ヨットマスター 126622のMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
ヨットマスター-126622 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ロレックス ヨットマスター-126622の画像

ロレックス ヨットマスター-126622なら

B社査定額

1,150,000円

K社査定額

1,170,000円

N社査定額

1,200,000円

買取エージェント買取価格

1,250,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「ガラス割れ」の画像

    ガラス割れ

  • 訳あり商品「ベルトがボロボロ」の画像

    ベルトがボロボロ

「おまとめ買取」で
買取価格UP!!

一度にお売り頂けるお品物の数が多いほど
買取金額の合計をアップさせていただきます!

まとめた品物の画像

ロレックス ヨットマスター-126622の画像

ロレックス ヨットマスター-126622

ルイヴィトン ネヴァーフルMMの画像

ルイヴィトン ネヴァーフルMM

グッチ ミディアムトートブラックレザーバッグの画像

グッチ ミディアムトートブラックレザーバッグ

単品での買取価格合計

1,400,000

おまとめ買取での買取価格合計

1,470,000

70,000円UP!

ヨットマスター 126622 買取価格アップのポイント

  • 箱・付属品・美品を揃えるのイメージ画像

    箱・付属品・美品を揃える

  • 綺麗にして売るのイメージ画像

    綺麗にして売る

  • 高い時期に売るのイメージ画像

    高い時期に売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ヨットマスター126622の買取なら買取エージェントにお任せください。

2019年から登場しているヨットマスター126622はまだまだ流通している数が少ない高価買取が期待できるモデルでもあります。
ロレックスの時計は型番、年式で管理ができる為業者間でも取引される相場はある程度決まっております。買取エージェントは自社グループにてオークションを運営することによって相場を完璧に把握しており取引相場ギリギリまで金額をつける事ができますので他社よりも高い金額をつける事ができます。ロレックスなどの時計を買取するお店はたくさんありますがどこにも負けない価格をご提示できる自信がありますので是非ヨットマスター126622の買取なら是非高価買取エージェントにお任せください。

126622の買取について

126622の買取についてのイメージ画像 ロレックスは現在保護シールを外して販売する様になっておりますので保護シールがあるかないかでは金額が変わらなくなってきております。しかしまだ保護シールがついているものはありシールがついているものはない物に比べ数万円変わってきます。また保証書の日付によっても買取価格が変わってきます。ロレックスは早ければ良いという訳ではありませんが日付は査定に大きく影響してきます。早い日付の方が未使用品として扱いができ3カ月、6カ月と経過すると新品同様と言う扱いになってくる場合があります。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ヨットマスター 126622豆知識

ロレックス・126622について

ロレックス・126622について 2019年世界的に有名な新作の時計発表会『バーゼル』で発表されたロレックス・ヨットマスター『126622』。前モデルである『116622』との変化はムーブメントと文字盤のデザインです。一目見ただけではあまりわからないかも知れませんが、まず文字盤の6時位置(SWISS MADE)と言う文字部分にロレックスの王冠が刻まれております。12時位置にもありますので文字盤には二つ刻まれていると言う事になります。ベゼルの装飾が変わったりすると見ただけで変わったなと分かりますが、今回のような変化はよく見ないとわかりませんが、細かい部分で変化し続けています。そしてムーブメントが変わりました。Ref.116622はキャリバー3135を使用していましたがRef.126622はキャリバー3235へと変わっております。すでにロレックスのムーブメントの精度の高さは実証済みで評価が高かったのですが、常に進化をする時計ブランドはより高い性能を求めました。それが今回導入されたキャリバー『3235』です。
大きく進化を遂げた点がパワーリザーブ時間がそれまで48時間だったのに対して70時間になったという点です。70時間ってすごいなと思うかも知れませんが実は70時間のパワーリザーブ機能を搭載したムーブメントは他の時計ブランドではすでに作られておりました。その為ロレックスの3100系の精度は確かに高い物でしたがパワーリザーブが少し短いという点がありました。しかし今回の3200系のキャリバーであるCal.3235に登場により見事にパワーリザーブの問題を解決。なおかつ一日にずれる日差が-~+2秒と各段に精度が上がっています。自動巻きの時計の弱点でもあるのが時間のずれです。電池式の時計に比べるとこの時間のずれが大きいという点が自動巻きの時計にはありましたが、もはやこの差はほとんどないと言ってもいいのではないでしょうか。
Ref.126622の文字盤のバリエーションはダークロジウムとブルーの二色。
ヨットマスターロレジウムと言えばシルバー色の文字盤と言うイメージがある方も多いかと思いますが2019年のバーゼルの発表ではシルバー色の文字盤の再登場はありませんでした。今後は再登場する可能性もあるため目が離せません。

×