2019/02/24 ( Sun )

【2019年最新】ロレックスモデル別買取価格・定価一覧表

【2019年7月4日更新】

高級時計の代表的な老舗ブランドであるロレックス。いつかはロレックスの時計を手に入れたいと考えている人も多いものです。ロレックスの魅力は様々ありますが、実用性に優れ高い完成度を誇る時計であることはもちろんのこと、他のブランドに比較して圧倒的に資産評価が高いということもその1つ。買取相場の変動はありますが、価値が下がりにくい上、購入した当時の買取価格よりも高くなるということも珍しくありません。
今回はプレミア価格で取引される事も多いロレックスの定価をまとめてみました。購入の際などに是非ご活用ください。

また買取の価格も掲載しております。買取価格は日々変わりますがご参考までにご覧ください。

デイトナ・Ref.116500LN

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

デイトナ型番116500は、2016年に登場したブラックセラミック製のモノブロックセラクロムベゼルを搭載したステンレスモデル。ロレックスの最先端の技術、そして洗練されたデザインとが見事に融合した時計です。白文字盤と黒文字盤の2タイプありますが、人気があるのは白文字盤のホワイトダイヤル。インダイヤルの縁取りにブラックが採用されていて、より精悍さが際立つ印象に仕上がっているのが人気のポイントです。

 

定価(税込み) ¥1,274,400

買取価格 黒文字盤 ~¥2,400,000

     白文字盤 ~¥2,500,000

ケースサイズ 40mm

素材 ステンレス

製造期間 2016年~

ムーブメント Cal.4130

 

GMTマスターⅡ・Ref.126710BLRO

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

GMTマスターはもともとアメリカの「パン・アメリカン航空」の要望によって開発された時計で、2つの異なる地点の時刻を同時に表示できるのが特徴です。時針、分針、秒針のほかに、もう一本針が付いており、任意に時刻を表示させることができるようになっています。ベルトのデザインが従来のGMTマスター2から変更されている型番126710はパワーリザーブも従来の48時間から、70時間に性能がアップしたのが特徴です。青と赤の組み合わせのGMTマスターは以前からずっと人気があり、こちらのモデルも正規販売店ではほとんど手に入りません。

 

定価(税込み) ¥950,400

買取価格 ~¥1,900,000

ケースサイズ 40mm

素材 ステンレス

ブレスレット ジュビリーブレス

製造期間2018年~

ムーブメント Cal.3285

GMTマスターⅡ・Ref.126710BLNR

img

2019年に登場した青黒ベゼルの新型GMTマスター126710BLNR。ブレスレットの形状がジュビリーブレスとなり、またムーブメントもより長いパワーリザーブ時間を誇るムーブメントへと変わっております。まだまだ流通数が少なく価格は落ち着いておりませんが青赤ベゼルのBLROよりも高い金額で取引されております。

 

定価(税込み)¥950,400

買取価格~¥2,100,000

ケースサイズ40mm

製造期間 2019年~

ムーブメント Cal.3285

GMTマスターⅡ・Ref.116710BLNR

img

2013年から登場した青と黒色のベゼルがクールなBLNR。これまでこの色の組み合わせは無く、組み合わせとしてもカッコイイ為とても人気があるモデルです。中古でも100万以上買取価格であります。またこちらのモデルが廃盤になるという噂もあるためここ最近また価格が上昇しております。以前はアルミ素材を使っていたGMTでしたがセラクロムベゼルを使うことによって高級感がかなり増しております。

※2019年に新型モデル126710BLNRへとマイナーチェンジされ生産終了となりました。

最終定価(税込み) ¥918,000

買取価格 ~¥1,640,000

ケースサイズ 40mm

素材 ステンレス

製造期間 2013年~

ムーブメント Cal.3186

サブマリーナ・Ref.116610LN

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

ロレックスの時計を買うならまずは『サブマリーナ』と言われるほどの知名度と人気を誇るシリーズ。1950年代に登場してから現在までに細かい部分の進化を遂げながら現在に至っております。こちらはステンレスのモデルですが、コンビモデルや無垢モデルも作られておりますが、ステンレスのこちらのモデルが最も人気が高いモデルです。登場してからバックルの中板が変わっております。初期はつや消しになっておりましたが、現在こちらの部分は鏡面仕上げとなっています。GMTマスターも同じく変更となっております。

 

定価(税込み) ¥874,800

買取価格 ~¥1,230,000

ケースサイズ 40mm

素材 ステンレス

製造期間 2010年~

ムーブメント Cal.3135

サブマリーナ・Ref.116610LV

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

ロレックスのブランドカラーであるグリーンを文字盤とベゼルに採用した通称「グリーンサブ」。旧型のグリーンサブはベゼルのみグリーンでしたが2010年から登場した新型のサブマリーナは文字盤までグリーンとなっておりインパクトがありながらもとても高級感を感じるモデルです。2015年頃からバックルが鏡面タイプへと変更されましたが、見た目に大きな違いはありません。

 

定価(税込み) ¥928,800

買取価格 ~¥1,550,000

ケースサイズ 40mm

素材 ステンレス

製造期間 2010年~

ムーブメント Cal.3135

サブマリーナ・Ref.114060

img

サブマリーナの原型がこちらのノンデイトシリーズです。基本的なデザインなどは一緒ですが日付の表示機能がついておりません。デイト付きはサイクロップレンズと言って日付が見えやすいようにガラスの3時位置がぽっこりと出ておりますが、ノンデイトはそういった部分がありませんので、よりスマートに感じます。ノンデイトタイプはこちらのステンレスタイプしか製造がされておりません。

 

定価(税込み) ¥766,800

買取価格 ~¥1,000,000

ケースサイズ 40mm

素材 ステンレス

製造期間 2012年~

ムーブメント Cal.3130

ヨットマスター・Ref.116622

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

ヨットマスターは見た目はダイバーズウォッチのサブマリーナなどと似ていますが、防水機能は100mと潜るために作られたシリーズではなくクルージングなどを楽しむ層に向けて製造がされたハイクラスのシリーズです。その為定価も少し高めの設定となっています。

年々文字盤のバリエーションが増えており今ではロレックスの定番スポーツシリーズとして唯一無二の存在となっています。

 

定価(税込み) ¥1,188,000

買取価格 ~¥1,260,000

ケースサイズ 40mm

素材 ステンレス/プラチナ

製造期間 2012年~

ムーブメント Cal.3135

ヨットマスターⅡ・Ref116680

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

カウントタイマー機能と言う少し変わった機能を搭載しているヨットマスターⅡ。機能はさることながらデザインも他のモデルとは異なり独特です。普段使いを想定して時計を製造するロレックスには珍しい、普段使いにはあまり必要のない機能を搭載していることでも話題となりました。2013年から登場しておりますが2017年には針の形状がベンツ針になり文字盤の12時と6時位置のデザインも変わっています。通常のヨットマスターシリーズにはオールステンレスのモデルは存在しておりませんが、ヨットマスターⅡにはオールステンレスのモデルも存在しております。

 

定価 ¥1,922,400

買取価格 ~¥1,660,000

ケースサイズ 44mm

素材 ステンレス

製造期間 2013年~

ムーブメント Cal.4161

エアキング・Ref.116900

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

エアキングはこれまで価格が安めのシリーズとして人気をあつめておりましたが、型番116900はこれまでのエアキングを一新したデザインになり、新たな風を吹かせております。

ミルガウスと同じく実は耐磁性の時計として機能面もかなり以前と変わりました。

また以前のエアキングと言えばベゼルや文字盤の種類がいくつかありましたが型番116900はこのタイプしか存在しません。

 

