2018/08/10 ( Fri )

金とプラチナの価格差ってどれくらい?

資産価値が高い素材といえば『金』と『プラチナ』が有名です。しかし実際にはどちらの素材が高いかご存知ですか?株や為替、仮想通貨などと同様に金やプラチナは日によって価格の変動はありますが今回は金とプラチナの価格の比較についてまとめ行きたいと思います。

 

金 プラチナ 価格差

金とプラチナの価格差

img

金とプラチナですとイメージではプラチナの方が高いと言うイメージがあるのではないでしょうか。クレジットカードでもゴールドカードよりもプラチナカードの方がグレード高く、会員でもゴールドメンバーよりもプラチナメンバーの方がグレードが高いのでどうしてもそう言うイメージがあるかと思います。しかし今現在では金の方が高い価格で取引をされております。これは意外だと思う方も多いのではないでしょうか。どれぐらい違うかと言いますと、2018年7月時点で一グラムあたり1,500円ほど金が高くなっております。※純金・純プラチナで比較

2018年3月時点では1オンスあたり約300ドルも差がありましたが現在これが約420ドルほどの差になっており取引価格で言いますと2015年頃から金価格の方が高くなっています。もちろんこれは日によっても変わってきますが、これほどの差になっているのには驚きです。

プラチナの価格の動きについて

img

それでは個々の素材別に数年でどれぐらい価格が変わったか見て行きましょう。
まず2018年7月の時点ではプラチナが3366円となっており約3300円代の半ばです。

一年前の2017年7月時点=¥3300〜3400

一年前に比べるとあまり変わっていないのが分かります。それではもう一年遡って見ましょう。

二年前・2016年7月時点=¥3400〜3900

日によって大きく変動がありましたが高い日では4000円近いときもありましたので、そこから見るとこの辺りから変わってきている事が分かります。

ではもっと遡って5年前を見ましょう。

五年前・2013年7月時点=¥4300〜4800

五年前のプラチナの価格が今の純金ぐらいでしたので、逆になってしまいました。

そして10年前の2018年・7月ではプラチナ6000〜7000円を推移しておりました。プラチナが高いと言うイメージはこのあたりの値段が頭にあるからではないでしょうか。

この10年でいかにプラチナの値段が下がってしまった事が分かります。

プラチナはどうして値段が下がった?

プラチナが下がった理由に関してですがこの要因に関してはいくつかあると言われております。理由の一つですが、プラチナは、ディーゼルエンジンの自動車の触媒で使われるなどの需要があります。ですが電気自動車の普及によりプラチナの需要が以前より減ってしまったと言われております。アクセサリー以外にも需要があるプラチナならではの理由ではないでしょうか。しかし、プラチナの総需要自体は、安定していて金よりも安定しているという統計結果も出ています。今後のプラチナ値動きは注目です。

金の価格の動きについて

img

プラチナは10年前と現在を比べると半分ぐらいの価格になってしまった事が分かりました。では金はどうでしょう。最初にも述べましたが現在は金の方がプラチナよりも高くなっています。

現在の価格 2018年7月=¥4,835

これが高いか安いかなかなか分からない方も多いと思います。10年前と比較して見ましょう。

2008年7月=¥3,100〜3,300 

これを見ると10年前に比べると現在金の価格は1.4倍になっている事が分かります。ピント来ないかもしれませんがこれは1グラムでこれだけ変わっていますので、例えばよくテレビなどで見かける延べ棒を例にして見ると2008年7月時点では300万円だったものが今では480万円ほどになっている計算になります。テレビなどでもよく金の価格が高騰したと取り上げられれておりますが、これほど変わっているのです。

なぜ金がこれほど高騰した?

img

さて金の価格がどれぐらい高騰したかと言うのはお分かり頂けかと思いますが、どうしてここまで上がったか気になりますね。要因は一つではありませんが、そもそも需要が増えたため金が高騰しました。金という素材は全世界共通して価値がある素材として重宝されております。以前に比べると不透明な時代となり実物資産として金を持つ方が増えた為だと言われております。万が一何か景気が悪くなった場合土地や不動産、その他金融資産は大きく価値が下がる可能性があります。どんなに現金を所有していてもお金そのものの価値がなくなってしまうと意味がなくなってしまいますよね。そう言ったリスクヘッジの一環として全世界で共通して需要がある金への需要が増えたのです。金とは、それだけの信用力と魅力があるわけです。また中国の景気が良くなった為中国の方が金製品を多く求めたためとも言われております。色々な要因が重なって金はここまで高騰しました。アクセサリーなどに広く使われる金はきっとこれからも多くの人を魅了し続ける事でしょう。

関連する買取商品まとめ

関連する豆知識まとめ

  • 24金

    24金?18金って何?金の種類について!

    金という素材はご存知の方が多いのではないでしょうか。金製品はとても高いイメージがありますし実際に付けるのに躊躇する方も多いかもしれません。しかしファッションアイテム、ジュエリーとして素晴らしく魅力的でとても多くの人を魅了し彩って来ました。金...

  • 指輪

    いつの時代も色あせない金とプラチナについて

    金と言えば指輪やネックレスなどのアクセサリーとしての価値が身近ですが工業用にも幅広く使われています。更に投資商品としての価値があり24時間世界中で取引されています。 今回は指輪やネックレスなどアクセサリーなどにも使われ、投資目的としても注目...

  • thinker-1027594__340

    せっかく買うなら金の知識を深めよう!

    女性にとってジュエリーは、いつの時代も永遠の憧れの象徴であり金のジュエリーやプラチナのジュエリーを贈られて嬉しくない女性はほとんどいないはずです。女性なら誰もが金、プラチナ製品を身につければワンランク上の装いを楽しむことができる手軽さが人気...

  • 金

    希少性が高い金とプラチナについて

    金とプラチナは宝飾品に使われる素材として一般的です。 結婚指輪やネックレスピアスなどの宝飾品を持っている人は、金やプラチナ素材の物をひとつくらい持っているのではないでしょうか。金やプラチナには非常に魅力がたくさんあります。まずは、価値が変動...

  • 投資

    投資目的で買うなら金?それともプラチナ?

    いつの時代も金やプラチナを投資目的で売買する人達が多く存在します。そこで金とプラチナにはそれぞれどのような投資価値や特徴があるのか説明していきます。 一番最初に言っておきたい事が一つあります。それは金、プラチナは今後上がるか下がるかは株など...

pagetop