ヴィンテージシャネルとは?ブームの理由や買取に出すときのコツ

作成日:2021年08月17日
最終更新日:2021年08月17日

シャネル

 

ヴィンテージシャネルは1980〜1990年代に発売されたシャネルのアイテムのこと。ハイブランドらしく古い商品ながら質も良く、近年注目を集めています。

今回は、ヴィンテージシャネルの特徴や購入方法について解説。また、買取に出す時に少しでも高く売るためのポイントもお教えします。

ヴィンテージシャネルとは

「ヴィンテージシャネルとは」のイメージ画像

まずは、ヴィンテージシャネルがどのようなアイテムのことなのでしょうか? 古いシャネルのアイテムが再熱した真相に迫ります。

1980〜1990年代に発売されたシャネルのアイテム

ヴィンテージシャネル1980年~1990年代に発売されたアイテムを差して使われる言葉です。

バッグだけでなく、アクセサリーや時計などヴィンテージシャネルの種類はさまざま。どれも、シャネルの正規店にはすでに並んでいないため、購入する際は基本的に中古品を入手することになります。

今から30年以上前の商品なので「ボロボロで使えないのでは?」と状態が気になりますが、さすが高級ブランド品というだけあって、現在も使用に影響のないアイテムが多数揃っています。

セレブがブームの火付け役

ヴィンテージシャネルが注目された背景には、海外セレブなどの有名人が身につけはじめたのが理由のひとつ。

今やSNS時代ということもあり、彼女たちのおしゃれな着こなしは一気に広がり、ヴィンテージシャネルの知名度を高めたと言われています。

また、ファッション界において流行は20年〜30年周期で繰り返しているのは有名な話。ヴィンテージシャネルはこのような流行の波にも上手く乗り人気を集めていると考えられます。

唯一無二のオシャレが楽しめる

ヴィンテージシャネルは現在のシャネルの店舗では発売していません。

そのため、欲しくてもすぐには手に入らずレア度は高めのアイテムです。また、ロゴにもヴィンテージ感が漂っていて、現行のシャネル商品とは雰囲気も異なります。

ひとつ持っているだけで人と被らないおしゃれを楽しめる点も人気の理由と言えるでしょう。

実際、SNSにはヴィンテージシャネルを組み合わせた個性的なファッションスタイルが多数アップされています。

現行モデルよりリーズナブル

ヴィンテージシャネルは数十年前に発売された商品であっても、丈夫でまだまだ使えるアイテムがほとんど。そのうえ中古なので、現行モデルの定価よりも安く手に入る点も注目されているポイントです。

例えば、定番のマトラッセのチェーンショルダーバッグの場合、現行モデルのなかには70万円以上するモデルもあります。

ヴィンテージシャネルであれば似たデザインのバッグが40万円前後で手に入ります。

差額はなんと30万円程。もちろん、全く同じ見た目ではありませんが、そのエイジングの効いた違いさえも、ヴィンテージ品ならではの味として楽しめます。

サスティナブルな観点で注目

近年、世界中で「サスティナブル」という言葉が広がっています。環境問題についての話題でよく登場する「サスティナブル」は「持続可能な」の意味。

まず、ファッション業界では毎年いくつもの製品が消費、廃棄されているため、環境汚染への影響が大きい産業のひとつと言われています。

そんななかで、何十年も使えるヴィンテージシャネルのような質が良い商品は、環境にも優しいサスティナブルなアイテムとして注目されているのです。

ヴィンテージシャネルの人気アイテム

ヴィンテージシャネルには、バッグ以外にもアクセサリーや時計など複数のアイテムがあります。

バッグ、アクセサリー、時計のアイテムのなかで、それぞれどのような人気モデルがあるのか、デザインの特徴も含めて順番にご紹介していきます。

バッグ

「バッグ」のイメージ画像

ヴィンテージシャネルのバッグには、バブル期に流行った華やかなデザインが多く見られます。

定番はチェーンバッグですが、リュックやポシェット、トートバッグなど形はさまざま。もっとも人気が高いのは「マトラッセ」の黒チェーンバッグです。

シャネルを代表するアイテムでありながら、現行モデルとデザインがほぼ同じであるため「少しでも安くシャネルのバッグ購入したい」層に需要アリ

中古でも欲しいと求めるニーズが高いため、中古市場でも高値で売れやすいバッグとして認識されています。

アクセサリー

「アクセサリー」のイメージ画像

ヴィンテージシャネルのアクセサリーで人気が高いのは、ボリューム感のあるデザインのものです。

特に華やかなピアスやイヤリングは、ドレッシーなスタイルだけでなくシンプルな服装にも合わせやすく、使い勝手も抜群。

少しコーティングが剥がれていたとしても、ヴィンテージ品としての味となるため、価値が大きく下がることはありません。

また、CCマークが存在感を放つ「ココマーク」があしらわれたアクセサリーは、若い女性からも需要があるアイテムです。

時計

「時計」のイメージ画像

バッグやアクセサリーだけでなく時計のヴィンテージシャネルも注目のアイテム。

例えば、シャネルから初めて発売された「プルミエール」はバブル期に絶大な人気がありました。この時に発売されていたモデルは、ヴィンテージシャネルとして中古市場に流通しています。

ちなみに「プルミエール」の現行モデルは50万円以上。しかし、ヴィンテージシャネルだと、おおよそ15万~20万円と定価よりも安く手に入るため、安定した需要があるのです。

ヴィンテージシャネルを購入する方法

「ヴィンテージシャネルを購入する方法」のイメージ画像

ヴィンテージシャネルはどこで購入できるのか、3つの方法を解説します。

 

  • ●ヴィンテージショップ・古着屋
  • ●インターネット通販
  • ●中古販売・買取店

 

似た商品の状態であっても、店舗ごとに異なる価格が設定されていることもあるため、購入する場所は慎重に選びましょう。

ヴィンテージショップ・古着屋

中古のアパレル品を取り扱っているヴィンテージショップや古着屋さんで、ヴィンテージシャネルの商品が販売されていることがあります。

ただし、古着屋といっても、カジュアルブランドがメインの場合、高級ブランドであるシャネルのアイテムは並んでいない可能性が高いと言えるでしょう。

もし、自宅の近くにヴィンテージショップや古着屋さんがあるなら、シャネルを販売しているかあらかじめ確認してから足を運ぶことをおすすめします。

インターネット通販

インターネット上のショップでもヴィンテージシャネルの購入は可能です。

全国各地に配送してくれるのでとても便利ですが、偽物が紛れ込んでいる可能性はゼロではありません。

また、詐欺サイトの場合は、お金を振り込んだのに連絡がつかないケースも…。信頼できる通販サイトなのか、しっかりと見極めてから利用しなくてはいけません。

例えばですが、複数の通販サイトを比較して、あきらかに金額が安すぎる場合は避けた方がベターです。

中古販売・買取店

中古のブランドアイテムに特化した買取店や、メルカリなどのフリマアプリを利用してヴィンテージシャネルを手に入れる方法もあります。

ただし、人気のヴィンテージシャネルである程、販売されてもすぐに完売になってしまうので、欲しい商品に出会えるかどうかは運の要素も大きいと言えるでしょう。

特にフリマアプリの場合だと、出品されて10分も経たないうちに売り切れてしまうパターンも。お気に入りに登録し、こまめにチェックしておく必要があります。

ヴィンテージシャネル 本物と偽物の見分け方

「ヴィンテージシャネル 本物と偽物の見分け方」のイメージ画像

シャネルは世界的にも有名な高級ブランドであるため、偽物も出回っています。購入時に騙されないためにも、本物との見分け方を覚えておきましょう。

ネジ・金具

偽物のシャネルのバッグは、ネジや金具部分で見分けることもできます。

例えば、、ターンロック(留め具)の裏側をチェックしてみましょう。多くのシャネル商品にはマイナスネジが使用されています。

偽物の場合、星形のネジが用いられているため「模倣品かもしれない」と怪しむ要素のひとつです。

ただし、一度修理に出されている場合は形の違うネジが使用されている可能性もあるため、他の項目もふまえたうえで総合的に判断する必要があります。

ギャランティーカードとシリアルシール

ブランド品が本物であるという証にもなるギャランティカードですが、このカード自体が偽物である可能性もゼロではありません。

まずは、シリアルシールとギャランティカードの数字が一致しているか確認しましょう。

また、紙のように柔らかい素材でできていたり、日本語に違和感がある場合は本物ではない確率が高いです。

また、本物のシリアルシールの場合は、商品から綺麗に剥がすことができず跡が残ります。

シリアルシールのデザインは作られた年代によっても異なるため「見たことがない=偽物」というわけではないので注意しましょう。

刻印

ヴィンテージシャネルに描かれている「CHANEL」の刻印もチェックすべきポイントです。

「A」の文字を見てみましょう。本物の場合は先端が少し潰れたデザインである一方、偽物だと尖った形になっている点が特徴的です。

また「E」の文字も判断材料のひとつ。本物は真ん中の線が短くなっているのですが、偽物は両端の線が長めに描かれています。

とはいえ、刻印はひとつひとつ手作業で施されているため、本物であっても多少の個体差は見受けられます。

ロゴマーク

偽物を掴まないためには、シャネルを象徴するロゴマークも確認しておきましょう。具体的には、アルファベットの「C」が重なっている部分を見ます。

基本的に本物のシャネルには、右の「C」が上になったデザインが施されています。

右の「C」と左の「C」が重なっておらず、繋がっているバッグは偽物の可能性が高いと考えましょう。

ただし、一部のヴィンテージモデルには左の「C」が上になっているパターンもあります。また、アクセサリーのなかには、「C」が繋がったデザインも見受けられます。

ヴィンテージシャネルを売るときのポイント

「ヴィンテージシャネルを売るときのポイント」のイメージ画像

ヴィンテージシャネルを売るなら、少しでも高価買取につなげたいですよね。

以下の3つを意識するだけで、高く売れる可能性がアップするため、ぜひ取り入れてください。

 

  • ●注目されている今が売り時!
  • ●簡単にお手入れする
  • ●付属銀・ギャランティーカードがあれば査定へ持っていく

 

それぞれ詳しく解説していきます。

注目されている今が売り時!

ヴィンテージシャネルは今まさに人気があるアイテム。人気=需要があるため、高価買取に繋がりやすいタイミングと言えるでしょう。

例えば、マトラッセのチェーンショルダーバッグは、状態によっては25万円前後の値がつく可能性もあります。

しかし、アパレル系の流行りはいつまで続くかわからないため、売ろうか迷っているのであれば、まずは今の価値を把握するために査定だけでも依頼してみましょう。

LINEやメールでの査定方法を導入している買取店も多くあるので、気軽に活用してみてくださいね。

簡単にお手入れする

ブランド品の買取において、見た目の美しさは査定額に大きく影響する要素です。査定を依頼する前に軽くお手入れをするだけで、買取額がアップすることがあります。

具体的には、バッグやお財布の底に溜まった小さなゴミを取り除く、商品の一部に付着しているほこりをはらうなど。

ただし、誤ったお手入れ方法は商品に傷をつける原因となってしまいます。事前に素材に合ったケア方法を調べて、無理なくできる範囲で行いましょう。

付属品・ギャランティーカードがあれば査定へ持っていく

ヴィンテージシャネルの付属品とは、商品を購入したときについてきた箱や袋、ギャランティカードのことです。バッグであれば、取り外しのできるストラップなども重要です。

家のどこかに眠っている場合は、必ず探し出した後に本体と一緒に査定に出してください。

とはいえ、ヴィンテージシャネルの場合は、古すぎて付属品が残っていないものも多いはず。そんなときは「付属品なしOK」「ギャランティカードがなくても買取可能」と公表している買取店に依頼してみましょう。

買取エージェントならヴィンテージシャネルが高く売れる

「買取エージェントならヴィンテージシャネルが高く売れる」のイメージ画像

ヴィンテージシャネルを売るなら、買取エージェントの利用がおすすめです。

 

注目
  • ●業界歴の長いプロがシャネルの価値を丁寧に見極める
  • ●多岐に渡る再販ルートを持つことで高価買取を実現
  • ●丁寧な接客で安心感ある買取

 

上記の注目ポイントについて、ひとつずつ解説していきます。

業界歴の長いプロがシャネルの価値を丁寧に見極める

買取エージェントのスタッフは、平均10年以上の業界歴があります。

ブランド品などの高級商品の市場価値をきちんと把握しているプロフェッショナルが大切にしていたアイテムをひとつひとつ査定。

当然、ヴィンテージシャネルにも精通しているので、需要を見極めたうえで高価買取へと導きます。

また、ブランド品の知識が豊富にあるだけでなく、接客対応も丁寧なので買取店を初めて利用する方や、ブランド品に詳しくない方も気軽に質問してくださいね。

多岐に渡る再販ルートを持つことで高価買取を実現

買取エージェントでヴィンテージシャネルが高く売れる理由のひとつが、多岐に渡る再販ルートです。

グループ会社が運営している販売店だけでなく、世界各国に商品を売ることができるため、日本のみならず世界中の需要をもとに商品の買取可能。

再販ルートが多い=お客さんが多いということなので、自然と買取額も上がりやすくなります。

また、商品によっては「日本ではそこまでの人気がなくても、海外で人気」などのパターンもあるため、世界への供給ルートの有無は買取額にも影響を与えると言えるでしょう。

丁寧な接客で安心感ある買取

いくらヴィンテージシャネルの買取額が高くても、スタッフ対応が悪ければ心地良く売りに出すことはできませんよね。

買取エージェントは、スピーディかつ売り手の気持ちを考えた親切な接客を心掛けているため、安心して査定を依頼できるでしょう。

もちろん、店頭買取だけでなく出張買取や問い合わせ時にも丁寧に対応。

「まだ売ろうか迷っているから査定だけでも依頼したい」「買取店の利用が初めてだから不安」そんな方が気軽に利用しやすい買取店です。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら