ヨットマスターの人気モデル「ダークロジウム」の魅力とは

作成日:2020年07月21日
最終更新日:2020年07月21日

ロレックス

マリンシーンで活躍するロレックスの時計といえば、「ヨットマスター」です。

 

「サブマリーナ」よりもラグジュアリーで遊び心があり、セレブを中心に多くのファンを獲得しています。

 

今回はそんなヨットマスターについて、使用されている「ダークロジウム素材」について掘り下げてみましょう。

ダークロジウムの魅力

「ダークロジウムの魅力」のイメージ画像

ダークロジウムとは、ヨットマスターに使われている素材の一つです。

 

 

もともと、「セレブ向けのラグジュアリーマリンウォッチ」というコンセプトで作られたヨットマスター。

 

その人気を押し上げる要因になったのが、この「ダークロジウム」という素材なのです。

他にはない独特の色

ダークロジウムの魅力のひとつに、個性的な色味があります。

 

一言で表現するとダークグレーカラーとなりますが、なんとも言えないエレガントさを感じられる仕上がりになっています。

 

独特の光沢があり、高級感を感じさせてくれるもの。

 

ダークグレーという無難なカラーリングでありながら、他の時計とは全く異なる印象を与えてくれます。

 

ダークロジウムを使ったモデルは、まだそれほど多くはなく、「他の人とは違うロレックスを所有できる」という喜びを感じさせてくれるでしょう。

視認性の高さ

ダークロジウム素材は、独特な光の輝きを見せてくれます。

 

ダークグレーという深い色合いのダイヤルですが、視認性は抜群。

 

夜間や水中であっても、問題なく時間を確認できます。

クールでモダンな雰囲気をアップさせる

ダークロジウムのヨットマスターは、他のモデルにはないクールでスタイリッシュな雰囲気で人気を集めています。

 

ヨットマスターでは、グレーの文字盤にブルーの秒針を採用。海らしい爽やかな雰囲気を演出してくれています。

 

ロレックスのスポーツウォッチといえば、ラグジュアリーで派手な印象を抱く方も多いかもしれませんが、ダークロジウムのヨットマスターは主張し過ぎないバランスの良いデザインで、どんな場面でも使用しやすいでしょう。

 

決して目立つわけではありませんが、見る人が見れば、すぐにそれと分かる名品です。

ダークロジウム素材について

「ダークロジウム素材について」のイメージ画像

このように、数多くの魅力を持つダークロジウム素材ですが、「そもそもどんな素材なの?」と思う方も多いのではないでしょうか。

 

ダークロジウムは、ロレックスが新たに生み出した素材の一つです。

 

もともとロジウムは、時計業界においてお馴染みの素材。

 

コーティングを施す他、メッキ素材としても使われていました。このロジウムに、ロレックスが異素材を独自で配合したことにより生まれたのが、ダークロジウムです。見方によって黒っぽくも白っぽくも見えるような、独特の色合いを実現しています。

 

プラチナ特有の光沢感やラグジュアリー感はそのままに、色味だけをダークに調整することで、クールでモダンな雰囲気を高めていると言えるでしょう。

 

ダークロジウムモデルの登場は、ヨットマスターの歴史を大きく変える出来事でした。

 

それまでよりもさらに多くの人々が、ヨットマスターを求めるようになったのです。

 

ダークロジウムのヨットマスターは、ロレックスの時計の中でも特に入手が困難なモデルの一つとなります。

 

新品で入手するのは極めて困難で、中古市場で運よく見かけたときには、素早い判断が求められるでしょう。

ロレジウム仕様のカラー3種

「ロレジウム仕様のカラー3種」のイメージ画像

ロレックス・ヨットマスターの購入を検討している際に、「ロジウム」とよく似た「ロレジウム」という言葉を目にすることがあります。

 

ロレジウムとは、ロレックスが生み出した新しい言葉で、「ロレックス+ステンレススチール+プラチナ」を意味しています。

 

つまりロレックスの時計の中で、ステンレス製のケース・ブレスレットとプラチナ製の文字盤・ベゼルの両方を持ち合わせているものが、「ロレジウム」です。

 

2020年現在のロレックスにおいては、ヨットマスターのみがこのロレジウムモデルをリリースしています。

 

ステンレス+プラチナで作られるロレジウムには、以下の3色のバリエーションが存在しています。

 

・シルバー

・ブルー

・グレー(ダークロジウム)

 

もっとも早く登場したのは、シルバーカラーのロレジウムです。

 

1999年に登場すると、すぐに人気モデルとなりました。

 

次に登場したのはブルーで、2012年のことでした。

 

ヨットマスターのモデルチェンジと共に登場したカラーリングで、爽やかな海の雰囲気を楽しめる名作です。

 

最後に登場したのがダークロジウムを採用したグレーカラーです。

 

2016年に登場すると、瞬く間に世界中で人気となり、ヨットマスターの人気を一段と押し上げました。

 

シルバーやブルーのロレジウムでは、赤い秒針を採用しており、その他のヨットマスターとは全く異なる雰囲気を楽しむことができます。

 

また、ダークロジウムの秒針には、これまでにないブルーカラーを採用しています。

 

グレー+ブルーで、良い意味でロレックスらしくない雰囲気が魅力の一本です。

 

人気のロレジウムのカラーリングで悩んだときには、秒針も含めて、全体的な雰囲気で決定してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ヨットマスターは、ロレックスの時計の中でも人気モデルです。

 

とくに、ステンレス+プラチナのコンビネーションを楽しめるロレジウムは、他の時計にはない魅力を備えていると言えるでしょう。

 

中でも人気が高いのは、ロレジウムの3つ目のカラーとして誕生した、ダークロジウム素材です。

 

シックでスタイリッシュ、クールな雰囲気が好きな方は、ぜひ購入を検討してみてください。

 

また市場人気も高いアイテムだからこそ、買い取りにも適した時期だと考えられます。

 

「手元にあるものの、正直あまり使っていない」という場合には、積極的に買い取り査定を利用してみるのもおすすめです。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら