ゴヤール(GOYARD)マーカージュとは?デザインの定番や魅力を解説

作成日:2018年03月30日
最終更新日:2021年10月25日

ゴヤール

ゴヤールの画像

 

もともと高級トランクメーカーとして知名度が高いゴヤールが作り出したバッグは、大容量ながら軽量であることから多くの人から支持されていました。

そんなゴヤールのバッグが、最近また注目されていることを知っていますか?

今回はそのきっかけとなった「マーカージュ」について、ご紹介していきたいと思います。

マーカージュとは

「マーカージュとは」のイメージ画像

ハンドバッグからクラッチバッグと幅広い形状にカラーも豊富に取り揃っているゴヤールのバッグですが、そこにひと手間加えることができる「マーカージュ」はここ最近ゴヤールの定番となってきています。

マーカージュとはゴヤールの職人がイニシャルや模様をペインティング加工してくれることを指します。

定番はバッグですが、財布やトランクなどにも刻印は可能です。ひとつひとつ職人が手描きで行うマーカージュは、芸術作品ともいえ各界の貴族やセレブと多くの人から愛されています。

マーカージュの歴史

「マーカージュの歴史」のイメージ画像

ゴヤールのマーカージュが生まれたのは、創設者であるゴヤール家の家業がきっかけでした。ゴヤール家は河川運送業者を営んでおり、水路で運ぶ薪に遠くからでもわかるよう刻印を入れる必要がありました。

その際、家紋や一目見てわかるようにストライプやイニシャルを入れていました。こうした経験からブランド創設当初に作っていたトランクに、刻印をすることはゴヤール自身、とても自然な流れでした。

代々続く水路を経ても消えない高い技術力とゴヤールのデザイン性が合わさり、ブランドの魅力のひとつであるマーカージュが誕生したわけです。

マーカージュの定番デザイン

「マーカージュの定番デザイン」のイメージ画像

マーカージュの定番デザインはイニシャルとストライプ柄です。

あの有名なココ・シャネルもイニシャルのC.Cとシルバーとスカーレットのストライプをデザインしたと言われています。

イニシャルは、カラーとフォントを4種類の中から選択することが出来ます。ストライプも太さや線の数、配置などと豊富に選ぶことができオンリーワンのアイテムを作り出すことができます。

Instagramなどでアップされているデザインを参考に自分だけのオリジナルデザインを考えてみると楽しいかも知れません。またゴヤールの公式オンラインサイトで刻印をシミュレーションできますよ。

セレブにも人気のマーカージュ

「セレブにも人気のマーカージュ」のイメージ画像

・ココ・シャネル

・オーランド・ブルーム

・ニッキー・ヒルトン

・グウィネス・バルトロウ

 

先ほど紹介したココ・シャネルをはじめ、たくさんのハリウッドスターがマーカージュでイニシャルの刻印をしています。ハリウッドスターの愛用者も多いゴヤールだからこそでしょうね。さらにイニシャルの以外では、ゴヤールの顧客として有名なイギリス王のエドワード8世ことウィンザー公爵がストライプと名前をを刻印していたとのことです。

マーカージュの完成までの期間はおよそ1か月

ゴヤールのマーカージュは、職人が筆でひとつづつ手を加えています。ブランド独自の天然塗料を使用し、塗っては乾かし塗っては乾かしを繰り返して作り出しています。

そのため発注から、およそ1ヶ月ほどかかります。プレゼントをお考えの場合は、はやめに注文することをおすすめします。

注意点

マーカージュは、直営店で購入してオーダーしないといけません。

ゴヤールは、公式サイトにも記載のとおりオンライン販売はなし。そのため現在日本では6店舗のみが可能となります。

世界に1つのオリジナルデザイン|ゴヤールを売るなら買取エージェントまで

一目見ただけでもゴヤールの商品だと気づくことができるほどに、オリジナリティ溢れるデザインとなっています。ピカソも愛用していたといわれているほどに伝統高いフランスの高級ブランド。

そのゴヤールで、世界に1つだけ自分だけのオリジナルデザインは生涯大事なアイテムになること間違いなし。パーソナルアイテムとして、ぜひゴヤールのマーカージュをゲットしてみては?

またマーカージュの有り無しに関わらず、使わなくなったゴヤールを売るならぜひ買取専門店「買取エージェント」をご利用ください。

市場価格に精通したブランド品鑑定経験豊富な鑑定士が、お客様の大切なお品物を丁寧に査定致します。

高価買取ではどこにも負けない自信がございます。

手数料も一切かかりませんので、どうぞお気軽にお申し付けくださいませ。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら