2017/02/05 ( Sun )

ルイヴィトンのエピが贈る大人の品格

ルイヴィトンエピの画像

 

ルイヴィトン(Louis Vuitton)から1985年に登場したのがエピ(EPI)ラインです。ルイヴィトン(Louis Vuitton)が使っていたグレインのパターンをヒントに開発されたものとされています。エピ(EPI)とは「麦」という意味を持つフランス語であり、由来には、素材のすべてに施されている型押しが、「揺れる麦の穂」にみることから名づけられました。
ルイヴィトン(Louis Vuitton)のエピ(EPI)は厳選された上質な革である、グレインレザーとよばれるものを使用しており、その光沢感の美しさからルイヴィトン(Louis Vuitton)ファンからも人気の高いラインとなっています。ルイヴィトン(Louis Vuitton)のは高い実用性の高い大人のラインとしても人気があり、財布やバッグのラインアップが非常に多いです。今回はルイヴィトン(Louis Vuitton)のエピ(EPI)に秘められた魅力を紐解いていきたいと思います。

エピに使用されているグレインレザーとは?

img

ルイヴィトン(Louis Vuitton)のエピ(EPI)に使用されているグレインレザーというのは、動物の原皮の新皮層を利用したもので、この真皮層の表皮に近い面である銀面をそのまま表面に使った皮のことをいい、型押し加工を施された製品は、実に美しく、形崩れしにくいことが特徴です。グレインレザーは深い光沢感を生み出してくるだけではなく、時間が経つにつれ、美しさに磨きがかかる理想的な素材です。磨けば磨くほどに光、時間と共に味の出るグレインレザーだからこそ高級感漂うアイテムが出来上がるのです。上質な革が使われているエピ(EPI)の中で特に人気のあるアイテムは財布であり、コンパクトで使いやすく収納力が高いとルイヴィトン(Louis Vuitton)ファンの中でも評価が高いです。

コンパクトで優れたエピ(EPI)の財布

img

毎日のように手にする財布。時の経過とともに財布の色や光沢感も失われがちですが、エピ(EPI)の財布はいつまでもその美しさを保ち続けることができます。エレガントで機能性の高いエピ(EPI)の財布にも種類があり、使い方も様々です。

ジッピー・ウォレット

img

コンパクトでありながら収納性に長けた長財布。無駄のないシンプルなデザインがスタイリッシュだと人気が高いです。紙幣や硬貨以外にもメモ用紙や小切手なども収納できるため、幅広い使い方ができるとたくさんの人に愛用されています。

ポルトフォイユ・コアラ

img

カジュアルなイメージが強いコンパクトな3つ折りタイプの財布。小銭入れの裏にパスケースがついているのでICカードなどを入れる際にも便利です。ポシェットやミニバッグの中にも納まるほどの大きさなのでラフなスタイルでお出かけしたい人におすすめです。

ポルト モネ・ビエ ヴィエノワ

img

がま口が独立したコンパクトな財布。ルイヴィトン(Louis Vuitton)の中でも特に人気の高い財布になっており、多数のラインで展開されています。世界各地の色彩が取り入れられたカラーで展開されているのでデザインが豊富です。

ポルト モネ・ビエ カルト クレディ

img

両面が開くダブルホックタイプの財布。スナップ式開閉の小銭入れになっており、使い勝手も抜群です。シンプルで使いやすく小銭も多く収納できコンパクトです。こちらも多数のラインから展開されている人気の高い財布になっています。

ポルトフォイユ・サラ

img

キャリアウーマンに高い支持を得ているスナップボタンで開閉するタイプの長財布。ソフトなラインが美しく、16枚のカードが収納できるデザイン性も機能性も高い長財布になっています。札入れが二か所あるので、旅行券やチケットなど、紙幣と分けて使う際にも便利です。

エピ(EPI)はカラーバリエーションも豊富

img

ルイヴィトン(Louis Vuitton)から1985年に登場して以降、エピ(EPI)ではさまざまなカラーが展開されてきました。不動の人気を誇る定番カラーはノワール(黒)はコクリコ(赤)など。発売以来、男女問わず幅広い世代から絶大なる支持を得ているカラーでもあります。エピ(EPI)そのものの美しい光沢感が存分に発揮されたカラーでもあり、クリアで鮮やかな色合いに大人の気品が感じられます。最近ではビビットカラーの展開が多いエピ(EPI)では珍しいソフトなパステルカラーなども発売されており、マグノリア(パステルピンク)などのソフトな色合いは女性に人気のあるカラーとして注目されています。

洗練されたルイヴィトン(Louis Vuitton)のエピ(EPI)

img

最高の素材で作られたルイヴィトン(Louis Vuitton)のエピ(EPI)の財布は、デザイン面だけではなく機能面でも優れた最高の財布なのです。デザインやカラーも豊富にそろっており、落ち着きのある財布ばかりなので、自分好みのエピ(EPI)がみつかるはずです。高機能かつ高級感漂うエレガントなルイヴィトン(Louis Vuitton)のエピ(EPI)で、長い時間をともに歩んでいってはいかがでしょうか。使うたびに美しさに磨きがかかっていくことでしょう。

関連する買取商品まとめ

関連する豆知識まとめ

  • ヴィトンの画像

    ルイヴィトンを売買する際の中古品のメリットとデメリット

      ハイブランド商品は、中古商品でも需要のあるものばかりです。ブランド品を高価買取しているお店が多く、数多くのブランド品が売買されています。ではブランド品を中古で買う時、または売るときのメリットとデメリットは一体どういったものに...

  • ヴィトンの画像

    お出かけにはルイヴィトンのアルマを!

      Louis Vuitton(ルイヴィトン)が評価されるようになったのは創始者であるルイがなくなった後の事であります。1854年にフランスで開業されたLouis Vuitton(ルイヴィトン)のブランドコンセプトは『旅』。世界...

  • ヴィトンの画像

    ルイヴィトンが現在に至るまでの歴史

      皆さん、Louis Vuitton(ルイヴィトン)をご存知でしょうか。世界的にも有名なブランドで、その名前を知らない人の方が少ないのではないでしょうか。Louis Vuitton(ルイヴィトン)とはその名の通り、フランスのマ...

  • ルイヴィトンモノグラムの画像

    ルイヴィトンライン一覧

    当社ホームページをご覧の皆様、ルイヴィトンの世界へようこそ。これからルイヴィトンを知っていただく為に様々な情報を当社独自の視点からご説明致します。簡単ではありますがお付き合いいただければ幸いです。 ...

  • ヴィトンの画像

    モノグラムロゴがオシャレなルイヴィトンのヴェルニ

      1998年に誕生したルイヴィトン(Louis Vuitton)のヴェルニ(VERNIS)は、ルイヴィトン(Louis Vuitton)の初プレタポルテ・コレクションに合わせて作られたデザインです。ヴェルニ(VERNIS)の特...

pagetop