っております。ブレスレットはアンティーク調の強いアリゲーターレザーを使用。中にはケース裏からムーブメントを覗くことができるスケルトンケースを採用したものや、パーペチュアルカレンダーやムーンフェイズ機能などの複雑機能を搭載した本格的なモデルもあります。

古き良き時代の伝統を引き継いだパトリモニーは、まさに腕時計界のクラシックと言っても過言ではないでしょう。簡単には手に入らないお値段ではありますが、手に入れる価値はある逸品です。一生ものの腕時計として選んでみてはいかがでしょうか?

オーバーシーズ

オーバーシーズ 歴史ある高級時計ブランドVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)の中でも、一二を争う人気を誇っているモデルが「オーバーシーズ」です。ドレスウォッチの王道モデルであった「パトリモニー」と比べて、スポーティな要素が強く機能的にも優れているので、より日常使いにぴったりな腕時計として愛されています。

オーバーシーズが生まれたのは1996年にさかのぼります。1977年にブランド誕生222周年を記念して「222」というモデルが発表されますが、その後継モデルとして登場したのがオーバーシーズ。「海を渡る」というコンセプトの元に作られました。ドレスウォッチのような上品さや美しさはそのままに、高性能な防水機能、耐磁性構造を備えているのが魅力。さらに、ブランドモチーフであるマルタ十字を表した凹凸あるベゼルはインパクト大です。他のモデルに比べてカジュアル感が強くてアクティブな仕上がりとなっているので、VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)が幅広い顧客層に愛されるようになったモデルといえるでしょう。

クロノグラフ搭載モデルは特に人気が高く、使用する素材はステンレススティールのものからピンクゴールド製のものまで展開。男女兼用で楽しめることと、スポーティでありながらもブランド特有のスマートな雰囲気を持ち合わせています。お値段はどれも170万以上はしますが、他のモデルに比べると若干低めになっています。高級感だけでなく実用性も重視する方に、ぜひ選んでいただきたいモデルですね。

トラディショナル

トラディショナル オーデマピゲ(Audemars Piguet)、パテックフィリップ(PATEK PHILIPPE)に並ぶ世界三大高級腕時計のひとつであるVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)。スイスの腕時計ブランドの中でも歴史の深い老舗ブランドであり、世代を超えて愛され続けています。アンティークのような風合いにシンプルなデザイン、ブランドマークであるマルタ十字のモチーフが特徴です。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)には王道ともいわれている定番モデルがいくつか存在していますが、その中でもブランドの技術を終結させたハイクオリティなモデルが「トラディショナル」です。複雑機構を用いたものからシンプルなデザインのものまで、幅広いラインアップが揃えられており、限定モデルであれば価格帯は数千万を超えるものもあるというまさに超高級時計です。

また、トラディショナルには世界の現在時刻を知ることができる「ワールドタイム機能」や日付が確認できる「デイデイト機能」「パワーリザーブ表示機能」などが備わった実用性の高いモデルも登場しています。特にワールドタイムは400万を超え、中古買取でも100万以上の値が付くことも珍しくありません。トラディショナルが長年人々から愛され続ける理由は、他のブランドには出せない個性溢れるデザインやステータス性にあるのだと思います。

ケ・ド・リル

ケ・ド・リル 1755年創業というスイスの老舗時計メーカー「VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)」は、世界最古の時計メーカーともいわれており、ハイクラスの人々たちから長年愛され続けています。アンティーク調の雰囲気にシンプルなデザイン、高級感、実用性を兼ねたモデルたちは、現代でも変わることなくその人気を確立しています。

VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)の王道モデルと言えば、パトリモニーやトラディショナルがまず浮かぶかと思いますが、「ケ・ド・リル」ではまたひと味違った特別な魅力があります。それは、他のシリーズのように機構やデザインにコンセプトがあるのではなく、〝お客様目線”のサービスが充実しているのが特徴です。

なんと、時計を作るうえで重要なパーツがすべてカスタマイズ自由なのです。ケースデザインはラウンド型やクッション型、トノー型など、さらにベゼルやリューズ、ベルトストラップも好みのデザインのものを組み合わせることができます。そのバリエーションの多さは約400種類。人とは被らない、世界に一つの腕時計を作れるなんて、時計ファンであればみんな胸を躍らせることでしょう。

ユーザーが自由にケースやデザインを選ぶことは難しいようにも思いますが、ケ・ド・リルではどのパーツを組み合わせてもVACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン コンスタンタン)らしく仕上がります。知名度や人気が確立していても決してブランド力に慢心せず、常にユーザー視点に立った姿勢が、多くの人々の心を掴むのだと思います。ぜひ自分だけの特別な腕時計を手に入れてみてはいかがでしょうか?

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×