Ferragamo(フェラガモ)が人気な年齢層とブランドイメージ|実際の買取依頼年齢層も紹介

作成日:2020年12月03日
最終更新日:2021年06月15日

サルヴァトーレ・フェラガモ

世界中のセレブ達に愛されるイタリア発のファッションブランド、サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)
履き心地の良い靴やデザイン性の高いバッグなど、フェラガモのアイテムに魅了される方も多いです。
「大人向けブランド」というイメージですが、実際のおすすめ年齢層はどのぐらいなのでしょうか。
また買取エージェントでの買取実績データより、実際にどの世代の方が買取依頼されているのかも考察します。
また年代別おすすめアイテムも参考にしていただければと思います。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Salvatore Ferragamo(@ferragamo)がシェアした投稿

フェラガモとは?ブランドイメージと概要

「フェラガモとは?ブランドイメージと概要」のイメージ画像

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)とは、イタリア発の90年を超える歴史を持つハイブランドです。

様々なハイブランドがある中で、フェラガモは特別目立ったイメージを持たれていないかもしれません。

世間のブランドイメージとしては、少し年齢層が高めの落ち着いたラグジュアリーといったところでしょう。

ブランドのアイコンは人気のガンチーニやヴァラなどで、見る人が見ればフェラガモだと一目で認識できるデザインだと思います。

そしてフェラガモといえば、多くのセレブやスターが愛してきた靴のブランドとしてもとても有名。

世界的な高級靴ブランドでといえばルブタンやジミーチュウも有名ですが、フェラガモはそれに引けを取らないほど確固たる品質と信頼を得ています。

高級靴ブランドとしての信頼は、マリリンモンローやオードリーヘップバーンといった歴史に残る女優や、世界中のセレブに愛されてきた事実によって納得させられます。

伝統を守りながらこだわりと工夫を凝らした靴で成長を遂げてきたフェラガモは、現在はバッグや靴のブランドとしても世界的な地位を獲得しました。

フェラガモの歴史は靴の歴史でもある

「フェラガモの歴史は靴の歴史でもある」のイメージ画像

ハイブランドを語る上で知りたくなる、知っておきたいのがブランドの歴史。
フェラガモは、現在主流となっているパンプスやヒールの形を世に定着させたブランドでもあり、いわばフェラガモの歴史は靴の歴史と言っても良いほどです。
フェラガモが作り出したこれまでの歴史を少しだけ振り返ってみましょう。
フェラガモのブランド名は、創始者である天才靴職人から名づけられました。
サルヴァトーレ・フェラガモ氏が生まれたのは、1898年、イタリア南部のカンパニア州でのこと。
わずか9歳のときに妹が洗礼式で履くための靴を製作し、11歳のときには自宅で靴屋を開業しています。
これが彼にとって、靴職人として生きる、スタートラインであったのでしょう。
その後15歳でアメリカに渡り、1919年には、カリフォルニア州のサンタバーバラで靴の修理・オーダーメイド製作を手掛けるショップをスタートします。
そこから彼の才能は一気に世に知られていくことになります。
マリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンをはじめとする、数々のハリウッドセレブにその腕を買われ、「スターの靴職人」という名で親しまれました。
同時期にサルヴァトーレは、地元の大学で人体解剖学を学びます。
ショップ運営のかたわら、足に負担をかけにくい靴を作るための勉強・開発に取り掛かるのでした。
デザインの素晴らしい靴を作ることは容易いですが、サルヴァトーレは靴の第一目的である「歩くこと」をより心地良くするには?ということを重要視します。
サルヴァトーレデザインと機能性の両方が優れている靴を生み出すために、徹底的に研究を続けることになります。
そしてフェラガモのブランドがスタートしたのは、1927年のこと。
サルヴァトーレはイタリア・フィレンツェに戻り、自身の靴工房をオープンします。
多くの顧客を抱え、ブランドの歴史は華々しいものになると予想されましたが、世界大恐慌のあおりを受け、1933年には一度倒産しています。
その後1938年に、ブランドは復活。
スピーニ・フェローニ宮殿を購入し、そこにブランドの拠点である工房と本店を置きました。
第二次世界大戦中の材料不足にも負けず、新たな素材を精力的に採用し続けた点も、フェラガモならではの特徴の一つです。
女優に愛されるデザイン性の高さも、顧客の心をつかむ要因でした。
そのデザインの基本とは、実は今でも定番となっているウェッジソールやプラットフォームといったものです。
女性のヒール靴といえば、ピンヒールが一番女性らしく美しいとされてきましたが、その形状からわかる通り安定性があるとは言えません。
デザインの良さと引きかえに、かかとが擦れて痛かったり、またその痛みを耐えてまで履くことは女性の負担でしかないというのは明白です。
サルヴァトーレは機械生産でなく、手作りにこだわったデザインと履き心地の良い靴を多く作り出していきました。
1960年にサルヴァトーレはこの世を去りますが、ブランドは家族の手によってさらに成長していきます。
生前の彼の意志を汲み、「優れたシューブランド」から「世界中の人の心をつかむ総合ファッションブランド」へと変貌したのです。

フェラガモがおすすめの年齢層

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Salvatore Ferragamo(@ferragamo)がシェアした投稿

フェラガモはラグジュアリーな雰囲気をまとったブランドであり、上品で落ち着いたデザインのアイテムを多く発表しています。

このような特徴から、20代後半から40代の年齢層、働き盛りの大人の女性におすすめのブランドです。

それより上の世代の女性は、フェラガモの品の良さをより上手にコーディネートできる方が多い印象です。

上質なアイテムだからこそ、50代や60代といった年齢層の女性が身につけていても違和感がないでしょう。

ハイブランドの中でもフェラガモは伝統的なデザインをとても大事にしており、昔から変わらない所謂流行り廃りのないアイテムを数多く取り揃えています。

トレンド感満載のファッションアイテムも勿論魅力的ですが、長く使えるとっておきのアイテムは誰もが持っておきたいものです。

年齢層に囚われない不変のラグジュアリーを、是非フェラガモで手に入れてみてはいかがでしょうか。

フェラガモの買取依頼年齢層データを考察

「フェラガモの買取依頼年齢層データを考察」のイメージ画像

買取エージェントでは様々なブランドの買取をしており、その中でもフェラガモは常に多くの買取をさせていただいています。

世間のイメージでは「大人のブランド」ですが、実際にフェラガモを購入し買取依頼をしている年齢層はどうなっているのでしょうか?

2020年の自社買取実績をもとに、フェラガモの買取依頼年齢層データをまとめました。

すると、最も買取依頼が多い年代は40代の40%、次いで50代の30%、そして20代、60代~、30代の順位となりました。

ボリュームゾーンは40代と50代で、全体の7割を占めます。

この年代は、年齢とキャリアを重ね、また家庭も落ち着いた女性が多いでしょう。

まさにイメージ通り、大人の女性がメインということです。

意外にも20代の方は1割以上で、大人の女性以外にも利用者は一定数いることがわかります。

年齢を重ねても長く使えるデザイン、クオリティのフェラガモは世代を超えておすすめのブランドです。

年齢層に合ったフェラガモの定番アイテムを紹介

フェラガモの伝統的なクラフトマンシップは、私たちに最高のラグジュアリーと心地よさを提供してくれます。

特に昔からある定番のアイテムを実際に使ってみると、ロングセラーになっているのがきっと頷けることでしょう。

創業当時から愛され続けているフェラガモの靴はもちろんのこと、フェラガモのアイコンを感じる数々のアイテムたちを一生に一度は身につけてみたいですよね。

比較的どの年齢層にマッチするものばかりですが、以下にまとめてみました。

全ての年齢層の女性に!ブランドアイコン「ガンチーニ」のアイテム

フェラガモ BOXYBAG

参照元:フェラガモ公式サイト

BOXY BAG
¥825,000 (税込)

 

フェラガモ アイフォンケース

参照元:フェラガモ公式サイト

iPhone11 Pro ケース
¥27,500 (税込)

 

フェラガモといえば、ブランドモチーフでもあるガンチーニは欠かせません。
ガンチーニはイタリア語で「小さな留め具」という意味で、その名の通りバッグなどの留め具として登場しているのですが、現在はフェラガモを象徴するデザインとして様々な使われ方をしています。
多くのシリーズで見られるガンチーニのアイテム。
どんな年齢層でもマッチしますし、デザインも様々なので選ばれやすいです。
きらりと光るアイコニックなガンチーニは、これからもフェラガモのアイコンとして愛され続けるでしょう。

20代~年齢層におすすめ「Vara(ヴァラ)」

フェラガモ vara パンプス

参照元:フェラガモ公式サイト

ヴァラ パンプス
¥88,000 (税込)

 

 

フェラガモ vara 長財布

参照元:フェラガモ公式サイト

ヴァラ 長財布
¥70,400 (税込)

 

フェラガモブランドのガンチーニと並ぶアイコンとも言えるのが、ヴァラ。
スクエア調のリボンにアクセントとなる中央の金具が、年齢層に囚われない大人可愛いデザインを実現しています。
リボンなのに可愛すぎない、子供っぽくないのがフェラガモらしさを感じますよね。
ヴァラのデザインはフェラガモにあるシューズの最も定番であり、フラットヒールやチャンキーヒール、ピンヒール、サンダルとバリエーション豊かです。
また、バッグや財布にもよくモチーフとして登場し、人気の高さが伺えます。
ヴァラの中にも、キュート寄りだったりクール寄りだったりアイテムによって幅広いテイストがあり、これも選ばれやすい理由のひとつ。
20代の若い女性にぴったりなヴァラのリボンデザインですが、可愛すぎず子ども過ぎずの絶妙なフェミニンさはさらに上の年齢層の方でも違和感なく使えるでしょう。

30代の年齢層におすすめ バレリーナシューズ「varina(ヴァリナ)」

フェラガモ ヴァリナ フラットシューズ

参照元:フェラガモ公式サイト

ヴァリナ バレリーナシューズ
¥79,200 (税込)

 

フェラガモといえば、美しいハイヒールを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、動きやすいフラットシューズも人気アイテムの一つです。
フェラガモにはヴァリナ以外にも多くのフラットシューズ(バレリーナシューズ)があるので、子育て中の30代女性にはとてもおすすめ。
登場して以来、ブランドを飾る顏として多くの人に愛されているのがヴァリナです。
ヴァラのリボンモチーフのものがとても人気です。
カラーバリエーションやが豊富なので、カジュアルにもシックにも楽しめるでしょう。
オシャレと機動力の両立を目指す30代女性におすすめです。

40代の年齢層におすすめ「スライドサンダル」でこなれ感を

フェラガモ スライドサンダル

参照元:フェラガモ公式サイト

スライドサンダル
¥75,900 (税込)

 

定番のヒールやパンプスを一通り持っていたり、履きこなしていたりするのが40代の年齢層だと思います。
ライフスタイルにも大人の余裕がある年代ですよね。
そんな世代には、ラフでこなれた装いに活躍するフラットなサンダルを取り入れてみるのがおすすめ。
ガンチーニモチーフがアクセントになったサンダルは、こなれ感たっぷり。
様々なタイプのシューズを取り揃えているフェラガモを是非チェックしてみてください。

まとめ

天才靴職人が作り上げ、世界的な人気ファッションブランドへと成長したフェラガモ。

大人世代の女性たちの、気持ちを上げてくれるブランドです。

バッグや財布を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ブランドを築き上げてきた主力の靴はやっぱり外せません。

美しく機能的な靴は、フェラガモの歴史が詰まった特別なアイテムです。

ぜひ注目してみてください。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら