ホワイトゴールドを自宅でお手入れする方法

作成日:2020年04月06日
最終更新日:2021年06月15日

カラーゴールド

Woman,Hands,Cleaning,Golden,Jewelry,At,Home.,Top,View

 

強度が高く、手が出しやすい価格帯が魅力のホワイトゴールド。

 

最近ではリングやピアスといったホワイトゴールドジュエリーの人気が高まっています。

 

しかし、長く愛用し続ける内に「変色や黒ずみが気になってきた」という悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、そんな悩みを抱える方に向けて自宅でできるホワイトゴールドの簡単なお手入れ方法について詳しくご紹介していきます。

ホワイトゴールドとはどんな金属?

「ホワイトゴールドとはどんな金属?」のイメージ画像

出典元:https://online.thekiss.co.jp/

 

金は純度を表す際に、「K24」や「K18」という表記をします。

K24は純金であることを意味し、K18は金75%に対し25%のその他の金属を混ぜていることを意味します。

純金はとても柔らかい金属のため強度が低いのですが、他の金属を混ぜることで強度を高めることができ、混ぜる金属によって独特な色味を出すことができるようになります。

また、ホワイトゴールドはその頭文字を取って「WG」と表現されることがあります。

「18WG」という表記の場合、“75%の金の他に、25%の銀とパラジウム系の金属が混ぜられて作られたホワイトゴールド”ということを意味します。

しかし、25%のその他の金属が混ざった段階では、金特有の黄色味が残ってしまっているため、ホワイトゴールドを作る際はここからさらにロジウムメッキを施します。

この段階でようやくホワイトゴールドならではの白い色味が表現され、さらに強度を出すことができるのです。

ホワイトゴールドはこのロジウムメッキ加工により、丈夫な素材の金属ではあるものの、やはり年月が経てば経年劣化により本来の輝きが少しずつ失われていきます。

リングやピアスなどのホワイトゴールドジュエリーをお持ちの方は、「黒ずみやくすみが気になるかも?」と感じた段階で、ご自宅でこまめにお手入れすることをおすすめします。

ホワイトゴールドの輝きを取り戻す手入れ手順

「ホワイトゴールドの輝きを取り戻す手入れ手順」のイメージ画像

リングなどのホワイトゴールドジュエリーを長年愛用していると、段々と皮脂汚れや汗汚れ、空気中の汚れなどが蓄積していきます。

初期段階であればさっと拭き取るだけで汚れを落とすことも可能ですが、長年蓄積された汚れはその程度では取れません。

「ここまでくすんでしまったら、もうお店に頼んできれいにしてもらうしかないのかな…」と諦めてしまう方も多いかもしれませんが、実はホワイトゴールドは皆さんが思っている以上に簡単に自宅でお手入れできてしまうのです。

セルフでできる、ホワイトゴールドのお手入れ方法についてご紹介していきます。

1.水洗いをする

「1.水洗いをする」のイメージ画像

まずは、汚れが気になるホワイトゴールドジュエリーが入る容器を用意します。

リングやピアスだけであれば、小さめのタッパーや紙コップなどの容器を用意すれば十分です。

そこに35〜40°ほどの温度のぬるま湯をひたひたに入れ、その中にジュエリーを入れます。

ぬるま湯の中に専用のクリーナー、もしくは自宅にある中性洗剤を数滴入れ、よく溶かします。

あとはジュエリーをつけ置き洗いするか、もしくは振り洗いしましょう。

細かい部分は化粧筆などで優しく洗うと、汚れ落ちが良くなります。

十分に汚れが落ちたと思ったら、ジュエリーを取り出し水道水でよくすすいで下さい。

3.柔らかい布で磨きながら拭き取る

「3.柔らかい布で磨きながら拭き取る」のイメージ画像

タオルなどの柔らかい素材の布を用意し、取り出したジュエリーの水分を磨きながら拭き取ります。

強い力で拭いたり、硬い素材の布を使うのは傷の原因となるので避けましょう。

4.もう一度水洗いをして完了

最後にクリーナーや中性洗剤のすすぎ残しを落としきるために、もう一度水洗いをします。

その後は、再度タオルなどで水気を拭き取ればお手入れ完了です。

以上が、自宅でできるホワイトゴールドのお手入れ方法です。

たったこれだけで、経年劣化などによって変色してしまったホワイトゴールドジュエリーが、驚くほど輝きを取り戻します。

ホワイトゴールドジュエリーは扱いが難しい金属ではありませんが、温泉成分に浸けたり、頻繁に研磨剤を使って傷磨きなどを行ってしまうと劣化が早くなってしまいます。

ホワイトゴールドは特別なアイテムを用意せずとも、自宅にあるもので手軽にお手入れできてしまうので、日常生活ではほんの少し取り扱いに注意しながら、こまめにお手入れしてあげて下さい。

傷磨きやメッキ剥がれは購入店舗でアフターサービスを利用しよう

「傷磨きやメッキ剥がれは購入店舗でアフターサービスを利用しよう」のイメージ画像

メッキ加工がされているため比較的丈夫な素材のホワイドゴールドも、経年劣化によりメッキが少しずつ剥がれたり、傷が目立ってきてしまうことがあります。

黒ずみなどの変色に関するお手入れは、今回ご紹介した方法で自宅で簡単に行えますが、傷磨きやメッキ剥がれに関してはプロの力を借りた方が無難です。

ホワイトゴールドジュエリーを取り扱っている多くの店では、購入品のアフターサービスを行っています。

ホワイトゴールドジュエリーの傷磨きや、メッキ剥がれの処理を依頼する場合は、まずは購入店舗でアフターサービスが利用できるか確認してみてください。

肌馴染みが良く身につけやすいホワイトゴールド。

ぜひ丁寧にお手入れを重ねて、大切に使ってあげてください。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら