使い勝手が良すぎるCELINE(セリーヌ)のTRIO(トリオ)

作成日:2019年12月26日
最終更新日:2019年12月26日

セリーヌ

セリーヌバッグ

みなさんこんにちは!いかがお過ごしでしょうか。本日は、人気ブランドCELINE(セリーヌ)のバッグ、TRIO(トリオ)をご紹介します!

CELINE(セリーヌ)のTRIO(トリオ)って!?

17

CELINE(セリーヌ)は、2008年にクロエで活躍していたフィービー・ファイロがクリエイティブ・ディレクターをしており、今もっとも注目を集めているブランドです。

その中のTRIO(トリオ)とはどんなものかというと、同じサイズのショルダーとポーチがスナップボタンで3連に繋がったデザインのものです。ショルダーバッグになっており、ショルダーバッグとしてそのままお使いいただくのもいいですし、クラッチバッグのように手持ちで持つこともできます!

デザインがシンプルなので、どんな服装やどんなシーンでも活躍するアイテムです!

TRIO(トリオ)のバッグは2種類☆

TRIO(トリオ)のバッグは2種類のサイズ展開をしています!それぞれ使い方や特徴があるので一つずつご紹介します!

トリオラージ

「トリオラージ」のイメージ画像

こちらは、よく大きい方のサイズと言われることの多いものです。大きいサイズなので、長財布や水筒、小物もしっかり入ります!子供とお出かけする際に荷物は多いけどなるべくショルダーバッグのコンパクトなバッグを持ちたい!と言う方にオススメです。現在、トリオラージの定番色「ブラック」は入手困難になるほどの人気です。

トリオスモール

「トリオスモール」のイメージ画像

こちらは、TRIO(トリオ)の小さい方!とかミディアムと呼ばれることの多いバッグです。こちらはラージよりサイズが小さくなっているため、長財布などが入りません。荷物は最小限に抑えないといけませんが、大きさが小さくコンパクトな分クラッチバッグ感覚で使用する方も多いそうです。ショルダーバッグとしても使え、ワンポイントアイテムのような感覚でオシャレに使うことができます。

TRIO(トリオ)のカラー展開は?

41vS2UCxu-L._UY395_-300x300

TRIO(トリオ)はカラー展開が豊富です!一番人気のカラーは定番の「ブラック」になっています。

日本の芸能人にもTRIO(トリオ)の愛用者が多く、その中で人気のカラーが「ベージュ」です。そして、海外セレブが愛用しているカラーが「レッド」です。「レッド」は非常に人気で、中古品などではなかなかないレアアイテムとなっています。

また、最近では「マルチカラー」も発売され、ますます色のラインナップが増えています!

色は派手な色から落ち着いたものまで揃っておりますが、デザインがシンプルで洋服にすごく合わせやすいのでいろんな服に合わせてオシャレが楽しめそうです。

トリオラージはママさんにオススメ!

gahag-0015577149-1-300x200

TRIO(トリオ)は、その名の通り、3つのファスナー付きポーチがスナップボタンで3連に繋がったデザインのバッグです。上記でもご紹介したようにサイズ展開が2種類あります。

その中で大きいサイズのトリオラージはママさんにとってもオススメなんです!ママさんの持っているカバンと言えばリュックサックをイメージされる方も多いのではないでしょうか。ですが、子供のオムツが終わり荷物が減ったり、保育園や幼稚園に通い始めると今まで持っていた量の荷物は必要じゃなくなり自然とリュックの出番は減っていきます。

そこでリュックからショルダーやポシェットに移行するママさんが増えているようです。また、ショルダーバッグだとオシャレに使いこなすこともできとっても便利です!

一見、小さくて荷物がたくさん入りそうには見えないですが、実際にラージは子供とちょっと公園へ行く時に必要な着替えであったり水筒などもすっぽり入ります。

カラー展開もたくさんしているので、普段使いでも使えますし、子供とお出かけをする際にも様々なコーディネートに合うデザインなのでショルダーバッグをどれにするか迷っているママさんにオススメの商品です!

トリオスモールはオシャレさんにオススメ!

gahag-0021603120-1-300x200

TRIO(トリオ)は、ラージはママさんにオススメです。そして、一方のミディアムはおしゃれアイテムとして活躍します。

TRIO(トリオ)の中で小さい方やミディアムという表現をされることの多いトリオスモールは、ラージよりも入る容量などは少なくなってきますが、その分オシャレに持つことができます!

人気度で行くとやはりラージの方が人気ではありますが、スモールもサイズが小さい分軽いですし、クラッチバッグとして使用したい方にとってもオススメです!

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら