【2022年度版】ジュエリーブランド人気ランキングTOP10

作成日:2021年08月19日
最終更新日:2022年03月28日

宝石

ジュエリーブランドは、世界中に数多くあります。

 

ブランドのジュエリーを身に着けたいと思っても、どのブランドを選ぼうかお悩みの方も多いのでは?

 

今回は、ジュエリーブランドのなかでも人気の高いブランドTOP10を選抜。

 

各ブランドの特徴や、人気の高いジュエリーについて紹介しますので、ジュエリーブランドを探している方はぜひ参考にしてください。

1位:エルメス(Hermes)

「1位:エルメス(Hermes)」のイメージ画像

エルメス(Hermes)」は、フランス発祥の一流ブランドです。

もともとが高級馬具の製造工房として始まったこともあり、レザーへのこだわりが強いことで知られています。そのため、エルメスといえばバッグや財布の印象が強いかもしれません。

 

エルメスのアクセサリーは、エルメスのアイコンでもある「H」の文字があしらわれたデザインや、クールで辛口な印象のコレクションなどが主流です。

エレガントながら、どこか強さも感じさせる。そんな魅力が、エルメスのジュエリーにはあります。

2位:ティファニー(TIFFANY&Co.)

「2位:ティファニー(TIFFANY&Co.)」のイメージ画像

出典:ティファニー

 

ティファニー(TIFFANY&Co.)」は、特に女性からの人気が高いブランドです。

ジュエリーをメインに扱うブランドなので、ラインナップが豊富。着用シーンに合わせて好きなデザインの物を選ぶ方も多いです。ティファニーブルーと呼ばれる美しいブルーが印象的ですよね。

永遠を意味するインフィニティや、愛らしいオープンハートなど、ファッションに女性らしさをプラスしてくれるデザインのアイテムが支持されています。

3位:シャネル(CHANEL)

「3位:シャネル(CHANEL)」のイメージ画像

出典:シャネル

 

シャネル(CHANEL)」は、ココ・シャネルが創業したファッションブランドです。

ココ・シャネルの考え方に憧れる女性は多く、日本でも彼女の生涯を通して学びを得ている方も多いのでは?

 

シャネルといえば、ブランドアイコンのCをモチーフにしたデザインの物が多く、シャネルを象徴するアイテムとして人気が高いです。また、キルティングにインスピレーションを受けた「ココクラッシュコレクション」や、永遠の愛を意味するカメリアの花をモチーフにした「カメリアコレクション」も、人気の高いコレクションになります。

4位:カルティエ(Cartier)

「4位:カルティエ(Cartier)」のイメージ画像

カルティエ(Cartier)」は、王室御用達として名高いブランドです。

主に宝飾品を手掛けており、とくにリングが人気アイテム。カルティエの製作するジュエリーで有名かつ代表的なのは、「トリニティシリーズ」です。3色のゴールドが滑らかな曲線を描き絡み合うデザインで、それぞれの色ごとに愛や忠誠など象徴するテーマがあります。

存在感はあるけど、決して華美になりすぎない品のある印象が、幅広い年代の方の心を掴んでいるシリーズです。

5位:ディオール(Dior)

「5位:ディオール(Dior)」のイメージ画像

出典:ディオール

 

ディオール(Dior)」は、クリスチャン・ディオールが創業したファッションブランドです。

レディース・メンズともに取り揃えており、幅広いラインナップを展開。ディオールのジュエリーは、他とかぶらないオリジナル性の高いコレクションが多数発表されています。

ウィメンズデザインのアイテムや、個性の強いコレクションが人気です。

6位:ルイ・ヴィトン

「6位:ルイ・ヴィトン」のイメージ画像

出典:ルイ・ヴィトン

 

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」はハイブランドの代表格で、バッグや財布などの革製品に力を入れているブランドです。

ブランド名から取ったVとLを組み合わせているモノグラムが有名で、日本でもぱっと見ただけで「ルイ・ヴィトンのアイテムだ」と判断できるほど広まっています。

 

ジュエリーでもそれは変わらず、モノグラムモチーフのジュエリーは人気が高いです。

モノグラムモチーフは、ブレスレットやペンダントなど、各ジュエリーアイテムに用いられています。

7位:グッチ(GUCCI)

「7位:グッチ(GUCCI)」のイメージ画像

出典:グッチ

 

グッチ(GUCCI)」は、イタリアの革製品工房として誕生しました。

男女どちらからの人気も高く、販売ラインナップの幅が広いのも特徴です。

クールさや力強さを感じさせるアイテムが多く、なかには個性の強いアイテムもあるため、他人とかぶらないアイテムを求めている方からも支持されています。

ブランドのモノグラムを用いたデザインの人気が高く、ジュエリーでもモノグラムのGがあしらわれたデザインの人気が高いです。

8位:セリーヌ(CELINE)

「8位:セリーヌ(CELINE)」のイメージ画像

出典:セリーヌ

 

セリーヌ(CELINE)」は、フランスで生まれたブランド。もともとは子供靴専門店をしており、革製品であるバッグや、モカシンなどの靴でその名を広めました。

セリーヌのジュエリーは、シンプルかつ上品な見た目が特徴。

男女問わず身に着けやすいデザインで、A~Zまでのアルファベットシリーズの人気が高いです。

9位:ハリー・ウィンストン(Harry Winston)

「9位:ハリー・ウィンストン(Harry Winston)」のイメージ画像

出典:ハリー・ウィンストン

 

ハリー・ウィンストン(Harry Winston)」は、各国のセレブや著名人が結婚指輪として選ぶことも多く、憧る方も多いラグジュアリーブランドです。

数々のダイヤモンドを取り扱いしていることから、キング・オブ・ダイヤモンドとも呼ばれています。

室の高いダイヤモンドを高い技術力を駆使して加工しており、ダイヤモンド特有の美しい輝きを楽しみたい方からの人気が高いです。そのため、さまざまなアイテムを販売していますが、とくにダイヤモンドが使用されたリングを求める方が多くいます。

10位:ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)

「10位:ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)」のイメージ画像

出典:ヴァンクリーフ&アーペル

 

ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)」は、宝石職人の息子と宝石商の娘が結婚したことで生まれたハイジュエリーブランドです。

花や蝶など自然を感じさせるモチーフが特徴で、可憐で愛を感じさせるようなデザインが多くあります。

幸運の象徴でもある四つ葉のクローバーをモチーフにしたジュエリーや、花やハートなど定番モチーフが人気です。

まとめ|ブランドジュエリーを高く売るなら買取エージェントへ

ジュエリーは、身に着けることで自らの魅力を高めてくれたり、パワーをもたらしてくれたりします。

ハイブランドのジュエリーは、ブランドごとの特色があり、デザイン・モチーフにこだわっているアイテムが多いです。

今回紹介した10ブランドは、ジュエリーはもちろん、バッグや財布など他アイテムの人気もあります。

気になるブランドをチェックして、自分の魅力を高めてくれるジュエリーを探してみてください。

また使わなくなったり、買い替えをご検討中でしたら、買取エージェントにお任せください。業界トップだからこそのノウハウ、豊富な販路で納得の買取価格をご提示いたします。

破損、汚れなどの訳ありジュエリーでも大歓迎です。

ライン、お電話、予約不要の店頭で、まずはお気軽にご相談くださいませ。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら