ロレックス アンティークのMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
中野店-ロレックス -アンティーク 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

GMTマスター 1675 1972年頃製造モデルならの画像

GMTマスター 1675 1972年頃製造モデルならなら

D社査定額

1,330,000円

K社査定額

1,350,000円

F社査定額

1,380,000円

買取エージェント買取価格

1,400,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

ロレックス アンティーク買取価格

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

中野でアンティークロレックスの買取なら買取エージェント中野店にお任せください。

幅広い年代に人気がある時計ブランドの一つに、ロレックスがあります。ロレックスは今でも最新モデルを発表するなど、最先端を行くブランドとして名高いわけですが、最新モデルだけでなくアンティークモデルについても注目を集めています。アンティーク、ヴィンテージの時計には最新のモデルにはない魅力がたくさん詰まっており、買取エージェントでも非常に注目をしており新しいモデルは勿論ですが、アンティークのロレックスにも非常に力を入れて買取を行っておりますの。是非中野でロレックスの時計を売るなら中野ブロードウェイ1Fにあります買取エージェント中野店にお越しください。

アンティークロレックスの買取価格、相場について

500_ip-rol-wt-m-06579_0アンティークのロレックスの買取価格は結論から言いますとそのモデル一つ一つによって大きく変わってきます。それは経年劣化がどのようになっているか、どのような味が出ているかによって時計本来の雰囲気が一つ一つ全く異なるためです。塗料の塗り替え、塗料の劣化、磨き仕上げを行っている場合はケースが痩せてないか。ブレスレットのよれがどのようになっているか。ブレスレットとケースの年式があっているか、オーバーホールを行っているか、部品は交換していないかなどが査定のポイントで状態などによって買取価格が決まってきます。できる限り高い金額で買取いたしますので是非お気軽にお越しください。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

中野店でロレックス -アンティーク買取でよくある質問

  • Q

    中野店でロレックス -アンティークの買取を依頼したいのですが査定料はかかりますか?

    A

    無料です。中野店だけではなく買取エージェント全店査定料などの手数料一切不要です。

  • Q

    中野店でロレックス -アンティーク買取を依頼したいのですがJR中野駅から徒歩でどれくらいかかりますか?

    A

    JR中野駅 北口から徒歩3分ほどです。店舗は中野ブロードウェイ内にありますので、サンモールをまっすぐお進みください。

  • Q

    中野店でロレックス -アンティークを売りたいのですが査定だけでも良いですか?

    A

    もちろんです。査定だけでも大丈夫でございます。お気軽にお申し付けください。

買取エージェント 中野店のマップ

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

アンティークロレックスとは一体何?

様々な世界でアンティークと呼ばれるアイテムが存在しています。アンティークはフランス語で骨董品という意味となります。その語源はラテン語の「Antiquus=古い」がルーツになっていると言われています。骨董品には大きく分類すると2通りの意味がありますが、通常は希少価値が高い古美術や古道具を指すことが多いです。そこでアンティークを要約すると、希少性が高く時が流れて価値がより高まったものを意味する言葉です。その中で、いつからがアンティークと呼ぶのかについては明確な定義はありません。その時代背景であったり、希少性によって変化していくものであり、個体のモデルなどによって微妙に変化していきます。どこまでがアンティークと呼ぶかと言う線引きは人によって価値観が異なるように言いきることはできませんが、買取エージェントでは主に1990年よりも前のモデルをアンティークと呼んでおります。

アンティークの魅力1。『クラシカルな見た目』

アンティークロレックスの魅力の一つとして、いい意味で古臭いという点が魅力的です。過去にしかない素材や機構も存在しています。例えば、ドーム型のアクリルガラスによって防風を確保していたのですが、今のサファイアガラスと違った独特な雰囲気が味わえます。また、ロービートムーブメントなども今となっては見られない機構であり、昔ながらの雰囲気を味わえるものとなっています。
当時としては画期的な機能であったり最先端の素材を使用している時計が多いのですが、それでも今になっては当たり前に使用していたり、一昔前のものに見えてしまいます。アンティークの場合は、それが逆に斬新に見えることもあります。頻繁にリバイバルブームが発生しますが、それも一周して逆に斬新に見えることもあるのです。

アンティークの魅力2。『モデルの変化を実感できる』

ロレックスでは、モデル名の後ろに必ずと言っていいほどシリアルナンバーが併記されます。シリアルナンバーを見ると、いつ生産された時計であるかが一目瞭然となります。ロレックスの多くの人気モデルは、すでに50年以上の歴史を刻んでいますが、その時代によって微妙に仕様が変化しています。例えば、ロレックスの中でも屈指の人気を誇っているエクスプローラーは、初代モデルがRef.6150というシリアルナンバーで、1953年に誕生しました。その後、クロノメーター仕様であるCal.A296も登場しています。
翌年にはセカンドモデルのRef.6610が誕生して、世界初の両方向回転式ローターであるCal.1030をマウントしているのが特長です。1963年に、今でも人気となっているRef.1016の前期型が発表されています。従来モデルで採用されていたゴールドのインデックスをホワイトに変更しており、更にエナメル調の仕上げだった文字盤をマット調に変化させて、より見やすく変化させています。その後も、約20年のスパンで新しいモデルが登場し、視認性を高めたり防風をサファイアガラスに変更、ムーブメントもアップデートして進化を遂げています。確かに見やすく変化しているのは実用性を考えれば良いのですが、あえて古臭さを感じさせる文字盤であると、アンティーク感があってそれを望む方にとっては希少価値が高く人気となっています。

アンティークの魅力③。同じ時期に製造したものでも微妙に出来栄えが違う!
今は常に一定のクオリティを確保しているロレックスですが、昔は需要に対して供給量が追いついておらず、人海戦術で職人やファクトリーを集結させて、時計作りを行っていました。ある一定のクオリティは担保していたのですが、実際には微妙に個体差があったのは事実です。例えば、微妙に色合いが違っていたり、ベルトや本体部分のサイズ感も誤差の範囲内ですが異なるものが多数存在しています。これはアンティークロレックスにおいては非常に魅力的な部分であり、1点ものに近いイメージで希少価値が高く評価されます。また、数十年経過している中で、故障によって部品を交換したりオーバーホールするなどして、個々の時計が歩んできた歴史を実感できる点も、アンティークロレックスの魅力となっています。
アンティークロレックスは、改造はご法度と考えられています。あくまでも純正の部品を交換したりする範囲で手が施されているものであれば高値で取引される傾向があります。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×