IWCのMV画像

業界トップクラス!豊富な実績
IWCを高く売るなら
買取エージェント

買取エージェントなら
他社と比べてこれだけ高価買取!

IWCポルトギーゼ・クロノグラフ IW371446の画像

IWCポルトギーゼ・クロノグラフ IW371446なら

B社査定額

380,000円

K社査定額

400,000円

N社査定額

405,000円

買取エージェント買取価格

450,000

買取エージェントでは他社NGだった
傷、汚れなどの訳あり商品も買い取ります!

  • 訳あり商品「本体のみ」の画像

    本体のみ

  • 訳あり商品「文字盤の黄ばみ及び腐食」の画像

    文字盤の黄ばみ及び腐食

  • 訳あり商品「メッキ剥がれ」の画像

    メッキ剥がれ

  • 訳あり商品「角スレ」の画像

    角スレ

  • 訳あり商品「型くずれ」の画像

    型くずれ

IWC買取価格

おまとめ査定で買取金額80,000円UP

買取価格アップのポイント

  • 付属品が揃う画像

    箱・付属品・備品を揃える

  • 掃除をしている画像

    掃除をする

  • 早めに売る画像

    なるべく早く売る

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

IWCの買取について

買取エージェントではIWC(International Watch Company)の時計を高価買取致します。
ケースや革ベルト商品の状態、ムーヴメントのコンディションなど隅々まで丁寧に鑑定し査定させて頂きます。
また時計愛好家などからも人気が高く付属品の有無も査定に影響してきます。
少しでも高価買取させて頂きたいので、付属品は一緒にお持ち下さい。
定番モデルから限定モデル、複雑機能を搭載したモデルまでIWCの買取には絶対的な自信を持っております。
IWCの時計をお売りの際は是非買取エージェントをご利用下さいませ。

IWC シリーズ一覧

買取エージェントが高価買取できる6つの理由

  • 1

    買取という分野に
    特化した専門店

    理由画像

    当店は買取に力を入れている専門店です。買取と言う分野においてプロフェッショナル集団が集まっておりますのでどのようなお品物も安心してお任せください。
  • 2

    高額なブランド品を
    専門的に取扱

    理由画像

    時計、バッグ、宝石、貴金属、衣類と言うジャンルを専門的に取り扱っており高額なお品物を多く買取しております。ブランド品の買取に特化している専門店です。
  • 3

    経験豊富な鑑定士による
    高額査定

    理由画像

    買取エージェントの鑑定士は平均業界年数は10年と経験が豊富です。経験豊富な鑑定だからこそできる高額査定が当社にあります。
  • 4

    国内販売店の確立

    理由画像

    グループ会社が国内に販売店を構えており常に商品を供給できるシステムとなっております。新作はもちろん定番、珍しいアイテムなどもお任せください。
  • 5

    世界各国に
    供給ルートを確立

    理由画像

    国内の販売店だけではなく世界各国に買取した商品を供給できるルートを確立しておりますのでグローバルな視野で買取を行うことが可能です。
  • 6

    業界トップクラスの
    年間取扱金額

    理由画像

    買取エージェントは業界トップクラスの取り扱い実績を誇っております。豊富な実績があるからこそ一歩踏み込んだ買取ができます。

IWC買取を利用したお客様の声

  • 熱意を感じました!のイメージ画像

    銀座店

    熱意を感じました!

    30代男性

    銀座にはよく買い物に行くのですが、以前通りかかったときに目に残る印象の言葉を謳っていたのでサッカー日本代表ファンのわたしとしては一度行こうと思っていたので、今回インターのダヴィンチを売りに行かせていただきました。謳い文句通り他社に負けない買取金額で本当に満足しています。福永店長の買取の姿勢もかなり熱いものを感じることができ、店内の雰囲気もとても落ち着いていて、良い時間を過ごすことができました。

  • 紹介からでしたが高い買取金額で良かったです!のイメージ画像

    中野店

    紹介からでしたが高い買取金額で良かったです!

    30代男性

    時計好きの知人の紹介で御社を紹介されました。とにかく査定金額が高いとの事で他社さんと比べさせていただきました。その結果御社は一発でどこよりも高額の査定をしていただき、駆け引き無く気持ちよく売らせていただきました。対応していただいた内沼さんはイケメンで今回売ったマークのモデルに詳しく、安心して売れたのも良かったです。バック・ジュエリーも査定していただけるとのことなので次回もウッチー(笑)に査定してもらいたいです。

買取エージェント 店舗案内

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

IWC豆知識

IWCの歴史

IWCの歴史 インターやIWCの名で世界中に知られているインターナショナルウォッチカンパニーは1868年スイスのシャウハウゼにボストン出身で時計職人であったフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ氏が職人・実業家でもあったヨハン・ハイリッヒ・モーザーと共に創業しました。アメリカ市場に向けて高品質なポケットウォッチ(懐中時計)を製造する為に創業された為、社名はフランス語やドイツ語ではなく英語の社名になりました。
1880年にIWCの経営権がヨハネス・ラウンシェンバッハフォーゲルに移りますが、1881年父の死にともなって息子のヨハネス・ラウンシェンバッハ・シェンクが後継者として引き継ぎました。4年後の1885年に時間をデジタル表示するポケットウォッチを製作。当時はデジタル表示する事は画期的でとても注目されると2年後には24時間表示の『マジック』と呼ばれるポケットウォッチを開発しました。
IWCが初めて腕時計を製造したのは1899年。当時は女性用の懐中時計の“キャリバー64”を使用しました。
1915年には初の腕時計専用のムーヴメント“キャリバー75”と“キャリバー76”を製作し本格的に腕時計の製作を始め、その後も傑作と言われるムーヴメントを作り続けています。
『アクアタイマー』『インジュニア』『パイロットウォッチ』『ポートフィノ』などの人気モデルが様々ありますが、カンフーアクションでも有名は“ジャッキーチェン”とのコラボモデルなどもある人気ライン『ポルトギーゼ』は1939年に誕生すると、そのシンプルで高級感のあるデザインはIWCの中でもとても高い人気を誇っております。
1990年には、“ミニッツリピーター”“パーペチュアルカレンダー”“クロノグラフ”“ムーンフェイズ”機能を搭載した『グランドコンプリケーション』を製作し、高い技術力を世に知らしめました。2000年からリシュモングループに属しており、根強い人気を誇り続けているスイスの老舗時計ブランドです。

インジュニアシリーズ

インジュニアシリーズ インジュニアとは、ドイツ語でエンジニアという意味になり、パイロット向けに制作をされパイロットウォッチを元に民生用として開発されたのがきっかけです。耐磁性に優れており、電磁波の影響を嫌がる医師などのあいだで人気となりました。
現在では他の有名ブランドも耐磁性に力を入れるようになったのですが、まさにインジュニアシリーズはそのパイオニアといえます。
インジュニアが初めて登場したのは、1955年です。このころはシンプルラウンド形をしていました。1976年にモデルチェンジをしたインジュニアは、初代と大きく外見が変わりました。デザイナーのジェラルド・ジェンタ氏が手掛けており、IWCでは他にヨットクラブやゴルフクラブのデザインを担当しています。一時期途絶えていたインジュニアは、自社ムーブメントを適応し復活します。新しいコンセプトとして、大自然やスポーツにもあうモデルとしてサッカー選手や登山家とのコラボレーションを展開し、AMGペトロナスフォーミュラ・ワンチームとの公式技術パートナーになりました。このように現在のインジュニアはスポーツラインのモデルが主流となっています。

パイロットウォッチ

パイロットウォッチ パイロットウォッチシリーズはパイロット用に開発された時計で、飛行中のコックピットで使用できる強い耐久性と耐磁性、視認性を重点に開発されました。航空機器から着想を得たデザインと最先端の技術が融合した、実用性の高いコレクションです。英国軍のために製作したマークシリーズからは、多数のモデルが発表されています。
1936年に初のパイロットウォッチを発表し、1949年には英国軍のためにマーク11を製作します。45年後にはマーク12を発表、その後も15、16、17.、18と続く人気モデルとなりました。1992年にはブランド初の自動巻きダブルクロノグラフ、2002年にはキャリバー5011搭載のビッグ・パイロットを発表しています。パイロットウォッチシリーズはパイロットが飛行中のコックピットで使用するため、高い耐久性と視認性に加え磁気の影響にも耐える様、最先端の技術と精度を搭載しています。航空機器をイメージしたデザインも魅力で、サンテグジュペリやトップガン、スピットファイアなど、飛行機にちなんだ特別モデルも発表しています。「ビッグ・パイロット」と「マークシリーズ」は、代表的なクラシックとして最も人気のあるモデルです。有名なプロペラ機から着想を得た「スピットファイア」、フランスの作家に敬意を表した「サンテグジュペリ」、黒セラミックケースの「トップガン」など、まさに航空用時計といった名作が揃います。

アクアタイマー

アクアタイマー アクアタイマーシリーズはダイバーズウォッチとして高い機能性を兼ね備えた人気のあるシリーズです。
大きなポイントは、セーフダイブシステムです。回転式インナーベゼルの利点と回転式アウターベゼルの利便性を兼ね備えています。反時計回りにしか回転しないようになっており、ダイビングタイムの誤認を防げこれにより安全なダイビングを楽しむことが可能になります。1967年、当時のダイビング人気を受けてIWCからリリースされました。以来、数年に一度新しいモデルを発表しながら、技術に磨きをかけ多くのファンを獲得しています。

【アクアタイマーを代表するモデル】
・アクアタイマー・オートマティック IW329001
2014年に発売され、シンプルかつ高級感のあるデザインからビジネスシーンでも活躍します。セーブダイブシステム付き、30気圧対応、黒の文字盤にグリーンの夜光塗料で視認性が高いです。

・アクアタイマー・オートマティック IW329004
同じくオートマティックより、シルバーを基調としたタイプです。スペックは同じで、厚みや大きさを抑えケース径42mmとアクアタイマーシリーズの中で最小です。お好みのデザインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ダヴィンチシリーズ

ダヴィンチシリーズ レオナルド・ダ・ヴィンチの芸術性から着想を得た、IWCの人気シリーズです。何度もモデルチェンジを繰り返し、ベーシックなデザインからコンプリケーションまで、様々なモデルを発表してきました。ケースの形も時期によって変わるため、時計愛好家から高い支持を得ています。
初代モデルは1969年発表のクオーツ・エレクトロニックです。1985年には丸形ケースに永久カレンダーを搭載した「3705シリーズ」が大成功します。2000年には女性用のリトル・ダヴィンチ、2007年にはフルモデルチェンジしたクロノグラフを発表します。2017年には丸形ケースが復活しました。時代と共にモデルチェンジしてきたダヴィンチは、発表した時期によってデザインや機構が異なります。製造終了したモデルも時計愛好家に人気があるため、コレクションとしての資産価値が期待できます。特に丸形ケースは希少性もあることから、高い支持を得ています。
1985年発表の「3750シリーズ」、2007年発表の「クロノグラフ」を始め、2017年丸形ケース復刻モデルでは、「オートマティック36」「クロノグラフ」「トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフ」「パーペチュアル・カレンダー・クロノグラフ」「オートマティック36ムーンフェイズ」などが展開されているダヴィンチシリーズです。

ポートフィノ

ポートフィノ 「ポートフィノ」は、IWCの代表的なシリーズです。イタリアの小さな港町“ポートフィノ”。裏蓋には、ポートフィノの美しい街並みが施されています。それは、まるで絵画のようです。文字盤は一切の無駄を排除した、飾り気のないシンプルなデザイン。時代に左右されないクラシカルなポートフィノシリーズは、男女問わず広く愛されています。
IWCシリーズは大きめのモデルが主流ですが、ポートフィノのサイズ展開は多彩です。過去には34ミリと小ぶりなサイズも製造されていましたが、現行の主流なモデルは40ミリサイズ。現在のトレンドに合った、若い方にも使いやすいサイズが展開されています。
万人に愛されるシンプルさと、高貴な雰囲気を併せ持つポートフィノシリーズ。ワンランク上の一本をお持ちになりたい方へおすすめの一品です。

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら

×