ロレックス「ミルガウス」が欲しい!知っておきたい情報と購入方法

作成日:2020年07月22日
最終更新日:2021年06月15日

ロレックス

ロレックスの歴史の中で、忘れてはいけない傑作の一つが「ミルガウス」です。

 

知名度こそ、エクスプローラーやサブマリーナに及びませんが、ロレックスの歴史を語る上で欠かせないモデルだと言えるでしょう。

 

ミルガウスの魅力やモデルの変遷、購入時の注意点をご紹介します。

ミルガウスの魅力

「ミルガウスの魅力」のイメージ画像

自分にぴったりのロレックスを見つけるためには、それぞれのモデルの魅力を知るのが一番です。これからミルガウスの魅力のいくつかをご紹介します。

高い耐磁性能

「高い耐磁性能」のイメージ画像

ミルガウスは、1956年にリリースされた耐磁時計です。

 

腕時計にとって磁気は天敵。とはいえ、日常的に高い磁気の中で仕事をしている方も少なくありません。「こうした方でも安心して使用できるプロ仕様の腕時計を」というコンセプトで誕生したのが、ミルガウスでした。

 

当時はまだ磁気に対する認知度が低かったことから、1980年代にミルガウスはいったん生産を終了しています。

 

しかし、スマホや家電製品など、磁気が身近になったことで需要が増え、2007年に復活を遂げました。

 

復活したミルガウスも、初代と同様に1,000ガウスもの耐磁性能を誇ります。

 

各種家電製品から出る磁気の他、磁石付きの各種アクセサリーを愛用していても、安心して使用できるのがミルガウスなのです。

 

耐磁性能の高さの秘密は随所に散りばめられており、特別なケースの採用もその一つです。

 

ロレックスでお馴染みのオイスターケースの中に、磁気シールドを搭載。高性能磁気遮断システムを実現しています。

特別なムーブメントを搭載

「特別なムーブメントを搭載」のイメージ画像

ムーブメントの独自性もミルガウスの魅力のひとつです。

 

Cal.3131という名前で、ミルガウスのために開発されたものです。

 

こちらのムーブメントも高い耐磁性能を持ち、常磁性素材を使うと共にさまざまな工夫が凝らされています。

 

現行モデルにおいてCal.3131は、パイロット向けのエアキングにも搭載されていますが、ロレックス時計の中でも非常に珍しいタイプの時計だと言えるでしょう。

個性的な見た目と装備

「個性的な見た目と装備」のイメージ画像

ロレックスの時計はどれもスタイリッシュで魅力的ですが、人気だからこそ、周囲の人と被ることを懸念される方がいるかも知れません。

 

しかし、ミルガウスではこうした心配は要りません。

 

何故なら、ミルガウスは風防や文字盤が個性的なモデルが多く、個性を演出しやすい時計だからです。

 

また、グリーンのサファイアガラスは、特に人気の特別な装備です。

 

「人気のロレックスでも、人とは違う時計が欲しい」と思う方にもピッタリです。

 

関連記事:無骨なデザインが魅力!メンズにおすすめなロレックス-ミルガウス

ミルガウスの変遷

「ミルガウスの変遷」のイメージ画像

記念すべきミルガウスの初代モデルは、Ref.6541です。

 

37ミリという大きめのケースを採用し、耐磁性能を高めるため、ボリュームのある仕上がりとなっていました。

 

稲妻型の秒針や黒文字盤で、スタイリッシュな印象の時計です。

 

当初は回転ベゼルを採用していましたが、その後スムースベゼルへと変更になっています。

 

1950年代の終わりになると、第二世代のミルガウス(Ref.1019)が誕生します。

 

初期モデルで特徴的であった稲妻秒針や回転ベゼルは不採用に。

 

スッキリとした見た目で、ロングセラーになります。

 

1989年ごろまで製造・販売されましたが、このモデルでいったん製造が終了してしまいます。

 

その後、2007年に復活モデルとして話題になったのが、Ref.116400です。

 

二代目ミルガウスのスッキリ感を活かしつつ、初代モデルの稲妻秒針が復活。

 

ミルガウスに対する思い入れが強いファンにとっては、非常に魅力的な一本となりました。

 

2020年現在、現行モデルとして販売されているのはRef.116400GVです。

 

ミルガウス独自のグリーンサファイアクリスタルを採用しており、Zブルーダイアルとブラックダイアルの二種があります。

 

とはいえこちらのブラックダイアルも、初めて登場したのは2007年のこと。

 

2020年以降は、そろそろ新モデルが登場するのでは…とも言われています。過去のモデルについてリサーチしつつ、新しいモデルの発表を待つのも良いかもしれません。

 

関連記事:奇跡の復活を遂げたロレックス-ミルガウスの歴史について

ミルガウスの人気モデル

せっかくミルガウスを購入するなら、人気モデルを選びたい! こんな希望を持つ方に向けて、ミルガウスの歴代モデルの中でも、特に人気の高い時計を紹介します。

Ref.116400GV Zブルー

「Ref.116400GV Zブルー」のイメージ画像

ミルガウスの中ではもっとも新しいモデルで、現行モデルの一つでもあります。

 

爽やかなブルーの文字盤は、他のロレックスにはない圧倒的な個性を発揮。

 

個性的でオシャレなロレックスとして、若い世代からも支持を集めています。

Ref.116400GV ブラック

「Ref.116400GV ブラック」のイメージ画像

2007年の発売当初、グリーンサファイア風防を備えたただ一つのモデルとして、注目を集めました。

 

人気が集中し、プレミア価格で取引されていた時計です。

Ref.1019 ブラック(初期型)

「Ref.1019 ブラック(初期型)」のイメージ画像

こちらは二代目モデルのミルガウスの中でも、初期型のもの。

 

シルバー文字盤と比較して、ブラック文字盤は流通量が少なめでした。生産終了から長い年月が経過しているモデルではありますが、一定の人気を誇る名作です。

ミルガウスが欲しいなら、中古がおすすめ

ミルガウスの時計は、現行で販売されているのはわずか2種です。

 

新品を購入する場合、このどちらか一方を選択するということになります。

 

とはいえ、これまで見て来たとおり、ミルガウスはロレックスの歴史と共に歩んできたモデルであり、過去にも多くの名品をリリースしてきました。

 

中古品を選択肢に加えることで、より自由な視点でお気に入りのミルガウスを選択できます。

 

中古ミルガウスを探す場合には、状態の良さにこだわってみてください。

 

新品同様のミルガウスを見つけることも、決して夢ではありません。

 

「ミルガウスが欲しい」と思ったときには、ぜひ中古ロレックスにも注目してみましょう。

 

過去の歴史やミルガウス独自の魅力も、より一層身近に感じられるのではないでしょうか。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら