ダイヤモンドの価値基準とは?ダイヤの種類別に価値を知っておこう

作成日:2020年04月30日
最終更新日:2021年06月15日

ダイヤモンド

3106115_s

 

ダイヤモンドはカラーや産地などによってその価値が異なりますが、具体的にどのようにして価値が決められるのか知っていますか。

 

この記事では、ダイヤの価値基準や、価値の高いダイヤにはどのような種類があるかなど、誤解されやすいダイヤモンドの価値について詳しく説明していきます。

ダイヤモンドに資産価値がないと言われるのはなぜ

「ダイヤモンドに資産価値がないと言われるのはなぜ」のイメージ画像

「100万近くしたダイヤモンドを売ったら、3万円にしかならなかった」という話を聞いたことがありませんか。

 

ダイヤにはよくこのような話がついて回るため、『ダイヤモンド=資産価値がない』と思われがちですが、実際にはそうではありません。

 

確かに売りに出した額が購入額を下回ってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、上述した例え話のように、あまりにも購入額との差異がある場合、それは恐らく「元々が3万円ほどの価値しかないダイヤモンドを、100万円で買わされていた」ということが考えられます。

 

「ダイヤモンドには資産価値がない」と言われる所以は、このようにダイヤモンドの資産価値を購入額でのみ図ろうとしてしまうことが主な原因であると考えられます。

ダイヤモンドの資産価値はグレードによって変わる

「ダイヤモンドの資産価値はグレードによって変わる」のイメージ画像

純度により資産価値が決まる金とは異なり、ダイヤモンドの資産価値はグレードによって決まります。ダイヤモンドは原石を研磨するなど、人の手を加えられて初めて『製品』としての価値が宿ります。

 

製品化されたダイヤは国際的に定められた評価基準によってグレードが測定され、ダイヤモンド鑑定機関を通して正式に資産価値が決められるのです。

ダイヤモンドの価値基準を決める「4c」とは

上記で挙げた「国際的に定められた評価基準」とは、具体的に下記4つの項目のことを指します。

 

・Carat(重さ)
・Color(色)
・Clarity(透明度)
・Cut(形)

 

ダイヤの評価基準はこれらの頭文字を取って「4c」と呼ばれ、この4cの総合評価によりダイヤの価値が定められます。

ダイヤモンドの価値は暴落する?!その理由とは

「ダイヤモンドの価値は暴落する?!その理由とは」のイメージ画像

ダイヤには資産価値がないわけではありませんが、近年「ダイヤの価値が暴落するかもしれない」ということが懸念されているのも事実です。

 

一体どのような理由があるのでしょうか。

ダイヤモンドの価値はコントロールされている

一般的にダイヤモンドは高価なイメージがありますが、実はそれは企業の手によってコントロールされた概念です。

 

長年ダイヤモンド市場を独占してきたデビアス社は、ダイヤの生産量や流通量をコントロールすることでダイヤの希少価値を高め、『ダイヤモンド=高価』というブランディング戦略を行ってきました。

 

しかし近年では安価なダイヤモンドを人工的に作ることができるようになり、デビアス社以外にもダイヤの発掘・販売を行う企業が増えてきたことなどが原因して、ダイヤの希少価値は薄れつつあります。

 

これらのことが原因となり、近年ダイヤの価値を懸念する声が上がってきているようです。

「カラーダイヤモンド」とは?価値や特徴

「「カラーダイヤモンド」とは?価値や特徴」のイメージ画像

出典元:https://www.diamond-bourse.com/

とはいえ、今でもなおブルーやグリーンなどの色がついたカラーダイヤモンドは希少価値が高く、高価な宝石として売買されています。

 

中には取引価格が億単位になるものもあり、カラーダイヤモンドの価値は現在でも十分高いものと言えるでしょう。

「リリーダイヤモンド」とは?価値や特徴

リリーダイヤモンドとは、Lili社という世界トップのダイヤの研磨会社が研磨したダイヤモンドのことを指します。

 

海外の有名ブランドにもダイヤを供給しているLili社のダイヤモンドは世界中で高い人気を誇っており、数万円で購入できるものから、高いものだと100万円を超えるものまで販売されています。

「カナディアンダイヤモンド」とは?価値や特徴

北極圏の氷の世界で生まれたカナダ産のダイヤモンドは、透明度が高く、綺麗な8面体のものが多く産出されることで有名です。

 

カナディアンダイヤモンドは安いもので5万円程度、高いものだと50万円以上の価値があります。

「テーパーダイヤモンド」とは?価値や特徴

「「テーパーダイヤモンド」とは?価値や特徴」のイメージ画像

画像引用 楽天市場

 

ダイヤを階段状にカットする技法をテーパーカットといい、このカットが施されたダイヤをテーパーダイヤモンドと呼びます。

 

個性的な印象が強いテーパーダイヤモンドは、最近ではオーダーメイドレベルでないとお目にかかることがなく、数万円で購入できるものから100万を超えるものまであります。

「ロシア産ダイヤモンド」とは?価値や特徴

ロシア産のダイヤモンドは恵まれた地底環境の中で育ったため、その透明度が他のダイヤより群を抜いて高いことで知られています。

 

ロシア産ダイヤモンドは単体でも安くて10万円ほどし、高価なタイヤモンドとして取り扱われています。

プロの鑑定士に無料査定を依頼する

「プロの鑑定士に無料査定を依頼する」のイメージ画像

今回ご紹介したように、ダイヤモンドは知識と経験がなければ本来の価値を見極めるのが難しい宝石です。

 

お手元に不要なダイヤモンドやダイヤのジュエリーがある場合は、まずはプロ鑑定士に無料査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

 

長い目で見たときに価値が下がるかもしれないダイヤモンドは、その前に買取査定へ依頼することをおすすめします。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら