エクスプローラー2のMV画像

エクスプローラー2 買取価格相場
高く売るなら買取エージェント

数年前に比べると価格が高騰!買取エージェントが高額にて買取します

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

ロレックス エクスプローラー2I 216570 の画像

ロレックス エクスプローラー2I 216570 なら

B社査定額

750,000円

K社査定額

770,000円

N社査定額

800,000円

買取エージェント買取価格

850,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

エクスプローラー2買取価格

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

エクスプローラーの買取は買取エージェントにお任せ下さい!!

探検家仕様として作られたエクスプローラー2。昼と夜の区別がつきにくい洞窟の中でも時間が分かるようにと視認性に優れた色の24時間針に24時間目盛ベゼル、便利なデイト表示機能がついたモデルです。すっきりと爽やかな白文字盤が存在するラインでカジュアルな場合でもビジネスシーンなどフォーマルなシーンでも活躍してくれるデザインが多くの人を魅了し続けております。2011年には新型のRef216570が登場。初期型のRef1655と同じくオレンジ色のGMT針を採用、ケースサイズのサイズアップに伴いインデックスも大きくなりさらに視認性が増しました。進化の止まらないエクスプローラー2を売るなら買取エージェントまでどうぞ!!

エクスプローラー2の買取について

エクスプローラー2の買取についてのイメージ画像 現行モデルのエクスプローラー2(Ref216570)はまだまだ登場から時間が経ってない為、中古市場で流通が極端に少ないモデルです。その為、“購入時とさほど変わらない金額で売れた”と言うお客様が多くいらっしゃる程高く買取させて頂いております。
現行モデルの一つ前のRef16570モデルも根強い人気を誇っており、市場でも安定した価格で取引されております。エクスプローラー2の買取価格は、年式によってさまざまで、バックルの形状やラグと呼ばれる部分の形状、ルーレット刻印と呼ばれる物があるかどうかなど、細かくお値段が変わってきます。買取エージェントではそういった部分一つ一つを専門のスタッフが丁寧に調べて査定させて頂いておりますので、どうぞまずは一度お気軽にお越しください!!

エクスプローラー2 シリーズ一覧

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

エクスプローラー2買取を利用したお客様の声

  • 想像以上の買取価格で大満足で売りました!!のイメージ画像

    一風騎士 中野ブロードウェイ店

    想像以上の買取価格で大満足で売りました!!

    40代男性

    先日中野ブロードウェイの中にある中野店にエクスプローラーⅡを売りに行きました。数年前に中古で買いましたが買った時よりも高い金額をだしてくれて大満足で売りました。話を聞いたら金も今上がっていると聞いたので嫁の使っていないネックレス等もあるのでまた来ます。次回もまた良い金額で是非よろしくお願いいたします。

  • 良い鑑定士さんに出会えました!のイメージ画像

    銀座店

    良い鑑定士さんに出会えました!

    30代男性

    216570を売ろうか迷っていて金額だけでもと思い入りました。話しているうちに売ることを決断しました。自分でもびっくりしました。全く売る気は無かったのですが。実際サインしてる時はあとで後悔するかなと思いましたが全くそんなことなかったです。本当に良い鑑定士さんに会えました。また時計やバックなどあったら持って行きます。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

エクスプローラー2豆知識

エクスプローラー2について

登山などの探検家をイメージして作られたエクスプローラー1に加えて、洞窟などの暗い場所での洞窟探検家の時計としてエクスプローラー2は1971年に製造されました。エクスプローラー1にはない、デイト表示機能・リューズガード・24時間針に24時間表示ベゼルなど探検家にとってより実用的な機能が備わっています。エクスプローラー2の誕生によりエクスプローラー1との共有の解説書が洞窟の探検をイメージするデザインになっております。初期型のRef1655にはオレンジ色の24時間針とイエローの色をした針があり、またストレートの秒針を採用したモデルもあります。セカンドモデルのRef16550は短針で単独での可動が可能になりGMTとしても利用できるCal.3085に変更。デザインも一新されベゼルの書体は大きくなりインデックスも視認性が高いデザインに変更されました。またRef16550には“アイボリー文字盤”と言われるごく短い期間にだけ製造されたモデルも存在して市場でも注目されています。1991年にはエクスプローラー2の中で最も多く流通しているRef16570モデルが登場します。ムーヴメントは16550に搭載していたCal3085からより安定性の高くGMTマスターと同じCal3185を搭載しています。Ref16570の中でも年代によって細かく形状が異なっていますが、1990年代半ばまでバックルはシングルタプでしたが、後期はツインロック式に進化されました。エクスプローラーの誕生から40周年になる2011年に大きくリニューアル。初期型を彷彿とさせるオレンジ色の24時間針を採用、ケースのサイズも42mへと大型化されインデックスの一回り大きくなり視認性が向上、塗料もルミノバからクロマライトに変わりブルーに光る所がとても魅力的です。また外見だけではなく、より耐久性・耐磁性がましたキャリバーを搭載し、まだまだ進化の止まらないシリーズです。

