長年愛され続けるGUCCI(グッチ)の代表シリーズ、ジャッキーライン

作成日:2017年05月06日
最終更新日:2018年03月07日

グッチの画像

本日はGUCCI(グッチ)の有名ライン、ジャッキーラインについて紹介したいと思います。革製品からGGキャンパス等今やいろいろな素材、形のバッグや財布が誕生していますよね。知らない人は少ないのではないでしょうか?特徴である金具の部分がインパクトになっていて可愛いです。そんなジャッキーラインについて詳しく見ていきましょう♪

ジャッキーラインの名前の由来は?

「ジャッキーラインの名前の由来は?」のイメージ画像

ジャッキーラインといったら今や世界中で有名なGUCCI(グッチ)を代表するコレクションなので、知らない人は少ないかと思います。それではなぜジャッキーという名前なのか知っていますか?実は、元アメリカ大統領夫人である、海運王オナシスの妻ジャクリーヌの愛称からジャッキーは来ています。ジャクリーヌは長年GUCCI(グッチ)を愛用し続けていたので、彼女の愛用にしていたバッグのデザインの名前をジャッキーラインと呼ぶようになったんだそうです。少し意外なところから来ているんですね。自分自身が好きで使っていたGUCCI(グッチ)のバッグに自分の名前がつけられた気持ちは計り知れないですね。

ジャッキーラインの移り変わり

「ジャッキーラインの移り変わり」のイメージ画像

ジャッキーバッグはGUCCI(グッチ)の歴史の中でも一際特別な存在です。1950年代に初めて登場したこのバッグは、たちまち世界中の話題となりました。クリエイティブディレクターのフリーダジャンニーニががそのジャッキーバッグをニュージャッキーバッグとした現代風にアレンジしてよみがえらせたのが2009年の春夏のことです。ニュージャッキーバッグはオリジナルの丸みをもった形やクロージャ―などのディテールの魅力はそのままに、大きなタッセルをほどすことでモード感をくわえたり、収容力や体のラインにルーズにフィットするソフトな素材使いを取り入れるなど、現代の女性好みにフォーカスした新たなデザインで登場し、たちまち話題となりました。
そしてまた新しく表れたのが、クラシックなデザインに回帰しながらも、ディテールを新たに改良した新ジャッキーバッグです。素材は上質さを重視し、クロコダイルやパイソン、オーストリッチ、とても柔らかいカーフなどが使われています。これらプレシャススキンを使い仕上げられたバッグは見事としか言いようがありません。GUCCI(グッチ)ならではのクラフツマンシップ溢れるディテールももちろん健在です。大ぶりなレザートップステッチはハンドメイドで、フィレンツェ特有の馬具職人の鞍づくり手法を取り入れているんだそうです。この新作で注目したいのが、2ウェイ仕様になったことです。ショルダーストラップは長さの調節をすることができ、ショルダーバッグとしても、ハンドバッグとしても使うことができます。いつの時代になっても見るものを惹きつけてやまない普遍的な魅力と、フィレンツェの伝統が息づくクラフツマンシップ、そして現代に生きるGUCCI(グッチ)ウーマンのために改良された機能性や収容力。GUCCI(グッチ)のジャッキーバッグは様々な魅力をもって進化し続けています。

ラインと金具

「ラインと金具」のイメージ画像

GUCCI(グッチ)の製品はルイヴィトンのように、素材にライン名があるのではなく、バッグの飾りに対して、ライン名があります。飾り金具がついているGGキャンパスモデルはライン名で呼ばれることもありますが、ほとんどジャッキーラインで認識されているそうです。GUCCI(グッチ)シマの場合はチャームが付いていて、GUCCI(グッチ)シマで統一されていることが多いです。
それではジャッキーラインの金具はどのようなものなのかというと、四角い開閉型の金具が特徴的です。しかしこれは古いタイプのもので、新しいジャッキーラインには円筒形の開閉金具が用いられています。このようにGUCCI(グッチ)のラインは金具が特徴だということがわかりました。素材でラインが分かれていることが多かったのでそのあたりはGUCCI(グッチ)ならではですね。ジャッキーラインの他にも例えばカンデンスキーラインだと、ソリッド感があるクリップ式の金具が特徴で、アビーラインだとDリングとリベット金具が特徴…などがあります。いろいろな観点からそれぞれのシリーズを見てみるのも面白いですね。この他にもGUCCI(グッチ)にはたくさんのラインがありますので、興味のある方はいろいろ調べてみても楽しいかもしれませんね。

GUCCI(グッチ)の絶対的存在であるジャッキーライン

「GUCCI(グッチ)の絶対的存在であるジャッキーライン」のイメージ画像

以上、GUCCI(グッチ)のジャッキーラインを紹介しました。いかがでしたか。GUCCI(グッチ)にとってジャッキーラインは絶対的存在で、GUCCI(グッチ)といったらジャッキーラインを思い浮かべる人も多いかと思います。その魅力は様々ですが、人気は発売当初から衰えることがなく、時を経るにつれて、一緒に進化してきてるラインです。時代に合わせて、ぴったりのジャッキーラインが続々と登場してきています。時代の最先端であり、機能性もバツグンですが、GUCCI(グッチ)の伝統的な部分があったり、少しヴィンテージ感もあったり本当にオシャレで使いやすいシリーズなんです。ぜひGUCCI(グッチ)のジャッキーラインの魅力を知っていってください。

関連アイテムの買取価格はこちら

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら