ウブロの資産価値はどれくらい?モデルごとの評価とブランドの魅力

作成日:2021年12月08日
最終更新日:2021年12月09日

ウブロ

 

高級時計ブランドのHUBLOT(ウブロ)は、スイスのニヨンと呼ばれる地域で1979年に生まれました。大きな魅力のひとつは、独創的かつインパクトのあるデザイン。

 

「成功者が愛用している時計」とも言われ、世界中のファンから愛され続けています。

 

もちろん、中古市場での需要が高く、ファッションとしてただ身に着けるだけでなく、資産として考える方もいらっしゃいます。

 

しかし、実際のところ「ウブロの時計はどのくらいの金額で売れるのか?」「どのモデルが高く売れるのか?」など、不明点がある方も多いはず。

 

そこで、今回はウブロの資産価値を、ブランドの魅力や人気モデルなどの視点でご紹介してきます。

ウブロの資産価値はどれくらい?

資産価値を考える上で重要な指標のひとつが「換金率(リセールバリュー)」です。

これは購入価格に対する販売価格(買取価格)の割合を表した数値。

換金率が高いほど値崩れしにくく資産価値として優秀だと言えます。

 

ウブロの換金率は40~50%ほどで、資産価値は他の高級時計ブランドと比較して同程度

 

です。

ウブロは創業1979年とハイブランドの中では新しいメーカーですが、国内での知名度もIWCやブライトリングと同じくらいあり、信頼性も十分。

市場が確立されており、いつでも安定した取引が可能です。

ロレックスほど飛びぬけてはいませんが、高い資産価値を持つブランドと言えるでしょう。

高く売れやすいモデル

資産価値を重視してウブロの時計を購入するのであれば、定番モデルが良いでしょう。なぜなら、定番モデルは流行に左右されにくく、時代が変わっても需要があるからです。

とくに、ウブロの看板シリーズでもある「ビッグバン」がおすすめです。

反対にあまり推奨できないのは、ダイヤやトゥールビヨンが搭載されたタイプ。かりに安く購入できたとしても値崩れしやすく、資産として持つには向きません。

また、ウブロには珍しいモデルもありますが、将来的な資産価値を考えるのであれば、購入は避けた方がべターと言えるでしょう。

買取実績からみるモデルごとの評価

弊社の買取実績を元にモデルごとの評価と資産価値をご紹介します。

ビッグバン・ウニコ・チタニウム 441.NX.1170.RX

「ビッグバン・ウニコ・チタニウム 441.NX.1170.RX」のイメージ画像

買取価格

¥1,000,000

定価

¥2,079,000

換金率

48.1%

買取日

2021年2月

 

ビッグバンはウブロの看板モデルとも言えるシリーズ。

それまであった伝統的なデザインを残しつつ、チタンやセラミック、ゴールドなどの新しい素材をプラスしていることが特徴です。なかには、ブルーセラミックやレッドセラミックなどの珍しい素材を使っているモデルもあります。

また、ウブロのなかでもビッグバンは、愛用している方が多く、とても人気が高いモデル。中古市場でも積極的に買取られている商品のひとつと言えるでしょう。

クラシックフュージョン・チタニウム 511.NX.1171.RX

「クラシックフュージョン・チタニウム 511.NX.1171.RX」のイメージ画像

買取価格

¥370,000

定価

¥842,400

換金率

43.9%

買取日

2021年2月

 

クラシック・フュージョンは、ウブロのなかでもシンプルなデザインが特徴的です。

大型のケースが印象的なビッグバンと比べると、サイズ感がほどよく、シャープな雰囲気を纏っています。そのため、スーツやジャケットなどのビジネスファッションにぴったり。

また、ブラックのダイアルに銀色の針が映えるデザインや、黒のベルトとゴールドカラーがエレガントなモデルなど、種類が豊富にあります。

時計を使用したいシーンやデザインの好みに合わせて選べることもおすすめポイントです。

クラシックフュージョン・アエロ・クロノグラフ・チタニウム 525.NX.0170.LR

「クラシックフュージョン・アエロ・クロノグラフ・チタニウム 525.NX.0170.LR」のイメージ画像

買取価格

¥810,000

定価

¥1,760,000

換金率

46.0%

買取日

2021年3月

 

クロノグラフ搭載のクラシックフュージョンを「アエロ(空気)」の通りを感じさせるダイアルに仕上げたのがこちらの525.NX.0170.LRです。

3時位置と9時位置の2カウンター式で、スケルトンダイアルと相まって非常にスポーティな1本となっております。

ご紹介したようにビッグバン・クラシックフュージョンの美品ならば、換金率も50%近く期待できるでしょう。

ウブロの魅力とは

ウブロの人気はズバリ「伝統とテクノロジーの融合」そして「セレブ御用達のステータス性」です。

どちらもウブロを語るうえで、欠かせない要素。ブランドの人気は資産価値の高さにつながります。

伝統とテクノロジーの融合

フランス語でウブロは「舷窓」という意味があります。舷窓とは窓についている小さな窓のことです。

この名前の通り、ウブロの時計はベゼルにビス止めが施されている点が特徴。華やかな装飾だとしても、ベゼルとビスを見るだけでウブロだとわかります。

また、素材にこだわりがある点も見逃せません。1980年には世界で初となるK18ゴールドケース×ラバーベルトの組み合わせの時計を誕生させました。

現在においても、キズの付きにくいマジックゴールドなど、最先端の技術を使って新素材を生み出しています。このように、ウブロは伝統的な時計技術を受け継ぎつつも、常に進化し続けています。

セレブ御用達のステータス性

ウブロの時計は、これまでギリシャ国王やスペイン国王など、ヨーロッパの王族が使用していたことでも知られています。

また、今ではセレブや芸能人、有名なアスリートたちも愛用しています。いつからか、成功者の時計としてのイメージがついたことにも納得ですね。

さらにFIFAワールドカップのタイムキーパーを務めるなど、信頼性の高さは抜群。デザイン面だけでなく、技術面においても世界中から認められている点が資産価値を押し上げています。

ウブロのブランド評価

「ウブロのブランド評価」のイメージ画像

ウブロは、他の高級時計と比べると、比較的新しいブランドですが、世界中に愛好家はたくさんいます。そうした愛好家の存在も、資産価値につながっているのです。

日本でも人気上昇中

ウブロは、高級時計ブランドの「ロレックス」に比べると、知名度は低いかもしれません。

時計愛好家であればもちろん知っていますが、時計に詳しくない方の場合、そもそも「HUBLOT」の文字が読めないパターンも考えられます。

しかし、ウブロは日本の有名人やスポーツ選手からも愛用されている人気の時計です。有名人が愛用することにより「テレビやSNSの写真を通してウブロを知った」という方も多いのではないでしょうか。

また、Youtuberのなかにも愛用者がいるため、若い方へも名が浸透してきています。このように、今まさに人気上昇中のブランドと言えるでしょう。

愛好者を飽きさせない戦略

愛好者を飽きさせない戦略もウブロの魅力のひとつです。たとえば、定期的に限定品を世に出している点が挙げられます。

過去に登場したモデルには、世界限定500本の「ビッグバン インテグラル オールブラック」や「ビッグバン ウニコ ブルーマジック」などがあります。

また、「クラシックフュージョンクロノグラフディープブルー」は国内限定モデルです。このように、ウブロは常に愛好者を「次はどんなデザインだろうか」とワクワクさせています。

その他の人気モデル

最後にビッグバン、クラシックフュージョン以外の人気モデルをご紹介します。

スピリットオブビッグバン

「スピリットオブビッグバン」のイメージ画像

スピリットオブビッグバンの特徴は、丸型でも四角でもないトノー型のデザインです。

「トノー」とはフランス語で「樽型」という意味です。トノー型の時計の形は、20世紀のはじめ、アールデコの様式が流行した頃に生まれたと言われています。

スピリットオブビッグバンは、ビッグバンらしさを残しつつ、個性の感じられるモデル。

そのため、ウブロの時計は欲しいけれど、人と被るのは嫌という方へおすすめのアイテムです。

キングパワー

「キングパワー」のイメージ画像

その名から想像できる通り、インパクト大のデザインが特徴的のキングパワー。ビッグバンのケースサイズ44mmから、さらに48mmへと進化を遂げた迫力のモデルです。

4000m防水機能が搭載された「キングパワー オーシャノグラフィック4000」やダイヤモンドが煌びやかな「キングパワー ウニコ チタニウム ホワイトパヴェ」など、モデルも複数展開されています。また、〇個限りなどの限定品として発売されることもあります。

カラー展開も商品によってさまざまですが、力強さが感じられるデザインはどのモデルにも共通している点と言えるでしょう。

ウブロをより高く売るために

ウブロの時計をより高く売るために、意識したいポイントを3つご紹介します。

付属品・ギャランティーカードを揃える

「付属品・ギャランティーカードを揃える」のイメージ画像

ブランド時計を高く売るためには、付属品やギャランティカードをセットにする必要があります。時計の付属品とは、購入時についてきた箱や袋、余りコマなどのことです。

ギャランティカードは保証書と呼ばれることもあり、商品が本物であることを証明するもの。中古市場で時計などの高価なアイテムを購入する際に、ギャランティカードがあれば買取店も安心して買取ができるのです。

付属品やギャランティカードは、後から持ち込んだとしても対応してもらえない可能性があるため、必ず一緒に査定へ出しましょう。

相場動向を日々チェックする

「相場動向を日々チェックする」のイメージ画像

ウブロのような高級時計の相場は、日々変動していることを覚えておきましょう。つまり、買取額は上がったり下がったりするということ。

例えば、世界的に時計の定価が上がったタイミングには、買取額がアップする傾向があります。また、需要が増えるボーナス前も、各店舗が買取に力を入れるため、査定額アップのチャンス。

そのため、衝動的に売るのではなく時期を見極めましょう。もしも、自身で相場を把握することが大変だと感じたら、信頼できる買取店へ相談する方法がおすすめです。

ウブロに精通する買取店へ売却

「ウブロに精通する買取店へ売却」のイメージ画像

ウブロの売却時に大切なのは、ウブロに精通した買取店を選び、高価買取へとつなげることです。

ウブロの時計に詳しいか否か知りたいときは、ウブロについての専用ページがあるか否か、買取店の公式サイトを要チェック。

もしも、記載がない場合は、必ず事前におおよその買取額を店舗に問い合わせてから売りに出すかどうかを判断しましょう。

まとめ|ウブロを売るなら買取エージェントまで

ウブロの資産価値や評価・魅力をご紹介しました。

買取専門店「買取エージェント」ではそんなウブロの時計を高価買取中。

各店に市場価格に精通した熟練の鑑定士がおりますので、お客様の大切なお品物をどこよりも高くお買取致します。

手数料なども一切かかりませんのでお気軽にお申し付けください。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら