涼やかな若草色のグリーンゴールド|結婚指輪にもおすすめの理由

作成日:2020年04月06日
最終更新日:2021年06月15日

カラーゴールド

グリーンゴールドイメージ

 

ゴールドは、美しい金色の輝きに加え、さまざまな「カラー」も楽しめる貴金属です。

 

ピンクやホワイト、イエローといったメジャーなカラーのほかに、「グリーンゴールド」というカラーがあるのをご存じでしょうか。

 

今回は結婚指輪としても密かに人気なグリーンゴールドの魅力や特徴、取扱いブランドについて詳しくご紹介します。

グリーンゴールドとは?

金といえば、深みのある山吹色とゴージャスな輝きが特徴の金属です。

 

また、純金とは色のニュアンスが異なる「カラーゴールド」と呼ばれるものも存在します。

 

ほんのり赤みがありかわいらしい雰囲気の「ピンクゴールド」、黄色みが薄く白っぽい「ホワイトゴールド」などは、よく知られた存在です。

 

「グリーンゴールド」とはこういったカラーゴールドの1種で、名前が示す通り、ほんのりと薄い緑色をしています。純金が持つ華やかでゴージャスな雰囲気とはひと味違う、すっきりとした爽やかな輝きが魅力。

 

しかし日本国内ではどちらかといえばレアカラーで、取り扱うブランドも限られています。実際にグリーンゴールドのジュエリーを見てみたいときは、ハワイアンジュエリーのブランドをチェックするといいでしょう。ほかのカラーゴールドと並び、バリエーションのひとつとして多くのジュエリーがラインナップされています。

グリーンゴールドの色や特徴

「グリーンゴールドの色や特徴」のイメージ画像

画像引用 楽天市場

 

グリーンゴールド独特の清涼感のあるカラーは、純金に銀を混ぜることで作られます。たとえばK18のグリーンゴールドは、金が75%、銀が25%の割合で使われている金合金です。合金を作るときに、ベースとなる金属に混ぜる金属のことを「割金(わりきん)」といいます。

割金とは、硬さや加工のしやすさを向上させるために純金に配合されます。

 

純金は非常にやわらかい金属で、棚の中に飾っておくオブジェや、資産として貯めておくインゴットなら問題ありませんが、日常的に身につけるジュエリーの素材としてはあまり適していません。

 

少しの衝撃で変形したり、キズがついてしまったりするからです。さらに加工もしづらく、商品のバリエーションも少ないのです。

金を薄く延ばした「金箔」を見たことがある人は多いのではないでしょうか。純金は強い力で叩いても破壊されることはありませんが、柔軟に形を変えてどこまでも薄く延びていきます。この展延性の高さは金の特性のひとつではありますが、ジュエリーが簡単に形を変えてしまってはせっかくのデザインが台なしです。そこで、ほかの金属を混ぜることによって硬さをアップさせ、耐久性を高めています。

 

さらに金には、割金の種類によって色が変わるという特徴があります。この性質を利用して、グリーンやピンク、ホワイトといったさまざまな色調のものが作られているというわけです。絵の具を混ぜ合わせて色を作るようなイメージでとらえると分かりやすいでしょう。グリーンゴールドの浅い緑色は、金と銀が混ざり合うことによって生まれます。

 

しかし銀も、どちらかといえばやわらかい金属で、金と銀の割合が高いグリーンゴールドは、ピンクゴールドなどほかのカラーゴールドほど硬くありません。身につけるときや購入するときは、それを念頭に置いておきましょう。

グリーンゴールドは5月20日の誕生石

「グリーンゴールドは5月20日の誕生石」のイメージ画像

グリーンゴールドは宝石ではなく貴金属(化学的な変化を受けにくい、産出量が少なく希少な金属)ですが、5月20日の誕生石として選ばれています。

 

グリーンゴールドが持つ涼しげな雰囲気は、植物がぐんぐんと新芽を伸ばす爽やかな季節にぴったり。5月20日生まれの人へのプレゼントや、この日に記念日を迎える人へのお祝いに贈るのにも適しています。「満足感」という石言葉もつけられており、「一緒にいて幸せ」「いつまでも2人で歩みたい」という満ち足りた想いとともにプレゼントするのもおすすめです。

こんな人はグリーンゴールドがおすすめ!

グリーンゴールドは、人とは違うジュエリーを身につけたい人におすすめです。

 

ピンクゴールドやイエローゴールドのジュエリーは、定番中の定番であるがゆえに周囲の人と被ってしまうことも少なくありません。その点レアカラーで流通量の少ないグリーンゴールドなら、人と違う個性を表現できます。日本人に多い黄色みのある肌との相性も非常によく、既存のジュエリーに飽き足りない人も新鮮な気持ちで身につけられます。

 

また、金合金の中ではやわらかめであることから、華奢なものよりも大ぶりなジュエリーが多く、存在感のあるジュエリーが好きな人にもおすすめです。

 

ナチュラルなトーンで、ピンクゴールドのラブリーな雰囲気や苦手な人、ゴールドを身につけたいけれど華美さはひかえめにしたい人にもマッチします。特に赤みの強いピンクゴールドが似合わない、しっくりこないという人は、補色関係にあるグリーンゴールドを試してみてはいかがでしょうか。

涼やかで爽やかなグリーンゴールド

「涼やかで爽やかなグリーンゴールド」のイメージ画像

ゴールドのジュエリーというと、「ゴージャス」「華麗」「きらびやか」というイメージがあり、普段から身につけるには抵抗があるという人も少なくありません。

 

一方でグリーンゴールドは、清涼感のある色味が金そのものの輝きとバランスよく調和し、ナチュラルな雰囲気をまとっていることから、日常的に身につけやすいのが特徴です。

 

また、ハワイアンジュエリーでは定番のカラーで、自然モチーフのデザインと非常にマッチします。

 

ハワイ伝統の花「プルメリア」、幸せな未来を象徴する「ハイビスカス」、波を意味する「スクロール」、光を呼ぶ幸運の植物である「モンステラ」。一つひとつのデザインに意味があり、大地からパワーをもらえることから、ハワイアンジュエリーを癒やしのジュエリーと呼ぶ人もいます。グリーンゴールドは、ジュエリーを身につける意味さえ変えてくれる、そんな点が大きな魅力なのです。

メリット

・レアカラーで個性を表現しやすい
・ナチュラルな雰囲気があり、性別、場所、シチュエーションを問わず身につけられる
・涼やかさと同時に金が持つ輝きも楽しめる

デメリット

・取り扱いブランドが少なく商品のデザインが限られる
・銀成分が多いため変色のリスクがある
・ほかのカラーゴールドと比較するとやわらかく、取り扱いに注意が必要

グリーンゴールドの指輪を扱うブランド

グリーンゴールドのジュエリーはどちらかといえばレアで、取り扱っているブランドも限られています。その中でもハワイアンジュエリーのブランドでは比較的取り扱いが多く、自然のモチーフを彫り込んだナチュラルテイルとのジュエリーを楽しめます。

 

ここではハワイアンジュエリーを中心に、グリーンゴールドのリングを取り扱っているブランドと、おすすめのジュエリーをご紹介します。

lei pikake(レイピカケ)

「lei pikake(レイピカケ)」のイメージ画像

画像引用 lei pikake 楽天市場店

 

定価: ¥ 136,114-(税込)
素材:K14グリーンゴールド

 

lei pikake 公式HP

 

ハワイアンジュエリーの専門店です。大切な人へ愛情や思いやりを込めて贈るハワイアンジュエリーの基本を忠実に守り、Mana(魂)が宿るジュエリーを提供しています。オーダーメイドを含む本格ジュエリーから、数千円で買える普段使いに向いているものまで、幅広いラインナップが取りそろえられています。

 

「14Kグリーンゴールド インサイドリング」は、デザインや宝石(ブルーサファイア)が内側にあしらわれるタイプのペアリングです。デザインの種類やブルーサファイアの有無、刻印が選択可能。見えないインサイドの部分に込められた思いを感じながら毎日身につけられるシンプルさが魅力です。シンプルだけれどひと工夫あるデザインが好きな人におすすめです。

LocoMocoAloha(ロコモコアロハ)

「LocoMocoAloha(ロコモコアロハ)」のイメージ画像

画像引用 LocoMocoAloha 楽天市場店

 

定価: ¥ 29,999-(税込)
素材:K14グリーンゴールド

 

LocoMocoAloha 公式HP

 

魅力的なデザインのハワイアンジュエリーの数々を、ハワイのメーカーから直接輸入しているブランドです。現地で作られる本物のハワイアンジュエリーが多数ラインナップされています。手軽に楽しめる5000円以下のプチプラからフルオーダーの高級品まで取り扱っているお店で、欲しいデザインがきっと見つかります。

 

「14K グリーンゴールド プルメリア・スクロール 透かし柄リング」は、ハワイのレイに使われるプルメリアの花を繊細にあしらった、ダイヤモンドエッジが輝くデザインが魅力。透かし彫りの6mm幅で、存在感と繊細さが共存しています。爽やかな華やかさを身につけたい人におすすめです。

BONANZA(ボナンザ)

「BONANZA(ボナンザ)」のイメージ画像

画像引用 BONANZA 楽天市場店

 

定価: ¥ 11,000-(税込)
素材:K18グリーンゴールド

 

BONANZA 公式HP

 

軽井沢に工房を持ち、シンプルかつ個性的なジュエリーを作っているブランドです。10,000円程度から幅広い価格帯・デザインのジュエリーがラインナップされています。

 

「K18グリーンゴールド フェアリーリング」は、1mm幅という細さが魅力のリングです。まっすぐなストレートとカーブのついたウェーブの2タイプから選択でき、表面仕上げも選べるのがポイント。指が細く幅が広い指輪が似合わない人、控えめでさりげないおしゃれを楽しみたい人におすすめです。

ALOALO(アロアロ)

「ALOALO(アロアロ)」のイメージ画像

画像引用 ALOALO 公式HP

 

定価: ¥ 47,410-(税込)より
素材:K14グリーンゴールド

 

ハワイのホノルルに店舗とファクトリーを持つお店です。本場デザインのオーダーメイドジュエリーがハワイ価格で手に入ります。素材やデザインが豊富で、20,000円以下から20万円以上のものまでラインナップされており、予算に合わせて選ぶこともできます。

 

「14k グリーンゴールド オーダーメイドリング」は、好みに合わせてデザインや宝石の有無を選べるのがうれしいオーダーメイドジュエリー。グリーンゴールドのナチュラルな色味が、ハワイアンデザインを引き立てます。エッジデザインや宝石の種類など、細かい部分にまでこだわったオンリーワンのジュエリーを身につけたい人におすすめです。

PUA ALLY(プアアリ)

「PUA ALLY(プアアリ)」のイメージ画像

画像引用 PUA ALLY 公式HP

 

定価: ¥ 121,000-(税込)
素材:K14グリーンゴールド、ブルーダイヤモンド

 

思いを過去から未来へつなぐもの、というハワイアンジュエリー本来の意味を大切にしているブランドです。柄ごとに違った意味を持つハワイアンデザインが繊細に施されているのが魅力。一生の記念である婚約指輪にふさわしいハイグレードジュエリーから、普段使いに最適な10,000円台のものまで幅広くラインナップされています。職人が1点ずつ手彫りするオーダーメイドジュエリーを身につけたい人におすすめです。

 

「フラット ハワイアン トラディショナルリング」は、結婚指輪として使える繊細なデザインが魅力のリング。爽やかな色合いと自然のモチーフがよく合います。

まとめ

グリーンゴールドはハワイアンジュエリーで多く取り扱いがあることから、海や自然が好きナチュラル志向の方へのプレゼントなどにも最適なカラーゴールドですよね。

ブランドによって割金の配合が違い、様々な色合いがありますので、購入前にはグリーンの色合いをしっかりチェックすることをおすすめします。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら