Habmann(ハッフマン)の買取強化中!

Habmann(ハッフマン)の買取強化中!

買取エージェントはHabmann(ハッフマン)を高価買取しております。

皆様は懐中時計に対してどのようなイメージをお持ちですか?「腕時計より高そう…。」と、こんなイメージをお持ちではないでしょうか?実は懐中時計といっても、種類やブランドは多くあり、価格帯も様々。そこで今回は、リーズナブルで比較的手に入りやすいHabmann(ハッフマン)の懐中時計をご紹介します。ドイツにて創業されたHabmann(ハッフマン)は、懐中時計にこだわり続け、腕時計が主流となった現在でも伝統的な懐中時計を生産し続けています。そんなHabmann(ハッフマン)の特徴は、精巧な作りでありながらもリーズナブルな価格で購入できるということ。10万円以上する懐中時計を販売するブランドもありますが、Habmann(ハッフマン)では3~5万円の商品が主流です。そのため、一般の方からコレクターの方まで幅広く人気があります。

買取エージェントは、そんなHabmann(ハッフマン)を買取強化中です。もし、使わなくなったHabmann(ハッフマン)の商品をお持ちの方は、ぜひ買取エージェントの無料査定をお試しください。

Habmann(ハッフマン)の買取について

Habmann(ハッフマン)の買取について

Habmann(ハッフマン)では、様々な種類の懐中時計が販売されています。例えば、定番スタイルのハンターケース型。これは、懐中時計にふたが付いているタイプの懐中時計で、皆様が1番イメージする懐中時計ではないでしょうか?このハンターケース型と対照的なのがオープンフェイス型です。こちらのオープンフェイス型は、懐中時計にふたがないことが特徴で、時間の確認がすぐにできるというメリットがあります。また、Habmann(ハッフマン)ではスケルトン型の懐中時計も人気があります。スケルトン型はその名の通りムーブメントなどの内部が見えるデザインになっており、Habmann(ハッフマン)ではフロントとバックの両方がスケルトンになっているものがあります。美しく装飾されたムーブメントがまるでジュエリーのようなので、非常に人気の高い商品となっています。Habmann(ハッフマン)では、このようなスケルトン型を中心とした懐中時計の人気が高く、どんなに古いモデルであってもその人気は衰えません。

買取エージェントはこうしたHabmann(ハッフマン)の時計を高く買取しております。Habmann(ハッフマン)は歴史と伝統ある懐中時計ブランドで、買取市場でも常に需要のあるブランドの1つです。お客様がお持ちのHabmann(ハッフマン)も買取エージェントが高価買取しますので、ぜひ査定、買取にお申し込みください。

*

他社よりも高額買取

Habmann(ハッフマン) 31471CROHなら

  • S社査定額
  • A社査定額
  • Y社査定額
  • 3,500円
  • 2,800円
  • 3,100円

3,800

高額買取できる3つの理由

Habmann(ハッフマン)の買取実績

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    ハンターケースタイプのこちらのハッフマンは、スモールセコンド表示ありのモデルで¥3,100での買取となりました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    ハッフマン人気のスケルトン仕様のこちらはゴールド製となっており、買取額は¥3,500となりました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    午前午後表示付きのこちらのモデルは蓋つきタイプで買取額は¥3,600にて買取致しました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    ローマ数字のダイヤルがオシャレなこちらのスケルトンモデルは32036CROHで¥3,850にて買取致しました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    24時間ダイヤル付きのこちらはハッフマンで人気の32657GASLモデルで買取額は¥3,400にて買取致しました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    懐中時計の醍醐味である複雑なムーブメントが見えるこちらのモデルは¥4,200にて買取致しました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    シンプルな文字盤が特徴的なこちらはもらいものということですが状態が良く、買取額は¥3,800となりました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    蓋つきのスケルトン手巻き式のハッフマン31471CROH はプレゼントということで¥3,900にて買取致しました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    数年前に購入したというハッフマンのスケルトンモデル31471CROHを¥3,450にて買取致しました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    ほとんど新品に近いこちらのハッフマンのスケルトンモデルは¥3,600にて買取致しました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    オープンフェイス使用のこちらのスケルトンモデルは、ほとんど使用していないとのことで¥2,800にて買取致しました!

  • Habmann(ハッフマン)買取実績

    前蓋つきのシンプルな懐中時計は、長年使用していなかったということで¥2,300にて買取致しました!

訳あり商品も買取いたします 高額買取のポイント
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

Habmann(ハッフマン)買取をご利用頂いたお客様の声

査定も入金も素晴らしいスピードでした。

50代男性

査定も入金も素晴らしいスピードでした。

査定、入金ともにスピードは素晴らしかったです。
宅配買取を利用しましたが、査定に3日以上がかかるのが当たり前のなか、買取エージェントは翌日には返事をいただきました。事前にLINE査定でおおよその価格はわかっていましたし、最初から売るつもりだったのですぐに入金をしてもらうことになりました。こちらの入金も素早く、やはりこちらも翌日には指定の口座に振り込みされていました。非常に素早く査定、入金をしてもらえるので満足しています。
価格も予想より上だったので、こちらもとても満足しています。希望すれば相場についても教えてもらうことができますし、問い合わせにも親切に対応してもらえました。引き続き利用していきたいです。

トラブルなく終わりました

40代男性

トラブルなく終わりました

ずっと使っていなかった時計を売りました。知人からもらったのですが、趣味に合わず使わずじまいでした。買取エージェントの流れとしては申込みをして、宅配キットをもらい、売る物を詰めて発送、結果をメールで待つという、ほかとあまり変わりない方法です。査定結果は電話でも教えてもらえるらしいですが、わたしはメールにしてもらいました。買取エージェントに売って良かったなと思ったのは、はやくしてもらえた事です。LINE査定のやりとりもすごくスムーズで好感を持てたので、買取に出しましたが、買取のやりとりもスムーズに終わりました。宅配買取でキャンセルしたのに返送してもらえなかったり、すぐに入金をしてもらえなかった経験があったので、買取エージェントはそういうことがなくてよかったです。

Habmann(ハッフマン)について

懐中時計ブランドのHabmann(ハッフマン)が誕生したのはモノづくり大国のドイツでした。1923年、ドイツのフォルツハイムにてカールフリードリックハッフマンは時計の製作を開始。彼はドイツ時計の伝統的技術の踏襲し、高度な技術を要する懐中時計を生み出しました。精巧な作りで彼の懐中時計は次第に人気となり、ドイツで知られるブランドへと成長しましたが、第二次世界大戦で工房が消滅し、一時は生産が中断されることになりました。戦後、Habmann(ハッフマン)は懐中時計の生産を開始。復活を遂げたHabmann(ハッフマン)は1958年のブリュッセル万国博覧会で特別賞を獲得しました。そんなHabmann(ハッフマン)は、ムーブメントなどの作りのみならず卓越した彫金技術を持ち合わせていました。そのため、Habmann(ハッフマン)にはムーブメントに彫金技術が施されていたり、さらには全体をゴールドメッキ処理した懐中時計も発表しており、Habmann(ハッフマン)は金を使用した懐中時計としても知られています。

そんなHabmann(ハッフマン)の懐中時計は、買取エージェントに査定に出しませんか?経験豊富なスタッフがお客様の商品を丁寧に査定させていただきます。皆様のたくさんのご利用をお待ちしております。

ナポレオン

ナポレオン

Habmann(ハッフマン)は、1923年のドイツ時計やジュエリー産地の中心地であったフォルムハイツで創業されました。一度は第二次世界大戦で破壊されてしまったものの、終戦後強い熱意によってふたたび復活することtなりました。

職人技を駆使した丁寧な時計ケースに、複雑機構を搭載した懐中時計は、ドイツのものづくりを世界に広めることとなり、現在でも時計愛好家たちから高く評価されています。

懐中時計の魅力と言えば、実用面でも利用することができる上、見ることや飾ることでも楽しめるという点です。芸術品のように美しい懐中時計は、部屋に飾っているだけでもアンティーク家具のような美しさがあります。

また、懐中時計にはムーブメントの美しさだけでなく、ケースのデザインにも注目したいところ。ナポレオンとは、ケースの仕様の名前で、時計の前蓋に小さな小窓があることから、蓋を開けなくても時刻が確認できるように作られているものです。

なぜナポレオンという名がついたのかというと、ケースを開閉する手間が煩わしかったため、ナイフで前蓋に穴を掘ってしまったというのが由来と言われています。ナポレオンは実用面でも特化しているので、懐中時計を持ち歩きたい人にもおすすめです。

Sun&Moon

Sun&Moon

ドイツの時計制作の伝統を継承して、今もなお懐中時計を作り続けているブランド「Habmann(ハッフマン)」。懐中時計は時代によって外観もデザインも大きく異なることから、コレクションとしても楽しみ方もできる時計です。

Habmann(ハッフマン)では、美術品のような繊細な彫りや、ムーブメントが見えるスケルトン仕様など、時計好きにはたまらない要素が散りばめられたドイツ屈指の時計ブランドです。

「Sun&Moon」とは、午前午後の表示がされる機能が付いたもので、文字盤のデザインにも太陽が描かれるなど、懐中時計ならではのロマンチックな仕上がりが特徴。ケースはハンターケースと言われる前蓋が付いているタイプで、前蓋がないタイプと比べてケースに美しい彫刻があるのが魅力です。

腕時計と異なり、時刻を確認する道具としてだけではなく、見ていて息を飲むような美しさがあるのが懐中時計の魅力です。懐中時計に興味がある人は、Habmann(ハッフマン)は外せないブランドですので、ぜひチェックしてみてください。

スケルトン

スケルトン

Habmann(ハッフマン)は、1923年にドイツのフォルムハイツで初代当主カール・フリードリックハッフマンによって創業された懐中時計ブランドです。懐中時計が全盛期だった時代から現在に至るまで、伝統技術を継承しながら時計作りを続けています。

懐中時計はコレクターが多く、時計愛好家の人にも熱心なファンが多いのですが、Habmann(ハッフマン)はドイツ屈指の懐中時計メーカーであることから、一目置かれる存在となっています。

様々なケースバリエーションや文字盤、ムーブメントがありますが、特に人気が高いのは、やはりムーブメント美しさを味わうことができる「スケルトン」です。前蓋がないオープンフェイスタイプなので、使い勝手の良さとムーブメントの美しさを両方で味わいたいという人におすすめのデザインです。バッグもスケルトン仕様となっているので、ついつい眺めていたくなるような美しさです。

表面はミネラルガラスでできているため、前蓋ありのものよりも大事に扱う必要があることからも、実用的な時計というよりかは、飾りやインテリアとして楽しむ方がおすすめです。

サボネット

サボネット

ドイツ屈指の時計メーカーとして名声を博している「Habmann(ハッフマン)」では、伝統的なクラフツマンシップに則った時計制作を継承し、卓越した彫金技術を駆使して、独創的な懐中時計を生みだしています。

文字版や前蓋の有無、前蓋の彫刻に至るまで、懐中時計らしいロマンチックな美しさにこだわっているから、実用面だけでなくインテリアとしても楽しめる仕上がりとなっています。

「サボネット」とは、時計の両面に蓋が付いているタイプのケースのことで、ハンターケースとも呼ばれます。オープンフェイスと比べ、ケース装飾に花があるものが多く、写真のモデル「31906CRSL」でも、ケースに縦縞の彫刻模様があるのが特徴。デザインがシンプルであることや、蓋が付いていることからも、実用使いとしてもおすすめです。

懐中時計は、腕時計よりも幅広い楽しみ方ができるものです。ケース装飾や文字盤のデザイン、ムーブメントの美しさなど、バリエーションも非常に豊富なので、お気に入りのデザインを見つけてみてはいかがでしょうか。

買取エージェント 店舗案内

0120-954-800
  • 買取エージェント 銀座店
  • 買取エージェント 渋谷店
  • 買取エージェント 中野店
  • 一風騎士 本店
  • 一風騎士 新宿店
  • 買取エージェント 心斎橋店
  • 一風騎士 渋谷店
  • 一風騎士 心斎橋店
  • 一風騎士 中野ブロードウェイ店
  • 一風騎士 大阪本店
  • 買取エージェント 新宿店
  • 買取エージェント 上野御徒町店
完全無料買取の申し込みはこちら
  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取
pagetop