【2022年最新】デイトジャストの価格推移は? 今後の買取相場を予想!

作成日:2022年03月17日
最終更新日:2022年03月21日

ロレックス

ロレックス デイトジャストは、1945年に誕生した0時に日付が切り替わるデイトジャスト機構を搭載したモデルです。

 

オイスターケースやパーペチュアルも搭載された定番モデルとして現在でも高い評価を得ています。

 

「ロレックス デイトジャストの価格推移は?」

「ロレックス デイトジャストの価格は今後どうなるの?」

 

この記事ではそんな疑問を持つ方に向けて、ロレックス デイトジャストの各モデルにおける価格推移、さらに価格高騰の理由から今後の価格予想まで紹介します。 

デイトジャストの人気モデルの価格推移

デイトジャストの以下5つの人気モデルの価格推移をここで紹介します。

 

・デイトジャスト41 126300

・デイトジャスト36 126200

・デイトジャスト36 126233

・デイトジャスト41 126334

・デイトジャスト 126331

 

それぞれについて1年間の価格推移を載せているので、詳しく見ていきましょう。

デイトジャスト41 126300

「デイトジャスト41 126300」のイメージ画像

出典:価格.com

 

・型番:126300

・製造期間:2018年~

・文字盤:青、黒、白など

・ケースサイズ:直径41 mm

 

2020年から1年間を通して価格推移は、40万ほどの上昇を見せています。2018年に発売された新作ということもあり、需要が増しているようです。

 

定価874,500円のオイスターブレスレット搭載機においては、2022年現在、120万円以上のプレミア価格で値上がりを見せています。とくにダークロジウム・ブラック・ブルーの文字盤は人気が高く狙い目です。

デイトジャスト36 126200

「デイトジャスト36 126200」のイメージ画像

出典:価格.com

 

・型番:126200

・製造期間:2019年~

・文字盤:青、黒、シルバーなど

・ケースサイズ:36mm

 

デイトジャスト36 126200も、他のデイトジャスト同様に相場の上昇が見られます。2019年に展開された新しいモデルとして人気が高いということと、36mmケースという小型ケースへの需要拡大が関係しているようです。

 

プレミア価格での価格高騰が見られ、今後も相場を上げる可能性をが高く注目のモデルです。

デイトジャスト36 126233

「デイトジャスト36 126233」のイメージ画像

出典:価格.com

 

・型番:126233

・製造期間:2018年~

・文字盤:青、黒、シルバーなど

・ケースサイズ:36mm

 

SS×YGコンビであるデイトジャスト36 126233は人気の配色展開が多く、価格帯が高いハイエンドモデルです。定価は1,328,000円であるにも関わらず、現在の価格推移は160万円前後と価格の上昇が見られます。

 

とくにホワイト文字盤の人気が高い傾向にあり、シャンパンカラーの価格相場は定価付近の130万前後を推移。カラーにより価格推移は異なりますが、全体を通して最新モデルで人気があるためじわじわと相場を押し上げているようです。

デイトジャスト41 126334

「デイトジャスト41 126334」のイメージ画像

出典:価格.com

 

・型番:126334

・製造期間:2018年~

・文字盤:ブラック、ホワイト、グレー、シルバー、ブルーなど

・ケースサイズ:直径41mm

 

デイトジャスト41におけるフルーテッドベゼルバージョンとして登場した126334。スムースベゼルモデルよりも価値が高く、相場の上昇が見られます。

 

とくにスポーティーな印象を与えるモデルで需要が高まる傾向です。シンプルで耐久性に優れた3列オイスターブレスレット搭載モデルがより高価になります。流通量も少なく、年間を通して相場を見ると大きく相場上昇を見せています。

 

2022年1月にロレックスの価格改定があったため、相場が大きく上昇しているようです。

デイトジャスト 126331

「デイトジャスト 126331」のイメージ画像

出典:価格.com

 

・型番:126331

・製造期間:2016年~

・文字盤:ピンク,グレー,ブラウンなど

・ケースサイズ:直径41mm

 

ステンレススティールとエバーローズゴールドの組み合わせからなるコンビモデルのデイトジャスト 126331。なおエバーローズゴールドとは、ロレックスが独自の合金製法で作った変色防止に特化した素材です。

 

数あるコレクションの中でもエバーローズゴールドを使ったモデルの人気は高く、世界的な需要を持ちます。平均して年間で40万前後の高騰が見られることからも、デイトジャスト 126331の需要が高いことが分かります。

近年ロレックスが価格高騰している?

「近年ロレックスが価格高騰している?」のイメージ画像

近年ロレックスの価格高騰が、世界各国で話題となっています。なぜ、ロレックスの価格が高騰しているのか。

 

ここでは、価格高騰の理由を以下2つのポイントから詳しく紹介します。

 

・生産数の減少

・流通量の変化

 

それぞれ見ていきましょう。

生産数の減少

ロレックスは、年間を通して生産する時計の数を正式に発表していません。そのため正確な数値はわかりませんが、約70〜80万個ほどが生産数だと考えられています。

 

世界各国からの需要が高いロレックスの数としては少なく、常に供給不足でした。さらに2020年頃にはコロナショックによる工場の稼働が一時停止したことから、供給不足がより深刻化したのです。

 

市場価格の決定は供給と需要のバランスで成り立つため、需要が高まりすぎた現在、非常に高い価格推移を見せています。

流通量の変化

ロレックスの流通量の変化も市場価格の決定に大きく影響しています。1つはコロナによる輸出入の物流制限です。各国への輸出量が減り、より供給不足を招いています。

 

もうひとつは、ロレックスが始めた転売防止のための購入制限です。近年、ロレックスの資産価値に目を付けた購入者の増加が極端に増えたため、購入時の身分証提示や転売ユ-ザーの判断をするようになりました。

 

購入ハードルが上がったため入手が困難になり、レア度が増して価値を高めているのです。

ロレックスの価格は今後どうなる?

「ロレックスの価格は今後どうなる?」のイメージ画像

ロレックスの価格は、下がっているモデルも多いですが今後も高騰する可能性が高いと言えます。理由は、コロナによる製造数の減少により、価格高騰が見込まれるためです。

 

他にも2022年より3月〜4月頃に新作展開があるため、旧作の一部が生産終了になり価格の高騰が期待できるでしょう。

 

現在、徐々に経済活動がコロナ前のように戻ってきていることもあり、一時的には価格が下がる可能性もありますが、長期的には高い水準で挙がって行くと予測されています。

買取エージェントでデイトジャストを高価買取!

「買取エージェントでデイトジャストを高価買取!」のイメージ画像

買取エージェントを利用すれば、デイトジャストを高価買取することができます。買取エージェントの特徴について3つ紹介します。

 

・ロレックスの買取強化中

・業界トップクラスの買取実績

・国内外にある独自のルートでどこよりも高く売れる!

 

それぞれ見ていきましょう。

ロレックスの買取強化中

買取エージェントでは、ロレックスを買取強化中です。通常よりも高く値段を付けてくれるので、より高価買取が期待できます。

 

また査定士は業界経験が平均10年以上のプロばかり。ロレックスの定番モデルからレアモデルまで、判断の難しいものもしっかりと査定してくれるので安心です。

業界トップクラスの買取実績

買取エージェントは、業界トップクラスの買取実績を誇るお店です。累計100億円以上の買取実績を持つ買取エージェントでは、正確な査定はもちろん、他社にマネできないロレックスの評価ができ、高値へとつなげてくれるでしょう。

 

本体のみのロレックスや状態の悪い物まで買取可能な同社へ売るのがオススメです。

国内外にある独自のルートでどこよりも高く売れる!

買取エージェントは、国内だけでなく海外にも販路を保有しています。国内のみではあまり高く買取できないモデルも、世界の市場から値段提示できるので高価買取が期待できます。

 

もちろんロレックスと合わせて他の商品もまとめ売りができるので、売りたいと思っているものがあれば、まとめて売ってしまいましょう。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら