【2021年最新】リセールが高いロレックスランキングTOP15

作成日:2019年10月18日
最終更新日:2021年07月26日

ロレックス

shutterstock_1553739770

 

中古市場で最も需要があり人気の高いロレックスの腕時計は価値が下がりにくいと言われています。

 

高級ブランド時計の中でも高い買取率で取引されているのがロレックス。今回はそんな同ブランドの中でもリセールが高いモデルをランキング形式でご紹介します。

 

コロナ禍を経て2021年に入ってから相場が上昇しているロレックスですが、これから購入する方、もしくは売却を検討されている方もご参考にしていただければと思います。

ロレックスのリセールについて

「ロレックスのリセールについて」のイメージ画像

時計やブランド品のリユース市場ではよく『リセールバリュー』『リセール』が低い、高いなどと言われますが、そもそもその意味は英語で

Resale→再販

・Value→価値

の2つを合わせたものでリセールバリュー『再販価値』という意味になります。

分かりやすく説明すると、購入した商品を中古品として再び売るときの価値が高いか?低いか?を表します。

つまり、リセールバリューが高い商品は再販売するときに価値が高い、リセールバリューが低い商品は再販売のときの価値が低いという意味です。

中古品で再び売るときの価値が高いということは、購入した時の価格に近い買取価格で取引してもらえる可能性が高いということです。

中でもロレックスの時計はリセールバリューが非常に高い事でも有名でたくさんある時計ブランドの中でもロレックスのリセールの高さは飛びぬけています。

“ロレックスは売る時高い”と言う事を聞いた事がある方も多いかと思いますが実際にとても高く、ほとんど価値が落ちません。しかし全てと言うわけではありません。中には買った時の金額よりも大きく買取金額が落ちるモデルもありますので、購入時にリセールバリューにも注目してみると良いでしょう。

リセールを表す買取率とは?

「リセールを表す買取率とは?」のイメージ画像

リセールが高い低いを計測する指標として買取率がありますが『買取率』と聞いてピンと来ない方も多いのではないでしょうか。少し『買取率』の意味について簡単に説明します。

例えばロレックスの時計を100万円で購入してから年数が経過した時計を買取に出します。

査定額と購入時の金額を計算したのが買取率です。

査定額が50万円だった場合は50万円(査定額)÷100万円(購入額)と計算をします、この場合買取率は50%ということになります。

買取してもらうときも、なるべくなら購入した価格に近い査定額で取引してもらえたら嬉しいですよね!

また、査定額が同じ50万円だったとしても、買取するブランドの元の価格によって価値に差が出てくるためブランド品の買取をする際は買取価格よりもリセールバリュー(買取率)が重要となってきます。

関連記事 2020年最新【ロレックス・モデル別定価一覧表】主要モデルの買取価格も掲載

ロレックスのリセールランキング

それではロレックスの買取率が高いモデルをランキングで紹介していきます!それぞれのモデルの基本情報や特徴もまとめましたので参考にしてくださいね。今回は現行のモデルのみを対象としております。

【15位】ミルガウス 青 Ref.116400GV

「【15位】ミルガウス 青 Ref.116400GV」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥876,700

【買取相場】¥900,000

【買取率】買取率103%

最新の116400GV買取価格相場はこちら

第15位はミルガウスの青文字盤です。2007年にミルガウス誕生50周年のアニバーサリーモデルとして登場した黒文字盤のカラーバリエーションとして2014年に発売されました。

最大の特長はやはり風防に「グリーンサファイアガラス」が採用されている点。こちらはロレックスの中でも116400GVだけの特別仕様です。青文字盤はジルコニウム含有により、美しい青色の発色が、グリーンサファイアガラスをさらに際立たせています。

新型コロナウイルスにより、話題となっていた新作の発表が延期になりましたが、今後新作が発表され現行116400GVが廃盤となった場合、さらなる評価の高まりも予想されます。

 

基本情報
ダイヤル Zブルー
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ケース径 40mm

【14位】ディープシー 黒 Ref.126660

「【14位】ディープシー 黒 Ref.126660」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥1,331,000

【買取相場】¥1,400,000

【買取率】買取率105%

最新の126622買取価格相場はこちら

第14位はディープシーの黒です。2018年に同シリーズの新作モデルとして登場したRef.126660ですが、旧モデルとの最大の違いがパワーリザーブがそれまでの48時間から70時間に延びたこと。これにより使い勝手が格段に上がっています。

ディープシーと言えば、深いグラデーションが耽美なDブルーの方が有名ですが、こちらの黒文字盤も100%を超える買取率となっております。

 

基本情報
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 44mm

【13位】ヨットマスター・ダークロジウム Ref.126622

「【13位】ヨットマスター・ダークロジウム Ref.126622」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥1,265,000

