カラトラバ買取のMV画像

パテックフィリップ カラトラバ 買取なら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

カラトラバ 5196J-001  YG・革の画像

カラトラバ 5196J-001 YG・革なら

K社査定額

1,300,000円

N社査定額

1,270,000円

B社査定額

1,220,000円

買取エージェント買取価格

1,400,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「ガラス割れ」の画像

    ガラス割れ

  • 訳あり商品「ベルトがボロボロ」の画像

    ベルトがボロボロ

月別パテックフィリップ カラトラバ買取価格

「おまとめ買取」で
買取価格UP!!

一度にお売り頂けるお品物の数が多いほど
買取金額の合計をアップさせていただきます!

まとめた品物の画像

カラトラバ 5196J-001 YG・革の画像

カラトラバ 5196J-001 YG・革

ノーチラス 7118 1A-010の画像

ノーチラス 7118 1A-010

貴金属の画像

貴金属

単品での買取価格合計

4,800,000

おまとめ買取での買取価格合計

4,880,000

80,000円UP!

パテックフィリップ カラトラバ 買取価格アップのポイント

  • 箱や保証書、革ベルトなど付属品を揃えるのイメージ画像

    箱や保証書、革ベルトなど付属品を揃える

  • 柔らかい布で軽く拭くなどできる限り綺麗にするのイメージ画像

    柔らかい布で軽く拭くなどできる限り綺麗にする

  • まとめて売るのイメージ画像

    まとめて売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

パテックフィリップのカラトラバを売るなら買取エージェント

パテックフィリップの代表作として君臨する「カラトラバ」は、「機能がフォルムを決定する」というコンセプトのもと1932年に発表されて以来、現在に至るまで約85年以上もの間人気を博し、「ドレスウォッチの王者」とも呼ばれております。

1932年から1970年まで製造されたロングセラーモデルRef.96「通称クンロク」やその系譜を継いだ現行モデルRef.5196等を中心に多彩なモデル展開のカラトラバですが、当社買取エージェントでは、カラトラバの全モデルを高価買取致します。

パテックフィリップのカラトラバは製造期間が長く、アンティークから現行まで幅広いモデルが存在します。査定の基準としては時計本体の状態、年式、付属品の有無、最新の市場相場等によって変動します。もちろん使用感が大きく、コンディションがあまり良くないもの、また付属品がないものでも買取エージェントでは買取させて頂きますので、ご相談頂けたらと思います。

国内オークション、海外卸、小売り等、豊富な流通ルートを持ちわせた買取エージェントが、お客様のカラトラバを高価買取致します。
カラトラバの買取は買取エージェントまで。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

パテックフィリップのカラトラバについて

世界三大高級時計メーカーのひとつ、パテックフィリップの代名詞とも言えるカラトラバはシンプルで洗練された上品なデザインの為ドレスウォッチの最高峰とも言われております。誕生は1932年、スペインのカラトラバ騎士団に由来し、そのエンブレムの十字架がシンボルとなっています。基本的なデザインはほとんど変わりませんが、1986年にそれまでの96モデルと路線を変えた19モデルが製作されています。
カラトラバの特徴は、シンプルなケースに機能を詰め込んでいるところにあります。1930年代、鉄道の世界に自動車や飛行機が普及し始め、それまで主流だった懐中時計から機械式時計の正確性とデザイン性に人気はシフトしていきました。当時、経営危機に陥っていたパテックフィリップ社を買収したャン・スターンとチャールズ・アンリ・スターンの兄弟がこの時代の流れに乗った時計を開発しようと取り組み、そして生まれたのが初代カラトラバのレファレンス96です。このデザインを担当したデヴィッド・ペニーは、機能的デザインを推進するドイツの造形学校、バウハウスの影響を強く受けていました。「機能がフォルムを決定する」という信念の元に、無駄なく不必要なものを排除するという“削り取る”デザインが、結果的に王族や大統領、さらに日本の皇族にも愛される作品となったわけです。初期のカラトラバのモデルはル・コートル製のムーブメントを利用していましたが、やがてムーブメントも自社開発したものに移行していきます。そしてレファレンス96モデルは40年製造が続きますが、その間に秒針を無くしたりダイヤルにベレゲ数字を採用したり、あるいはパイロットウォッチなどと様々なものが製造されました。
長く人気を誇った96モデルですが、1986年に登場した3919モデルが次世代カラトラバとして人気を集めます。3919モデルはベゼルにクル・ド・パリと呼ばれるパターンが彫られているのが特徴です。さらにバンドを留めるラグはケースから流れる流線形から直線形になっています。
カラトラバは非常に多くのモデルがありますが、大きく分けるとケース径が30mm~33mmの3000番台と35mm以上の現行モデル5000番台になります。デザインバランスに優れた3000番台は根強い人気がありますが、特に3796や3919は知名度が高く、日本限定の3923もエッジを抑えたデザインが人気を集めています。
芸術性の高さが特徴となるパテックフィリップの時計の中で、実用性とデザイン性を兼ね備えたカラトラバは、コレクターズアイテムというよりも普段使いする時計として愛されています、買取エージェントではそんなパテックフィリップのカラトラバを高価買取しております。経験豊富な鑑定士だからこそ出来る最高の買取価格がここにあります。是非パテックフィリップの時計を売るなら買取エージェントまで。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×