2018/08/22 ( Wed )

長年愛される金の魅力

金というのは非常に値打ちが高く、希少価値があるもので採掘できる場所が限られていて、希少な資源として知られています。しかも採掘できる場所は、世界でも環境の厳しいところということがほとんどですので、金を採掘できる量も限られています。限りある資源ということもあり今後は今よりも金が少なくなってしまうとも言われております。今回はそんな金の魅力についてまとめて行きたいと思います。

 

金 魅力

金はもっと上昇する?

img

金製品、ゴールドの値打ちは下がることはないとも言われております。お金や紙幣の価値は、国の経済状況によって変動してしまいがちですし、国が破綻すれば紙幣すら紙切れ同然となってしまうこともあります。しかし金は世界中において一定の価値がありますので値下がりがしにくのが現状です。ゴールドの塊を持っていれば、それは次世代へと引き継ぐことが出来て、資産価値がずっとあり続けるのです。このため、一定の紙幣を金に替えて持っているという方も多いのです。ネックレスや指輪などアクセサリーとしての一面を持つ金ですが投資としても高い需要がありますので実物資産が注目される近年特に重宝されている素材です。

どの時代でも大切にされている金

img

古来より珍重されてきた理由をご存知ですか?

それはまず第一に、その希少性にあります。金は数ある自然由来の元素の中でも、トップクラスに地球における含有量が少ない金属なのです。貴重であるということはそれだけ希少性が高まり、そのもの自体を大事に扱うようになる理由になることは明白です。金独自が持つ見た目の魅力も金が珍重させる理由を語る上で重要なファクターとなります。金光沢は皆さんご存知の通り、皆をうっとりとさせその欲求を刺激する輝きを持っています。これは現代人だけがそう思うというわけではなく、人類が人類となった自体から受け継がれている意識なのです。潜在的に金の美しさというものは人間のDNAレベルで刷り込まれているものなのかもしれません。

リサイクルされる金

img

ずっと大切にされている金と言う素材ですが一つ大きな利点があります。それは加工のしやすさです。金属としては随一に融点が低いため、金は溶かすことでどんな形にも簡単に姿を変えます。その柔軟性は、アクセサリ類への加工に大いに向いており、貴族や王族に珍重されてきたという経緯を持つのです。このように金が現代において大きく価値を持つのは、様々な要因が合致されて相互に魅力を高めあった結果だということがわかります。

なぜアクセサリーには18金が使われる?

img

古くからアクセサリーの素材として人気がある金ですが、金のアクセサリーには18金のものが多く使われます。それはなぜだろうと疑問に思ったことがある方もいらっしゃるのではないかと思います。そもそも金の純度というのは数段階に分けられており、いわゆる純金と呼ばれるものは24金になります。そのため本来であれば24金のほうがアクセサリーとしては人気があるのではと思うこともあるでしょう。24金は確かに金の美しさが映えるものですが、実は金属の中では少し柔らかさが強いためアクセサリーにするには些か不向きです。そのため金でアクセサリーを作りたいと思ったのであれば、銀や銅など金より固い金属を少し混ぜて耐久性を高めることが必要となります。勿論他の金属の割合が増えれば増えるほど金の価値は下がってしまいますから、金の魅力を損なわずに強度を上げることができる割合である18金がアクセサリーには人気なのです。また、使用されている金属によって金の色味も異なってきますから、女性らしいピンクゴールドや透明感が美しいホワイトゴールドなど新たな魅力を備えることができるという点でも人気が高くなっています。18金のアクセサリーは24金よりも色味のバリエーションも多く、耐久度も上がるため長く使える魅力的なアクセサリーであるといえるかもしれません。

お金よりも信頼がある

img

日本人の多くは金よりも現金を持っている方が良いと考えるかと思いますがで世界的に見ると必ずしも金よりも現金が良いと思っているという事でもないと言えます。なぜなら世界的には国が発行している通貨の信用度は意外と低いからです。国が発行している通貨よりも金を持っておいた方が富を保てると思う人がいるので金の価値は一定程度維持されるというのがあります。

日本では金はただの資産運用や金の装飾品としての価値しかないと思っている人が多いですが世界では金はお金以上の価値がある物として珍重されているというのがあってこれから先もずっと価値を維持し続けるという意味でこれほど資産価値がある鉱物は他にはないと言っても過言ではないです。

まとめ

img

以上今回は長い間大切されている金と言う素材についてまとめました。ダイヤモンドなどの宝石との相性も抜群で引き立て役としての一面がある金ですが、素材自体がとても希少性があります。これからもずっと大切にされることは間違いないでしょう。

関連する買取商品まとめ

関連する豆知識まとめ

  • 24金

    24金?18金って何?金の種類について!

    金という素材はご存知の方が多いのではないでしょうか。金製品はとても高いイメージがありますし実際に付けるのに躊躇する方も多いかもしれません。しかしファッションアイテム、ジュエリーとして素晴らしく魅力的でとても多くの人を魅了し彩って来ました。金...

  • 指輪

    いつの時代も色あせない金とプラチナについて

    金と言えば指輪やネックレスなどのアクセサリーとしての価値が身近ですが工業用にも幅広く使われています。更に投資商品としての価値があり24時間世界中で取引されています。 今回は指輪やネックレスなどアクセサリーなどにも使われ、投資目的としても注目...

  • thinker-1027594__340

    せっかく買うなら金の知識を深めよう!

    女性にとってジュエリーは、いつの時代も永遠の憧れの象徴であり金のジュエリーやプラチナのジュエリーを贈られて嬉しくない女性はほとんどいないはずです。女性なら誰もが金、プラチナ製品を身につければワンランク上の装いを楽しむことができる手軽さが人気...

  • 金

    希少性が高い金とプラチナについて

    金とプラチナは宝飾品に使われる素材として一般的です。 結婚指輪やネックレスピアスなどの宝飾品を持っている人は、金やプラチナ素材の物をひとつくらい持っているのではないでしょうか。金やプラチナには非常に魅力がたくさんあります。まずは、価値が変動...

  • 投資

    投資目的で買うなら金?それともプラチナ?

    いつの時代も金やプラチナを投資目的で売買する人達が多く存在します。そこで金とプラチナにはそれぞれどのような投資価値や特徴があるのか説明していきます。 一番最初に言っておきたい事が一つあります。それは金、プラチナは今後上がるか下がるかは株など...

pagetop