1655

1655 高級腕時計ロレックスから、山岳や洞窟探検などの自然に挑む冒険家をサポートするために登場したのがエクスプローラーⅡです。1655は発売から40年以上経過していますが、現在においても本格的なアウトドアや探検家などに一目置かれる存在となっています。アンティーク時計としてコレクターにも人気のモデルです。

堅牢度の高いべセルや、大きく見やすい針、どんな過酷な状況でも使用ができるような機能性の高さが魅力です。24時間針の夜光塗料は、薄暗い洞窟や懐中電灯の元でも視認性を考慮した作りとなっています。エクスプローラーⅡの初期型に当たるRef.1655は、希少価値も高く、製造年月日によってディティールの変化が楽しめます。特に初期のモデルは文字盤がマークⅠダイヤルと呼ばれれており、出回っている数も少ないためかなりの高額が期待出来ます。エクスプローラーⅡの秒針はドット型が基本ですが、このドット型がないストレート針の場合でも初期モデルと考えられます。文字盤がマークⅡ以降のモデルに関しては、全てドット型になります。

機能性はもちろん、スペ―シーな見た目にも男心をくすぐる要素が詰まっていますね。男性であれば一度は身に着けてみたいと思う、憧れのモデルと言えるでしょう。

16550

16550 エクスプローラーⅡの中でも生産期間が短く、レアなモデルと言われているのが16550です。1984年~1988年頃までのわずか4年間のみ製造が終了しています。現行で販売されているエクスプローラーⅡ216570の2世代前のモデルとなり、デザインはほとんど変わりません。大きめのべセルにインパクトのある大きいフォントが描かれたセンタースプリットが特徴です。初代のエクスプローラーでは時刻の表示に力を注詞でいましたが、エクスプローラーⅡでは、24時間針やデイト機能が追加され、機能性に優れたスポーツウォッチです。

16550はわずか2年ほどの販売期間しかありませんでしたが、当初文字盤はブラックのもののみでした。その後ホワイトやアイボリーが追加され、インデックスの黒が目を惹くカッコいい仕上がりとなりました。黒や白、アイボリーでもその高い視認性はキープされていて、暗いところでも見やすいように作られています。サファイアクリスタルを使用している為、より強度の増した頑丈なつくりと言えます。

16550が支持される理由は、16550の製造初期にしか見られないセンタースプリットというデザインが理由だと思います。センタースプリットとは、文字盤に書かれ文字が、上の行と下の行の間隔が揃っていて、表記がきれいに中央で分かれています。これはエクスプローラーⅡの初期型である「1655」や、後継機である「16550」、シードゥエラーの初期型、GMマスターの「1675」のみに存在しています。

16570

16570 ロレックスのエクスプローラーⅡ16570は、エクスプローラーⅡの3代目のモデルになります。マイナーチェンジを繰り返しながら20年ほどのロングセラーとなったモデルで、世界中にも愛用者が多いとされています。ブラックとホワイトのみの展開となっていて、24時間針・デイト機能・2カ国の時刻を表示できるGMT機能がついていて、これは一つ前のモデルと変わりません。ただ、夜光染料が塗られたインデックスが少し小ぶりになったことで、より洗練された印象が増しています。

20年間の間にマイナーチェンジが多く行われたモデルで、ブレスレットの形状はシングルロックからダブルロック、サファイアクリスタルにクラウンの透かし彫りが入るなど、年代によって細かなデザインが違うのも面白い点と言えますね。この16570の次世代モデルとして登場しているのがエクスプローラーⅡの216570です。こちらは少し大きめのケースで、よりスポーティな印象があります。ですが、ロレックスファンや時計マニアのなかでは次世代モデルよりも本家のモデルを指示する人が多いそうです。長年愛された16570はそれだけ愛着があるということですね。

安心性と機能性、信頼を兼ねたエクスプローラーⅡは、初代の魅力を引き継ぎながら進化を続けています。次世代モデルの216570の後にも注目していきたいですね。

216570

216570 エクスプローラーⅡが誕生したから約40年。1971年に登場した当時のコンセプトとデザインの原点回帰ということで、4代目のエクスプローラーⅡ216570が登場しました。2011年に登場してから現在にいたるまで、幅広い世代に愛される続けています。

これまでのエクスプローラーⅡではケースのサイズが40mmだったのですが、新たな216570ではケースのサイズが42mmと少し大きめに変化しました。ムーブメントにはパラクロム性のヒゲゼンマイやパラフレックス耐震装置が装備されるなど、これまでのエクスプローラーⅡにはなかった最新技術が装備されているのが特徴です。ブレスレットではより頑丈な作りに変わり、衝撃にも時計がずれないように改良されています。デザインに関しては、ケースのサイズだけでなく、初期の1655を彷彿とさせるオレンジ色の針が魅力的です。

パラフレックス耐震装備とはロレックスが自社開発した特許取得の技術で、時計に心臓部であるムーブメントのテンプを守ってくれる役割と持っています。さらに、弱点でもあった磁石に対しても強くなっているから、電子機器に溢れている現代に沿ったディティールになっています。歴代のエクスプローラーⅡの中でも機能性や実用性に優れたモデルと言えるでしょう。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×