GMTマスター2のMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
GMTマスター2 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ロレックス GMTマスターII 126710BLRO ランダムの画像

ロレックス GMTマスターII 126710BLRO ランダムなら

B社査定額

1,700,000円

K社査定額

1,730,000円

N社査定額

1,750,000円

買取エージェント買取価格

1,800,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「ガラス割れ」の画像

    ガラス割れ

  • 訳あり商品「ベルトがボロボロ」の画像

    ベルトがボロボロ

GMTマスター2買取価格

「おまとめ買取」で
買取価格UP!!

一度にお売り頂けるお品物の数が多いほど
買取金額の合計をアップさせていただきます!

まとめた品物の画像

ロレックス GMTマスターII 126710BLRO ランダムの画像

ロレックス GMTマスターII 126710BLRO ランダム

貴金属の画像

貴金属

グッチ ミディアムトートブラックレザーバッグの画像

グッチ ミディアムトートブラックレザーバッグ

単品での買取価格合計

1,950,000

おまとめ買取での買取価格合計

2,040,000

90,000円UP!

買取価格アップのポイント

  • 箱・付属品・美品を揃えるのイメージ画像

    箱・付属品・美品を揃える

  • 綺麗にして売るのイメージ画像

    綺麗にして売る

  • 高い時期に売るのイメージ画像

    高い時期に売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

GMTマスター2を売るなら高価買取の買取エージェントへ

ロレックスのモデルの中でもGMTマスター1と同様に高い人気を誇り続けているGMTマスター2。国内・海外問わず常に需要があり買取相場も安定しているモデルの一つです。初期型Ref16760・Ref16710を始め現行のRef116710まですべてのGMTマスターの時計は国内販売店でのお客様からの注文も多く買取の数が圧倒的に足りておらず、現在買取エージェントではGMTマスターの時計を強化買取中です。壊れて動かなくなってしまった物や、キズだらけになってしまった物、付属品などが何もない物でもGMTマスター2の買取なら買取エージェントにお任せ下さい!!他店に負けない高額で買取します。

GMTマスター2の買取について

ロレックスを代表するモデルのGMTマスター2。ステンレスモデルからコンビモデル、金無垢モデルまで様々なモデルがあります。中にはベゼルにサファイアやダイヤモンドをセッティングしたとても豪華なモデルは流通が少なく買取エージェントでは、積極的なお値段で買取させて頂いております。2013年から登場したベゼルが青と黒のRef116710BLNRはとても人気があり販売価格に近いお値段で買取しております。キズなどのコンディションはもちろんの事、お客様の時計への思いもプラスして買取価格をご提示します。

GMTマスター2 シリーズ一覧

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

GMTマスター2買取を利用したお客様の声

  • 驚きの買取価格でした!のイメージ画像

    銀座店

    驚きの買取価格でした!

    40代男性

    今回買取りしていただきありがとうございます。わたしは以前正規店でロレックスのGMTマスターⅡを購入しました。3年程着けて、オーバーホールの時期が近づいたので、買い換えようとしていました。そのときネットで買取エージェントさんを知り、来店のきっかけになりました。しかも査定額も当時買った金額とほぼ一緒で本当に驚きでした。色々と頑張っていただきありがとうございました。使ってない時計もまだあるので次回もお願いします。

  • 下取りで高く買って頂きました!のイメージ画像

    中野店

    下取りで高く買って頂きました!

    20代男性

    先日ロレックスのGMTマスターを売らせて頂きました。その節はありがとうございました。2年前ぐらいに購入しまして使っていたのですが最近どうしてもデイトナが欲しくなってしまい気に入ってはいたのですが売ることに決めました。中野のお店にちょうど欲しいデイトナがありまして下取りと言う形で高く買っていただきました。状態も良くて大変満足しています。これからはこのかっこいいデイトナを付けて日々の生活を送っていきます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

GMTマスター2豆知識

GMTマスター2について

単独で短針を動かす事が出来るCal3085を搭載し、2か国の時刻を知る事の出来るGMTマスター1に対して3か国の時間を知る事が出来るようになったGMTマスター2は1983年にRef16760・Cal3085として登場。
当初はGMTマスター1の最終モデルのRef16700と並行してGMTマスター2は販売されました。

1990年頃になるとムーブメントはエクスプローラーと同様のCal3185を搭載したRef16710に変更されました。GMTマスター1は赤・青/黒・黒のベゼルデザインが定着していましたが、GMTマスター2は赤と黒のベゼルデザインが特徴的です。

デザインはさほど変わらず機能的に完成度が高かったGMTマスター2の登場により1999年に惜しまれながらもGMTマスター1は生産中止になりました。GMTマスター1の生産中止に伴いそれまでなかった青・赤/黒・黒の組み合わせのベゼルがGMTマスター2に追加されGMTマスター1の遺産を受け継ぐ形となりました。

2005年にはGMTマスター誕生50周年を記念して大幅にリニューアルされます。自社製ヒゲゼンマイを採用した新型ムーヴメントのCal3186を搭載した新型モデルはムーヴメントの他に外見も大きく変更され、ベゼルは劣化に強いセラミックに、ラグ部分の鏡面仕上げ、ブレスレットもより堅牢性に優れた物に変更。

インデックスも一回り大きくなり視認性が向上。
またベゼルにダイヤモンドやサファイアなどをセッティングした豪華なモデルも登場しました。他のモデルにはない豪華なデザインが多くの人を魅了しています。

近年では青と黒の組み合わせのベゼルのef116710BLNRや新型モデルにはなかった赤と青の組み合わせのモデルRef116719BLROがホワイトゴールド素材で登場しました。毎年バリエーションが増えロレックスを代表するモデルの一つのGMTマスターです。

Ref.116710BLNR

Ref.116710BLNR ロレックスで圧倒的な人気を誇るパイロットウォッチ「GMTマスター2」。3か国の時間を把握できる「GMT機能」を備えた、ロレックス唯一モデルです。

パイロットウォッチとして誕生しましたが、その精度の高いクオリティから、アウトドアや登山などの方角確認にも使える時計として、探検家や冒険家、旅行家にも重宝されています。

こちらの「Ref.116710BLNR」モデルでは、大型に配置されたインデックスに加え、耐磁性能に優れたパラクロムヒゲゼンマイ、頑強なケースにブレスレットという、パイロットウォッチとしての資質を全てディティールに落とし込んだ仕上がりが特徴。

美しいセラミックベゼルには、綺麗に数字が配列され、鏡面仕上げされたブレスレットによって非常に洗練された輝きを放っていることから、単なるスポーツモデルとは一線を画す雰囲気が漂っています。

さらには、無垢性のコマを使用したことで堅牢度がアップし、長年愛用してもブレスの伸びが軽減されるという改良も実現。昨日の充実性や計器としての正確性、黒と青のツートンカラーのデザイン性など、どこを取ってもロレックスならではの、卓越した技術力とセンスが伺えます。

Ref.116713LN

Ref.116713LN 航空時計として誕生したGMTマスター2。GMTとは、同時に複数の国の時間帯を表示する機能のことで、24時間で一周するセンター針と、それに対応した24時間目盛り付きの回転ベゼルによって、他の地域の時間帯を知ることができるというもの。

海外にいる時でもその国以外の時刻を瞬時に確認できるから、世界を飛び回るパイロットはもちろん、海外出張が多いビジネスマンや旅行家にも愛用者が多いシリーズです。GMTマスター2の魅力としては、画期的なGMT機能のみならず、スポーツモデルでありながら高級感ある落ち着いたデザインであることも挙げられます。

ビジネスシーンにおいても身に着けやすいことから、幅広い男性から支持されている理由がわかりますね。

また、GMTマスター2では、ステンレスやゴールド無垢などの素材違いや、ベゼルのカラーリングも幅広くバリエーションされているのも嬉しいポイント。「Ref.116713LN」では、ステンレスにイエローゴールドを組み合わせたことで、より華やかで高級感を演出できるモデルに仕上がっています。

文字盤のロゴと針に使用されているグリーンカラーのアクセントが魅力的で、数あるモデルの中でも人気が高いデザインとなっています。

Ref.116710LN

Ref.116710LN 世界を飛び回るパイロットのための時計として誕生した「GMTマスター2」。前回モデルの「GMTマスター」の後継モデルとして登場し、Ⅰはすでに生産終了となり、現行モデルはⅡのみとなっています。

GMTマスター2と言えば、複数の国の時刻が確認できるGMT機能が特徴。
さらに、ベゼルには堅牢度の高いセラミック素材を使用し、薄いプラチナでコーティングされていることから、GMTマスターⅠと比べて艶があり、高級感や視認性も格段にアップしていることが魅力です。

さらには、スポーツウォッチとしての機能や耐久性は備えながらも、見ためのスタイリッシュさにも注目です。「Ref.116710LN」では、ベゼルがブラックで統一されていることからも、非常にクールな印象が強いデザインとなっています。

スーツにも似合うシンプルでシックなデザインですので、毎日幅広く活躍してくれることでしょう。

また、Ref.116710LNからはロレックスが独自に開発・製造をした自動巻き機械式ムーブメント「Cal.3186」が搭載されているため、衝撃と温度変化にも高い耐性を発揮してくれるのです。

まさに、パイロット向けの時計として誕生しただけのクオリティを感じますね。操作性もとても簡単ですので、初めてのスポーツモデルの購入を検討している人にもおすすめです。

Ref.116719BLRO

Ref.116719BLRO もともとパイロットウォッチとして登場した「GMTマスター」。
その優れた機能性や頑強な耐久性から、パイロットのみならず探検家やダイバーにまで支持される本格派ウォッチとしての地位を確立しました。

しかし、GMTマスターは搭載キャリバーの変更によってRef.16700のモデルを最後に生産終了となります。その後2007年に、ベゼルがセラクロムというセラミック素材に変わり、より衝撃や温度変化にも強い頑丈な時計として「GMTマスター2」へと生まれ変わりました。

また、一時はGMTマスターの定番カラーであった「赤×黒」ベゼルが廃止されることになったものの、2013年には途絶えていたツートンカラー「赤×青」を復活。

こちらの「Ref.116719BLRO」モデルは当時の伝統あるカラーベゼルを復活されたものです。ケースとブレスレットはホワイトゴールドを使用し、仕上げにはサテンとポリッシュを組み合わせることで、透明度を無くした重厚感ある仕上がりに進化しました。

ロレックスの定番ともいえるRef.116719BLROのデザインは、ひと目見るだけでその圧倒的な存在感を発揮してくれます。ロレックスでスポーツモデルをお探しの人は、ぜひGMTマスター2を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×