2018/04/19 ( Thu )

24金?18金って何?金の種類について!

金という素材はご存知の方が多いのではないでしょうか。金製品はとても高いイメージがありますし実際に付けるのに躊躇する方も多いかもしれません。しかしファッションアイテム、ジュエリーとして素晴らしく魅力的でとても多くの人を魅了し彩って来ました。金やプラチナを身につけるだけでコーディネートを高級感あふれる印象にしてくれますし、ラグジュアリーな雰囲気にしてくれる事間違いありません。また金は価値が下がりにくいという特徴があります。昔から価値があるものと知られていますが、貨幣の価値が下がったとしても、その価値が下がりにくくなっています。金やプラチナ製品ももちろんですが、これらも未来永劫に価値が下がりにくくなっています。このため、世代を超えて受け渡すことが出来るのが大きな魅力となっています。大切な金製品があれば、それは家族などに代々譲り渡すことが出来たり、宝物として、次世代へと繋げることも出来ます。今回はそんな金の純度について注目して行きたいと思います。純金?24金?18金?って何だろうと思われている方に向けてご説明をしたいと思います。

 

24金

金の純度・表記について。

img

まず始めに金の純度と種類についてですが

24金=純度99.9%

22金=純度91.7%

20金=純度83.4%

18金=純度75%

14金=純度53.5%

10金=純度42%となります。

ホワイトゴールド・ピンクゴールドと言う色味について

img

純金には見られませんがアクセサリーで白色の色をした金を見たことがありますか??同じ金でも色味が違うものがあります。

例えば

18金・イエローゴールド

18金・ホワイトゴールド

18金・ピンクゴールド

などはどれも金の純度と言うのは75%で一緒です。残りの25%の混ぜ物によって金の色が変わってくるのです。例えばホワイトゴールドであればパラジウムを、ピンクゴールドは銅を混ぜることによって独特の色味になるのです。同じ金でもホワイトーゴールドの方が値段が高い場合がありますがこれはホワイトゴールドに含まれるパラジウムの値段が高い事が理由に挙げられます。

またこれは18金だけではありません。14金や10金などにもこの色味のバリエーションがあります。また最近では時計にローズゴールドといった素材などがありますが、これはそのブランドが独自の研究によって配合が違ったりします。大体この三つが現在代表的な金の色味になりますが今後は少し変わっていくかもしれません。

『純度99.9%』最も金の純度が高い純金!

img

まず始めに金は純度99.9%の物を純金と言い日本での24分率で表示をします。そのため一番純度が高い金を24金と言います。24金の特徴としましては金はもともととても柔らかい素材のため24金はあまりネックレスや指輪には向いておりません。そのためコインやインゴッドバーのような資産価値としての金は普段使わないため24金を使われますが、あまりアクセサリーには使われないのはそう言った理由があります。またこれは純度とは少し話が違いますがよく24金のコインなどに『1OZ』と言う表記があります。これはトロイオンスと言う重さの表記方法で1OZは31.1g

となっています。その為『1/ 2・OZ』とあれば単純に31.1gの半分の重さの約15.5gと言う事になります。新聞などで金の値段が載っていたりしますが基本的にこの金額は24金の価格になっています。金の中でも最も高いのが純金である24金です。

『純度83%•91%』海外製に多く見られる20金~22金

img

国内ではなかなか使われない純度で海外で作られた製品に見られる20金、22金。

18金よりも色味が濃く少し柔らかい為、金をたくさん見たことがある方が見れば見た目でわかるかもしれせん。刻印は”834”、”916”と言った表記になります。20金・22金のホワイトゴールドは存在しません。全てイエローゴールドになります。

『純度75%』アクセサリーなどに多く使われる18金!

img

金と言ったら18金と言う響きが一番しっくりくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

75%が金を使用しており残りは色味によってそれぞれ異なります。金と言ったら喜平と呼ばれる二本のチェーンが絡み合った物をイメージされる方もいらっしゃるかと思いますが、喜平の多くが18金です。中にはもう少し純度が高い物や低いものもありますが、ほとんどと言っても良いほど18金になります。またカルティエやブルガリ、ティファニーなどのジュエリーも金の純度は純度75%の18金を使用しております。またこれも余談ですがロレックスやその他高級時計ブランドは現在ほとんどが18金を使っていますが昔のモデルには14金なども見られます。

『純度58%』近年よくみる純度の14金

img

以前までは金の価格がここまで高くなかった為アクセサリーには18金が使われておりましたが、最近は高騰もあり純度が低い14金が使われることが多くあります。18金に比べると色味が若干薄い為見る人が見れば14金だと分かるかもしれません!これからもっともっと金が高騰すると14金が主流になる可能性もありますね。

『純度42%』純度は低いけど魅力的な素材!

img

純度が42%と金自体は半分もありませんが、その分硬く変形などにも強い素材です。

ピンクゴールドなどもあり、素材の価格が抑えられている分デザインが凝ったものも多くあります。イエローゴールドなどになると多少濃さは薄いもののそれはそれでカジュアル感があり魅力的です。

関連する買取商品まとめ

関連する豆知識まとめ

  • アクセサリー

    金の保管とクリーニングってどうしたら良いの??

    以前は好きで金やプラチナのアクセサリーを集めていた方や買われていたけど、買って数年すると気づいたらつけなくなっている物などが出てくるかと思います。 使っている時は特に気にならなかったけど、いざちゃんと見て見ると変色してると言う方も中にはいら...

  • カルティエの画像

    宝石商の王、カルティエの鮮やかなる歴史

      フランスから誕生したジュエリー・高級時計ブランド、カルティエ(Cartier)。高級時計や指輪などを始め、アクセサリーから財布まで数多くのアイテムを展開してきている人気ブランドです。カルティエ(Cartier)の歴史は長く、...

  • 指輪

    いつの時代も色あせない金とプラチナについて

    金と言えば指輪やネックレスなどのアクセサリーとしての価値が身近ですが工業用にも幅広く使われています。更に投資商品としての価値があり24時間世界中で取引されています。 今回は指輪やネックレスなどアクセサリーなどにも使われ、投資目的としても注目...

  • 投資

    投資目的で買うなら金?それともプラチナ?

    いつの時代も金やプラチナを投資目的で売買する人達が多く存在します。そこで金とプラチナにはそれぞれどのような投資価値や特徴があるのか説明していきます。 一番最初に言っておきたい事が一つあります。それは金、プラチナは今後上がるか下がるかは株など...

  • thinker-1027594__340

    せっかく買うなら金の知識を深めよう!

    女性にとってジュエリーは、いつの時代も永遠の憧れの象徴であり金のジュエリーやプラチナのジュエリーを贈られて嬉しくない女性はほとんどいないはずです。女性なら誰もが金、プラチナ製品を身につければワンランク上の装いを楽しむことができる手軽さが人気...

pagetop