定価(税込み) ¥637,200

買取価格 ~¥660,000

ケースサイズ 40mm

素材 ステンレス

製造期間 2016年~

ムーブメント Cal.3131

エクスプローラー1・Ref.214270

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

エクスプローラー1の最大の特徴と言えばこのシンプルなデザインです。余計な機能やデザインを一切持たないこちらのモデルはビジネスシーンでも活躍してくれ絶大な人気を誇っております。登場初期はブラックアウト仕様のインデックスでしたが現在はブラックアウト仕様ではなくなっています。今後このブラックアウト仕様のエクスプローラーが注目されるかもしれません。

 

定価(税込み) ¥669,600

買取価格 ~¥800,000

ケースサイズ 39mm

素材 ステンレス

製造期間 2010年~

ムーブメント Cal.3132

エクスプローラーⅡ・Ref.216570

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

同じエクスプローラーと言う名前ですが、1とは全くデザインが違うのがこちらのエクスプローラー2。1は黒文字盤しかありませんが、2には黒と白の二つが存在しています。特にスポーツラインには白文字盤の展開が少なくエクスプローラー2は白文字盤が好きな方からの支持を集めております。旧型に比べてこちらのモデルはインデックスなどが改良されておりとても視認性が増しております。

 

定価(税込み) ¥831,600

買取価格 ~¥920,000

ケースサイズ 42mm

素材 ステンレス

製造期間 2011年~

ムーブメント Cal.3187

ミルガウス・Ref.116400GV

img
出典:http://www.ippuukishi.co.jp/

ロレックスの時計の中でも少し変わった機能といえばこちらのミルガウス。

緑色のサファイアクリスタルガラスはロレックスの高い技術が詰まっており、真似できないとも言われております。

現在GVは黒文字盤と青文字盤の二種類が展開されておりますが、定価は変わりません。買取の価格はまだ青文字の方が流通数も少ないため高額になっております。

 

定価(税込み) ¥842,400

買取価格 ~¥850,000

ケース 40mm

素材 ステンレス

製造期間 2007年~(青2014年~)

ムーブメント Cal.3131

関連する買取商品まとめ

関連する豆知識まとめ

  • ロレックス-エアキング画像

    デカケースに変身!ロレックスの新星エアキング116900に注目!

    ROLEX(ロレックス)の中でも低価格なモデルラインとして根強い人気を誇る「エアキング」。シンプルな機能のみで使い勝手が良いことから、ファーストロレックスとしても定番のモデルです。   そんなエアキングから、ニューフェイスとして2...

  • ゼニス ムーブメント

    あのデイトナも搭載していた、ゼニス製ムーブメント!

    「ロレックス・デイトナ、カッコイイな」こんな風に思って色々と調べていくと、驚かされるのはバリエーションの多さと複雑さ。一見タダの古いデイトナなのに、なぜかえらく高い値段がついているものがあります。例えば先々代の「16520」、20~30年も...

  • 500_ip-rol-wt-m-02846_5

    想像以上のデイトナの価格高騰について

    ここ最近色々なところでロレックスの時計が高騰していると言う内容を見かける方も多いのではないでしょうか。わたくしもその一人です。 なぜデイトナがそこまで高騰したのか?またどれぐらい高騰しているのか。今後はどういう風になるのか。ここではデイト...

  • GMTマスター

    GMTマスターとGMTマスターⅡの違いについて

    GMTマスターは発表されて以来多くの方に愛されてきました。GMTマスターⅡへと進化した事により機能面やデザインに変更が行われています。今回はそんはGMTマスターとGMTマスターⅡの違いについて考えていきたいと思います。   ...

  • ミルガウスの画像

    ロレックス-ミルガウスのRef.116400を徹底解明!

    耐磁性に長けているロレックス-ミルガウスのサードモデル「Ref.116400」。   こちらは2015年に生産終了となってしまったものの、現在も安定した人気を誇っています。 どうして生産が終了した今でも、Ref.116400は人...

pagetop