GMTマスター1-1675のMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
GMTマスター-1675 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「ガラス割れ」の画像

    ガラス割れ

  • 訳あり商品「ベルトがボロボロ」の画像

    ベルトがボロボロ

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

GMTマスター1-1675 買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

ロレックスの1675の買取について

1675は1960年~1980年頃に製造されていたモデルで長い期間多くの方に愛されてきました。現在でも非常に高い需要がありプレミアな金額で取引されております。

ロレックスの1675は約20年間製造されておりましたので他の製造期間の短かったアンティークモデルに比べると比較的手に入りやすいです。

その為、アンティークロレックスの中でも人気のモデルとなっております。買取金額も年々上昇しているモデルです。中でも初期型に存在するミニッツサークル、6ドット有りでミラーダイヤルの文字盤のモデルは非常に希少価値が高く通常の1675よりも遥か高値で取引されております。状態や付属品の有無でも金額は変わりますので売る予定がある方は是非一度、実物をお持ち下さい。

1675は年代や状態、細かい仕様などで大きく金額が変わりますが買取エージェントでは豊富な買取実績、経験豊富な鑑定士が在籍しておりますのでしっかりと高値で買取させて頂きます。売却の際は是非ご利用下さいませ。

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

GMTマスター1675について

「GMTマスター」は、ロレックスが1955年にアメリカの航空機パイロットたちの要望に応え、スポーツモデルをベースに24時間計を備えたモデルとして開発されました。異なる複数の時間帯を同時に表示する「GMT(グリニッジ標準時)機能」を搭載したGMTマスターは、おもに世界中を飛び回るビジネスマンを中心に愛用されていました。
GMTマスターの2代目となるRef.1675は、1960年代に登場、1970年代後半まで製造されたロングセラーモデルとなりました。最初期のモデルは初代GMTマスターと同じ赤/青のツートーンカラーベゼルでしたが、後に黒のワントーンカラーベゼル、金無垢モデルも登場します。
GMTマスターRef.1675に搭載されているムーブメントはCal.1570です。1960年代に誕生してから約20年もの間、ロレックスのスポーツモデルに採用されてきました。
Cal.1570の最大の特徴は、何と言ってもそのメンテナンス性の高さにあると言えるでしょう。構造がシンプルかつ各パーツの耐久性が優れているため、トラブルが少なく細かいパーツまで分解・メンテンナンスが可能です。
日本におけるGMTマスターRef.1675の評価ですが、今から10年以上前の2006年までは、ワントーン黒ベゼルが圧倒的に人気で、日常使いでは派手すぎる印象のあるGMTマスターのツートーン赤青ベゼルは、サブマリーナやエクスプローラーなど他のモデルに比べて大きく劣っていました。しかし、2007年に「GMTマスターII」が登場。ツートーン赤青ベゼルが廃止されたことをきっかけとして、GMTマスターらしいツートーン赤青ベゼルが再評価されはじめます。さらに、1967年ごろまでの製造モデルに採用されていたミラーダイアルのアンティーク感と、赤青ベゼルの妙味のあるデザインに注目が集まり、現在の市場ではサブマリーナを凌ぐほどの人気となっています。
そのGMTマスターの最初期モデルにあたるRef.1675は、世界中のコレクターが注目するロレックスの歴史的なモデルと言えるでしょう。買取エージェントではアンティークのGMTマスター、その他デイトナ、サブマリーナ等ロレックスの時計を高額にて買取しております。査定だけでももちろんOKです。是非まずはお気軽にお問合せ下さいませ。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×