【買取相場】¥1,460,000

【買取率】買取率115%

最新の126622買取価格相場はこちら

第13位はヨットマスターのロレジウム。文字盤がダークロジウムのモデルです。

ダークロジウムがヨットマスターの中では最も人気で買取が高いです。ヨットマスターはベゼルにプラチナを使っていたりとオールステンレスモデルではないため定価は少し高くなっています。コロナ前の買取価格は定価とほぼ同じ金額でコロナ後は定価の82%まで下落。現在相場は大きく反発し買取率は115%となっています。

 

基本情報
ダイヤル ダークロジウム
ケース素材 ステンレススチール+プラチナ
ブレス素材 ステンレススチール
ケース径 40mm

【12位】シードゥエラー 黒 Ref.126600

「【12位】シードゥエラー 黒 Ref.126600」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥1,230,900

【買取相場】¥1,520,000

【買取率】買取率123%

最新の126660買取価格相場はこちら

 第12位はシードゥエラーの黒文字盤です。シードゥエラー誕生50周年の2017年に登場したこちらのモデルは、ムーブメントもディープシーRef.126660と同じく、「Cal.3235」を搭載しており70時間のパワーリザーブを誇ります。

通称「赤シード」と呼ばれシードゥエラーの伝統的なデザインを踏襲する人気モデルです。

 

基本情報
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 43mm

【11位】ディープシー Dブルー Ref.126660

「【11位】ディープシー Dブルー Ref.126660」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥1,365,000

【買取相場】¥1,760,000

【買取率】買取率129%

最新の126660買取価格相場はこちら

 

第11位がディープシーの青です。黒文字盤も人気のディープシーですが、やはりディープブルー文字盤は、不動の人気を誇ります。旧モデルで起こった価格上昇を考えても明らかですね。

今のところはまだ旧ディープブルーのような高騰はみられませんが、今後も目が離せないモデルのひとつなのは間違いありません。

 

基本情報
ダイヤル ディープブルー
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 44mm

【10位】エクスプローラー2 黒 Ref.216570

「【10位】エクスプローラー2 黒 Ref.216570」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥875,600

【買取相場】¥1,230,000

【買取率】買取率140%

 最新の216570買取価格相場はこちら

10位にランクインしたのはエクスプローラー2の黒文字盤です。

エクスプローラー2はコロナ禍においても値を下げることなく、堅調に推移し、2021年3月に入ってから相場が急上昇した稀有なモデル。

定番シリーズとして定着しているエクスプローラー2ですがこれまでとびぬけた相場になる事はあまりありませんでした。

4月に入ってからは若干相場を下げていますが今後も注目すべき1本です。

 

基本情報
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ケース径 42mm

【9位】サブマリーナ ノンデイト Ref.124060

「【9位】サブマリーナ ノンデイト Ref.124060」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥854,700

【買取相場】¥1,29,000

【買取率】買取率151%

 

第9位にランクインしたのは新型サブマリーナのノンデイトバージョンのRef.124060です。

サブマリーナはかなり人気が根強く製造終了した114060、116610も高い買取率となっています。ここ数年ノンデイトの人気が以前よりも高くなっている事もありデイト機能付きモデルより高い買取率となっています。

 

基本情報
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 41mm

【8位】サブマリーナ デイト Ref.126610LN

「【8位】サブマリーナ デイト Ref.126610LN」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥965,800

【買取相場】¥1,500,000

【買取率】買取率155%

 

8位にランクインしたのは2020年9月に発表された新型のサブマリーナ126610LNです。

大きく変わったのはケースサイズで40mmから41mmへとサイズアップ。またラグなど細かい部分の仕様も変わっており非常に注目されているモデルです。

 

基本情報
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 41mm

【7位】エクスプローラー2 白 Ref.216570

「【7位】エクスプローラー2 白 Ref.216570」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥875,600

【買取相場】¥1,390,000

【買取率】買取率159%

 最新の216570買取価格相場はこちら

7位にランクインしたのはエクスプローラー2の白文字盤です。

2020年末までは黒文字盤と同じような値動きでしたが、2021年に入ってから白文字盤が黒文字盤の上昇にも増して評価を高めております。

4月に入ってからは若干落ち着いてきましたがそれでも黒文字盤と比べて10万円以上の高値で売買されています。

 

基本情報
ダイヤル
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ケース径 42mm

【6位】サブマリーナ デイト Ref.126610LV

「【6位】サブマリーナ デイト Ref.126610LV」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥1,009,800

【平均買取相場】¥1,900,000

【買取率】買取率188%

 

第6位はロレックスのブランドカラーであるグリーンがベゼルに採用された新型サブマリーナRef.126610LVです。

旧型は文字盤もグリーンでしたが現行の126610LVはベゼルのみがグリーンと2003年にサブマリーナ誕生50周年を記念して登場した16610LVと同じカラーリングとなっています。

このグリーンがとても高級感がありかなりお洒落です。旧型のグリーンサブも非常に人気が上がっておりますがこちらのモデルもかなり人気が高いと言えます。

 

基本情報
ダイヤル グリーン
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 40mm

【5位】GMTマスター2 青黒 Ref.126710BLNR

「【5位】GMTマスター2 青黒 Ref.126710BLNR」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥1,020,800

【平均買取相場】¥1,950,000

【買取率】買取率191%

 最新の126710BLNR買取価格相場はこちら

第5位はGMTマスター2の青黒ベゼルの126710BLNRです。旧型の116710BLNRの人気も高いのですが新型もかなり高いです。

一時期は200万以上の金額が付くほどの人気ぶりです。コロナウィルスの影響で一時期は110万付近まで落ちましたが2021年に入ってから持ち直してきました。

GMTマスターは独特なカラーリングのベゼルが魅力的ですが特にセラミックベゼルになってから高級感が増し、人気が高くなっており注目度が高いです。

基本情報
ダイヤル ブラック
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 40mm

【4位】エクスプローラー1 Ref.214270

「【4位】エクスプローラー1 Ref.214270」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥687,500

【買取相場】¥1,450,000

【買取率】買取率211%

 最新の214270買取価格相場はこちら

第4位はエクスプローラー1・Ref.214270です。こちらも2と同じくロレックスの定番モデルですが、買取率は驚異の200%超えとなっております。

値動きはエクスプローラー2と似た感じで、2021年3月から急上昇し、4月に入ってから高騰、現在は落ち着いていますが、ロレックスの中でも目が離せないモデルとなっております。

エクスプローラー1は黒文字盤一色の展開で2010年にリニューアルされ登場したモデルです。針の長さやインデックスの仕様など年代によって少し仕様が違います。

コロナウィルスの影響で一時は定価を割った買取価格となっていましたが、現在はプレミア価格での買取が可能です。

 

基本情報
ダイヤル 黒文字盤
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ケース径 39mm

【3位】GMTマスター2 青赤 Ref.126710BLRO

「【3位】GMTマスター2  青赤 Ref.126710BLRO」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥1,020,800

【買取相場】¥2,230,000

【買取率】買取率218%

 最新の126710BLNR買取価格相場はこちら

第3位は青と赤のベゼルが魅力的なGMTマスター2の126710BLROです。

GMTマスターと言えば青と赤のベゼルが定番でしたが現行のステンレスモデルでは展開されておりませんでした。しかし2018年に念願の登場。

あまりの人気で買取率はデイトナに並ぶほどです。スポーツモデルでありながらジュビリーブレスを採用したことによりラグジュアリー感が増しております。

 

基本情報
ダイヤル ブラック
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 40mm

【2位】デイトナ 黒 Ref.116500LN

「【2位】デイトナ 黒 Ref.116500LN」のイメージ画像

【定価(税込み)】¥1,387,100

【買取相場】¥3,300,000

【買取率】買取率238%

 最新の116500LN買取価格相場はこちら

第2位は新型のデイトナ116500の黒文字盤です。

これまでデイトナと言えば黒文字盤の方が人気が高く買取価格も高かったのですが116500はベゼルが黒と言う事もあり文字盤は白文字盤の方が人気が高くなっています。

買取の価格も文字盤によって数十万変わってきており黒文字盤は第2位となりました。

基本情報
ダイヤル ブラック
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 40mm

 

【1位】デイトナ 白  Ref.116500LN

「【1位】デイトナ 白  Ref.116500LN」のイメージ画像

【定価(税抜き)】¥1,387,100

【買取相場】¥3,700,000

【買取率】買取率267%

最新の116500LN買取価格相場はこちら

第1位はやはりこのモデルです。デイトナ・116500LNの白文字盤。

買取率は脅威の267%。需要が高いわりに供給数がかなり少ないのでここまでの数字となっています。転売目的で購入される方も多いのですが、購入時の規制も厳しくなってきておりますので本当に欲しい方は今後購入できるチャンスが増えるかも知れません。

ロレックスの購入規制に関してはこちらをご覧ください

転売阻止!ロレックスが導入した購入制限を詳しく解説

逆に売却を考えている方はおそらく今が売り時だと言えます。高騰したモデルが乱高下したケースもありますので、お買取を検討の方は早めに買取店に相談した方が良いかも知れません。

それほど現在のリセールは異常で驚くべき数値だと思います。

 

基本情報
ダイヤル ブラック
ケース素材 ステンレススチール
ブレス素材 ステンレススチール
ベゼル セラミック
ケース径 40mm

まとめ

以上今回はロレックスの時計の買取価格、買取率について ランキング形式で紹介しました。

高級ブランドのなかでもトップクラスを誇るロレックスは希少価値や資産価値が高いモデルが多いと言われています。なかなか正規店で買う事は難しいのですが出会ったらかなりの幸運の持ち主です。

これからロレックスを買おうと検討されている方。ロレックスの時計がいくらぐらいで売れるのか知りたい方など。是非こちらの記事を参考にしていただければと思います。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら