ミルガウスのMV画像

ミルガウス 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ロレックス ミルガウス 116400の画像

ロレックス ミルガウス 116400なら

B社査定額

600,000円

K社査定額

620,000円

N社査定額

650,000円

買取エージェント買取価格

680,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

買取価格相場表

状態について

N

・並行輸入品
・保証書の日付が2か月以内
・箱・保証書・タグなどの付属品が揃っている
・ブレスレットが未調整の物

※保護シールがついていない場合は掲載金額からマイナスとなります。
※保証書の日付が1か月過ぎている場合は値段が下がる場合がございます

S

・保証書日付が3カ月以内の並行輸入品・正規品
・箱・保証書・タグなどの付属品が揃っている
・ブレスレット未調整
・正規品の場合は保証書の日付が3カ月以内で名前が消されてない事。

※正規品の場合は並行品よりも値段が下がる場合がございます。

A

【現行モデル中古品上限額買取の条件】
・年式と仕様が最新である事
・保証書の日付が1年以内
・付属品が全てそろっている
・ブレスレット、ガラス、ケースに目立つような傷がない
※保証書が1年以内の場合でも年度によって価格に差が出る場合があります
※現行品の場合は中古Aランクまでの評価となります。

【生産終了モデル上限額買取の条件】
・製造年式が最終年式である事
・ブレスレットに目立つような傷や打痕がない事
・箱と保証書が揃っている事
・ブレスレットにヨレがない事
※最終年式以外のモデルはお気軽にお問合せください。

B

・製造年式が最終である事
・ブレスレットやガラスなどに多少の傷や使用感がある物
・箱と保証書が揃っている事
・ブレスレットに多少のヨレがある

※最終年式以外のモデルはお気軽にお問合せ下さい
    商品 状態別買取価格 他社平均価格

    ミルガウス 116400GV 青文字盤 SS Zブルーの画像

    ミルガウス 116400GV 青文字盤 SS Zブルー

    本体価格:876,700円

    N

    870,000
    750,000

    S

    830,000
    700,000

    A

    650,000
    600,000

    ミルガウス 116400GV 黒 SSの画像

    ミルガウス 116400GV 黒 SS

    本体価格:876,700円

    N

    850,000
    750,000

    S

    810,000
    700,000

    A

    650,000
    585,000

    ミルガウス 116400 黒 SSの画像

    ミルガウス 116400 黒 SS

    本体価格: -

    A

    620,000
    570,000

    B

    570,000
    530,000

    ミルガウス 116400 白 SSの画像

    ミルガウス 116400 白 SS

    本体価格: -

    A

    650,000
    560,000

    B

    600,000
    530,000

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

買取エージェントが世界基準での価格で買取します!!

ロレックスの中でも少し特殊な機能の耐磁性をもつミルガウス。医師や研究者などをターゲットに作られました。イナズマの形をした針が特徴的なイメージですが、2ndモデルのRef1019は真っ直ぐな針が採用されております。時代の先駆けでもあったミルガウスですが当時のニーズには合わず一度1980年代に姿を消してしまいます。しかし2007年に見事イナズマ針の姿で復活しました。グリーンサファイガラスを採用したRef116400GVや2014年にはZブルーと言われるブルーの文字盤が登場しており、目の離せないラインです。
新品・中古問わず買取エージェントがミルガウスの時計を高価買取します。

ミルガウスの買取について

ミルガウスの買取についてのイメージ画像 堅牢性に優れた形状のブレスレットを使用しており、ブレスレットの伸びなどが比較的見られず買取の値段も下がりにくいモデルです。ミルガウスの買取の価格もロレックスの他のモデルと同様に年式によっても変わってきます。また高価買取のポイントとしては箱や保証書などの付属品が揃っていた方が買取価格は高くなります。どこかにいってしまった、紛失してしまった場合も精一杯の金額をご提示させて頂きますのでご安心下さい。心のこもった丁寧な接客でミルガウスの時計を買取させて頂きます。

ミルガウス シリーズ一覧

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

ミルガウス買取を利用したお客様の声

  • 親身にお話を聞いて頂きました!のイメージ画像

    中野店

    親身にお話を聞いて頂きました!

    30代男性

    当時、稲妻の秒針に一目ぼれをして購入したロレックスのミルガウスを売りました。学生だったため頑張って貯金をして中古で購入したのを思い出します。頑張って購入した分思い入れはすごく強く、一生大事にしていく予定でしたが子供が生まれる事で売却を決意致しました。中野店の店長様は、すごく親身にお話を聞いて頂きました。ありがとうございます。
    次は購入する時はここで購入させて頂きます。

  • 他社に負けない金額を提示して頂きました!のイメージ画像

    銀座店

    他社に負けない金額を提示して頂きました!

    30代男性

    父が使用してない時計を頂きましたが、自分の好みではありませんでした。私もロレックスは好きでスポーツ系も持ってはいますが維持費の面も考えると、買取金額が高い今のうちに売却を考えました。一風騎士さんは何回か利用があったので、同じ系列の買取エージェントさんに依頼しました。やはり他社には負けない金額を提示していただきました。ありがとうございます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ミルガウス豆知識

ミルガウスについて

ロレックス初の耐磁性のモデルのミルガウスは1953年に医師や研究者、無線技士など磁場の強い環境で作業する人をターゲットに製造されました。モデルの名前はフランス語で”1000”を意味する『ミル』と磁束密度の単位の『ガウス』からネーミングされました。電磁波などの高エネルギー波は時計に悪影響を与えるとして多くの時計メーカーが様々な方法で対策をしてきましたが、ミルガウスはムーヴメントを鋼鉄製アンチマグネチックカバーで包み込むと言う二重構造を取り入れ耐磁性能を飛躍的に高めました。初代ミルガウスRef6541はイナズマ針を採用しており、ポリッシュベゼルと言われるつるっとしたベゼルと回転ベゼルのモデルがありました。このRef6541は極端に流通が少なく“幻のモデル”と言われ、市場では破格で取引されております。1960年代になるとセカンドモデルのRef1019が登場します。ファーストモデルに使用されていたイナズマ針はなくなり、まっすぐな形状の針へと変更されました。こちらも市場で数が少なく希少性が高い為、高額で取引されております。1980年代に入ると耐磁性の時計のミルガウスは一般のユーザーのニーズに合わず生産が終了してしまいます。しかし2007年にファーストモデルを彷彿とさせるギザギザのイナズマ針を装備し、またインデックスのデザインなども現代的に変更され見事復活し大きな話題を呼びました。ムーヴメントはミルガウス専用のCal.3131を搭載されております。またミルガウスだけしかないグリーンサファイアクリスタルのガラスを使用したRef116400GVがあります。このグリーンサファイアガラスは高い技術力を必要とする為製造を試みる人がいないと言った理由からロレックスは特許をしておりません。そのほか特別仕様が多い所も特徴的なミルガウスです。近年ではZブルーと言われる文字盤がブルーのモデルも発表され、ますます目の離せないシリーズです。

ミルガウスの特徴

ミルガウスの特徴 世界で最も有名な高級腕時計ブランドと言われているロレックスでは、デイトナやサブマリーナなどのスポーツウォッチが有名ですが、中でも、ある分野のスペシャリストに向けて作られた特殊機能を持つモデルが「ミルガウス」です。

あまり聞いたことがない人も多いかもしれませんが、このミルガウスは、X線や放射能を扱う医師や研究者、発電所や変電所などの特殊な場所で働く人に向けて作られた、ロレックス独自の高度な技術が生きるモデルです。強力な時期にさらされる環境で使用することを想定として作られているので、一般的な機械式時計の耐磁性が50~100なのに対し、ミルガウスでは1000ガウスもの耐磁性を実現。

フランス語で1000を意味する「ミル」という言葉に、磁束密度を表す単位「ガウス」を組み合わせて「ミルガウス」と名付けられたのが由来です。

オイスターケースの中には磁器シールドが装備され、シールドはすべて強磁性合金から製造されています。これの技術は、1954年にロレックスが特許を取得した革新的な技術でもあるのです。さらに、2000年から開発がスタートされた耐磁性素材である「パラクロム・ヘアスプリング」が使用されるなど、まさにロレックスの本領発揮と言わんばかりのハイレベルな仕上がりとなっています。

人気モデル

人気モデル 1950年代、医師や極地研究者、発電所や放射線科などで働く人のために作られた、強力な耐磁機能を持つモデルが登場。このミルガウスは、現代においても高い技術を必要とする「1000エルステッド」までの耐磁性を達成し、特殊な環境においても安心して使用ができる特別なモデルとして話題を呼びました。

グリーンカラーのがベゼルにデザインされ、秒針はジグザグな「イナズマ針」が特徴。中でも初代ミルガウスの「REF.6541」においては1958年に登場したモデルで、現在ではかなり希少価値が高いモデルと言われています。

その後、2代目の「REF.1019」が登場し、1950年代~1980年後半までの約30近く生産されたのですが、耐磁性という一つの機能に特化したモデルであったため、人気のスポーツモデルに比べて販売数が伸び悩み、1989年には一旦生産終了となってしまいます。

しかし、2007年には約18年もの歳月を経て新たなミルガウスが復活。中でも人気なのが「Ref.116400GV」というモデルで、ロレックスのコーポレートカラーでもあるグリーンをあしらった、特殊なサファイアガラス風防が採用されているのが特徴です。

当時は販売数に伸び悩んでいたミルガウスですが、近年はネット社会へと変化し、あらゆるシーンで電波が飛び交う時代へとなりました。ミルガウスは、そんな現代にふさわしいモデルとして、徐々に人気が高まりつつあります。

現行モデル

現行モデル ロレックスでは、モータースポーツを元にした「デイトナ」や、ダイバーのために作られた「サブマリーナ」、探検家向けに作られた「エクスプローラー」などが代表的なモデルと言えます。しかしミルガウスは、普通の生活では出くわさない特殊な環境下において高いパフォーマンスを発揮してくれるスペシャリスト向けのモデルなんです。

それは、耐磁性に優れた高いスペックがあることから、電磁波や放射脳、電波などの影響を受けやすい医師や極地探検家、発電所などで働く人たちに向けて作られました。初代ミルガウスは1958年に登場しますが、一度は生産終了となってしまいます。

しかし、2007年には劇的な復活を遂げ、現行モデルである「REF.116400」と2014年に登場した「REF.116400GV」が存在しています。特徴的な「イナズマ針」をそのままに、デザイン面では新たな変化を遂げました。旧モデルではガラス部分のフチが透明だったのに対し、新モデルではグリーンサファイアガラスを使用。このグリーンサファイアガラスは、ミルガウスのみに採用されている素材です。

旧モデル、現行モデルともに人気がありますが、デザイン面では現行モデルのほうが人気が高い傾向にあります。ロレックスを愛用している方は多いですが、このミルガウスをつけている人はなかなか目にしません。それほど個性的で、知る人ぞ知るモデルだということですね。

買取相場

買取相場 数あるロレックスのモデルの中でも、唯一特殊な機能に特化したモデルと言えば「ミルガウス」です。高い耐磁性を実現し、電磁波などの影響を受けやすい場所での利用向けとして開発されました。

しかしミルガウスは、ある特定のユーザーに向けて作られたモデルのため、一時は販売数が伸び悩み、1989年にはいったん生産終了となりましたが、2007年には新たなミルガウスが復活。現代では多くの電化製品や携帯電はパソコンなど、見えない電磁波に囲まれている時代だからこそ、一般のユーザーからも広く注目されることとなりました。

そんなミルガウスの中でも買取相場が高いといわれているのが、白い文字盤の116400型です。白い文字盤にオレンジのイナズマ針が映えた爽やかなデザインで、今後生産終了もささやかれているため、徐々に価値が上がってくると予想できます。

さらに、アニバーサリーモデルとして発売された現行モデル「Ref.116400GV」では、バーゼルフェアで発表された当初、非常に入手困難な状態でもあったため、超プレミア価格で販売されていたこともあります。それゆえ、中古買取市場でも希少価値が非常に高くなっています。

また、旧型のブラックカラーや新型のブラックカラー、新型のブルーカラーなどは、約60万円~72万円ほどで買取されている傾向にあります。お店では旧モデルを手に入れにくいですが、中古であれば発見しやすいので、ミルガウスが気になる方は、ぜひ中古市場をチェックしてみてください!

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×