2018/01/11 ( Thu )

いつまでも色あせない、パネライ「ラジオミールシリーズ」の魅力

がっちりとした分厚い重厚感とシンプルなデザインで男性ファンの心をつかんでやまないパネライ。中でも時代を超えて色あせない魅力を持っているのがラジオミールシリーズです。パネライのルーツとも深いかかわりのあるラジオミールシリーズは、クラシカルな中にもイタリアのメーカーならではのデザイン性が存分に生かされた腕時計として大きな人気を集めています。

ship-2881175__340

・初代ラジオミールの誕生

img

イタリア軍からの依頼をきっかけに、パネライは機能と耐久性を兼ね備えた軍用時計の一大メーカーとして成長しますが、最初の軍用ダイバーズウォッチ開発において使用を検討されたのが夜間でも光を放つ蛍光の物質「ラジオミール」でした。

そのラジオミールを文字盤に使用し、高い耐久性を兼ね備えたケースを使用したのがパネライの「ラジオミール」のルーツです。

しかし、ラジオミール素材には体に害を及ぼす可能性が含まれていることが分かり、新しく発明された蛍光塗料のルミノールが使われることになりました。しかしラジオミールの名前はパネライの歴史とは切っても切れないものとなり、やがて「ラジオミール」は現代に復活。軍用にルーツを持つ時計ならではの武骨な存在感を持ちながらも、シンプルでクラシカルなデザインは大きな人気を集めるようになりました。

・ラジオミールの魅力

img

ラジオミールの魅力として、誕生当時のままのクラシカルなデザインを挙げるファンも少なくありません。

その象徴ともいえるのが「ワイヤーループラグ」。ラグはベルトを固定する部分ですが、このラグに取り外し可能なワイヤーループを採用しているのがラジオミールの特徴です。

このワイヤーループラグはラジオミールならではのもので、ヴィンテージな漂うクラシック感の源になっています。

また、ラジオミールの魅力のひとつがむき出しのリューズです。パネライのもうひとつの看板アイテム「ルミノール」と「ラジオミール」の違いはリューズカバーの有無ですが、リューズカバーを持たないラジオミールはクラシックなリューズの形とデザイン、手触りを楽しむことができることも人気の秘密となっています。

このほか、ラジオミールはベルトが革のもののみというのも特徴のひとつ。その日の気分やファッションによって取り換えることも可能で、上品でクラシックな雰囲気を楽しむ人たちに愛される腕時計となっています。

ラジオミール ブラックシール

img

ブラックシールはパネライのラジオミールシリーズの中でも代表的な存在です。「黒アザラシ」を意味する「ブラックシール」はもともとイタリア海軍の潜水部隊の通称。ラジオミールのルーツを示す、ラジオミールの王道を行く腕時計です。黒いマットな質感の文字盤はいかにもラジオミールといった存在感。手巻き式なので、ムーブメントを感じながらリューズを巻く時間は、ラジオミールファンにとっては至福の時間と言えるかもしれません。

ラジオミール 8デイズ

img
出典:http://www.panerai.com/ja/collections/watch-collection/radiomir.html

「ラジオミール 8デイズ」は8日間という長期間のパワーリザーブが特徴。時計の巻き上げ操作を減らすことで、リューズからの浸水を防ぐというパネライのルーツを彷彿とさせてくれるモデルです。メカニカルムーブメントには「パネライ キャリバーOP XIV」を採用、スルーバックを通してムーブメントの美しさを楽しめるのも特徴です。

ラジオミール コンポジット

img

「ラジオミール コンポジット」はアルミニウムから作られた合成セラミックである「パネライコンポジット」を使用した腕時計です。アルミニウムを加工しているため、硬度に優れているうえ軽量。「ブラックシール」とはまた違った雰囲気を醸し出す硬質の質感が魅力です。

ラジオミールGMT

img
出典:http://www.panerai.com/ja/collections/watch-collection/radiomir/radiomir-10-days-gmt-automatic-acciaio---47mm_pam00323.html

パワーリザーブやゼロリセットセコンド、異なる地域の時間帯表示の機能などを搭載する「ラジオミールGMT」。パネライらしいデザインとともに、高機能が特徴です。特に過去に発売された「GMTアラーム」は希少価値が高く、中古でも高値で取引されています。

ラジオミール1940

img

1930年代にデザインされた文字盤を現代に復活させたのが「ラジオミール1940」。クラシックな雰囲気を愛する人たちに人気のモデルです。「ラジオミール1940」にも複数のモデルがラインナップされ、セラミックやスチールといった素材や、シルバーやゴールドなどのカラーバリエーションも豊富で、二本目のラジオミールとしても人気を集めています。

他にはない魅力を放つラジオミール

img

パネライのラジオミールシリーズは伝統的なスタイルを守り続ける存在として、他の時計にはない魅力を放っています。一度ファンになればきっと他の時計では満足できなくなるはず。

パネライのラジオミールは、そんな唯一無二の存在として輝きを保ち続けています。

関連する買取商品まとめ

関連する豆知識まとめ

pagetop