Chloe(クロエ)の大定番MARCIE(マーシー)

作成日:2017年09月09日
最終更新日:2022年05月24日

クロエ

出典:クロエ公式サイト 

 

Marcie(マーシー)という名前、ブランドに興味のある方なら一度は耳にしたことがあるのではないのでしょうか。

人気ラインの集まるChloe(クロエ)でも定番中の定番ラインであるMarcie(マーシー)は、ひと目でクロエだとわかる年代を問わず愛される不朽の人気ライン。

そんなMarcie(マーシー)がなぜ長く愛され続けているのか、その魅力について紹介します。

ボヘミアンテイストで定番で万人受けするデザイン

「ボヘミアンテイストで定番で万人受けするデザイン」のイメージ画像

出典:クロエ公式サイト マーシー ハンドバッグ

フラップ(かぶせ蓋)に沿ったステッチが特徴のMarcie(マーシー)。

そのU字のステッチは馬の蹄からインスパイアを受けたとされ、他のラインとは風変わりな印象を受けます。

シルエットからもゆったりとした印象を受け、カジュアルさの中にもフェミニンな雰囲気を演出してくれます。

なかでもショルダーバッグのまん丸とした可愛いシルエットは、カジュアルさの中にもガーリー感を求める方にオススメしたいデザインです。

シンプルさがありながら凝ったディティールデザインは、ほかにはないクロエらしさが存分に感じられます。

不動の人気は2WAYバッグ

ハンドバッグや2WAYバッグとして不動の人気を誇るのが、さまざまな活用方法のある2WAYバッグ。

素材も丈夫で持ち運びのしやすい2WAYバッグはデイリーユースに向いているアイテムで、あらゆるシーンにおいて重宝されています。

収納力が優れており、荷物の多い女性には嬉しいアイテムです。

落ち着きあるカラーリング

Marcie(マーシー)はその印象から受けるように、渋みのあるカラーリングのアイテムを中心に展開されています。

派手すぎずガーリー過ぎない味のある色味は、落ち着きが欲しいという大人の女性に好まれます。

もちろんそんな中でもオフホワイトやパステルカラーなど可愛らしい色味のものも販売されており、若い人からの人気も廃れることはありません。

Marcie(マーシー)はクロエのアイコンとも呼べる商品なため、新色も数多く発表され続け、私たちを飽きさせることはありません。

カジュアルにラグジュアリー感をプラスするゴールドトーン

「カジュアルにラグジュアリー感をプラスするゴールドトーン」のイメージ画像

出典:クロエ公式サイト マーシー ミディアムバッグ

Marcie(マーシー)に使用されているのはゴールドトーンのメタル・ハードウェア(金属類)です。

こちらのメタル・ハードウェアには長年で培われたクロエのジュエリー技術が応用されており、上品な輝きを放つゴールドトーンはカジュアル感の強いMarcie(マーシー)にラグジュアリー感をプラスしてくれます。

こだわり抜かれた素材

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chloé(@chloe)がシェアした投稿

 

Marcie(マーシー)で多く使用されているのがスモールグレインカーフスキンという素材。

グレインとは、銀付き革という動物の真皮層という限りなく表皮に近い銀面を使用したもののことを指します。

加えてカーフスキンというのは生まれてから半年もしない仔牛の革のことを指し、この素材は柔らかいうえキメの細かく柔らかいという特徴があります。

カーフスキンは牛革の中でももっとも質の良い素材で、有名ブランドのアイテムには使用されていることの多い素材になっています。

生まれたばかりの仔牛の皮を使用するため、傷が少ないこともカーフスキンの特徴です。

ブランド感を主張しすぎないロゴ

「ブランド感を主張しすぎないロゴ」のイメージ画像

どこのハイブランド品をみてもやはり目に入るのが、これでもかというほどのブランドロゴ。

さり気ないブランド感を主張したい人にとって、やはりブランドロゴの大きさは気になるもの。

実際に、ブランドロゴが主張しすぎないという理由でMarcie(マーシー)を選ばれる方もいます。

Marcie(マーシー)のブランドロゴは、エンボス加工であることが多いです。

クロエという主張が控えめで普段使いしていても嫌みにならず、しかし分かる人には分かるデザインが若い世代の女性にも人気です。

流行り廃りのないタイムレスなMarcie(マーシー)

クロエのアイコンとも呼べるMarcie(マーシー)について紹介しました。

ここで紹介したのはほんの一部で、Marcie(マーシー)には様々なデザインバリエーションがあり、不朽の名作であり人気が衰えないことがうかがえます。

流行り廃りのないタイムレスなラインとして今後もクロエを彩ってくれることでしょう。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら