どこで売るべき?おすすめのバッグ買取方法と高価買取のポイント

作成日:2021年07月07日
最終更新日:2022年10月24日

ブランド全般

brand-sell_1

 

使わなくなったブランドバッグや財布。

 

売るなら少しでも高く買取してもらいたい!

 

これは誰もが思うことですよね。

 

ただ、現在はフリマアプリやリサイクルショップなど販売手段も多く、どこで売るべきなのか迷ってしまう方も少なくないはず。

 

そんな方々のために、ブランド品を高く売るならどこにすべきか、また買取時のコツなどをお伝えします。

ブランドバッグを高く売るならどこ?

ブランド品をより高く売るにはどこが良いのか?

リユースの業態はいくつもあり、それぞれに一長一短ありますが、今回は「ブランド品を安全により高く売るなら」ということに重点を置き、お話していきます。

どこでブランドバッグを売れるかいうと

「ブランド買取専門店」「リサイクルショップ」「ネットオークション」「フリマアプリ」など実にさまざまです。

これらの方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。ここからは、それぞれの方法について詳しく見ていきます。

『ブランド買取専門店』

「『ブランド買取専門店』」のイメージ画像

 結論から言ってしまうと、ブランドバッグを高く売るならやはりブランド買取の専門店です。

理由はやはり「ブランド買取に特化した専門店だから」

ブランド品を売る時にもっとも重要なのは「品物を適正な価格で評価してもらえるか」ということ。

ブランド買取と一口に言っても、市場での需要や為替、アイテムごとの査定ポイントなど、様々な知識と長い経験が必要となってきます。

買取ブランドのトレンドも数週間というスパンで変化していくので、一般ユーザーが把握するのは困難。

買取の専門家であるブランド鑑定士なら、現場で本物のブランド品を相手に仕事をしており、知識だけでなく、相場感や審美眼といった感覚も優れています。

専門業者間の繋がりも広く、買取トレンドも常にアップデートされ、新鮮で適切な価格で買い取ってもらえるでしょう。

また価値が見過ごされがちのレアな掘り出し物であっても、買い叩かれるようなリスクなく、レアリティをきちんと評価してもらえます。

「なぜこの金額になるのか」という説明もしてくれるので、買取が初めての方にとっても安心でしょう。

仮に、ブランド品を査定する人がいい加減だった場合、「バッグに傷がついている」「実は偽物ブランドだ」などと言われて、査定額は驚くほど下がってしまうリスクもあります。しかし、ブランド買取専門店であればプロの鑑定士が対応してくれるので、いい加減な値段をつけられるリスクはなく、初心者でも安心してブランドバッグを売ることができるのです。

 査定にかかる時間も短く、ブランド品を即現金化できるスピーディさも利点と言えます。

また、ブランド買取専門店の良い点は他にもあります。多くの買取店では「宅配買取」を導入しています。ネットの宅配買取フォームから申し込めば宅配キットが自宅に届き、商品をこちらが発送して査定、買取契約が成立すれば振込等で買取金額を振り込んでもらえます。

このようにブランド買取専門店は、最も適正価格で買取してもらえる安心感に加え、ユーザーの利便性も考えたシステムなど、様々なメリットがあるのでおすすめです。

自社やグループ会社でのオークション保有もポイント

「自社やグループ会社でのオークション保有もポイント」のイメージ画像

自社やグループ会社でオークションを保有している買取店だと、さらに高い金額が期待できます。

こうした買取店では、お客様から買い取ったお品物を翌月にはオークションに出品し、在庫をほとんどかかえることなく流通させています。

そのため、ブランド品の相場に長けており、ギリギリのラインを見極めて、買取金額を出すことが可能。

在庫をほとんど抱えることなく流通させていることで、商品の管理費分も査定額に還元できるのです。

知名度や店舗数は買取額と関係ない

たいていの商品やサービスは会社の知名度や店舗数の多さが、品質の指標にもなります。

しかし買取店については、

「知名度が高い」「店舗数が多い」=「買取額が高い」とはなりません。

知名度を高めるためには、多くの広告費がかかりますし、店舗数を増やすほど、家賃や人件費も膨らんでいきます。

買取店の中には、広告費をかけ知名度を上げるだけ上げて集客し、他店より安い金額で買い取るようなところもあるので注意しましょう。

また多店展開の買取店は、店舗によってスタッフの質にバラツキがあることもデメリット。

そのためCMや多店舗展開で露出を多くしている買取店よりも、「知る人ぞ知る」買取店の方が買取余力があり、高い買取金額になる場合も多々あります。

リサイクルショップ

「リサイクルショップ」のイメージ画像

ブランドバッグは、「リサイクルショップ」で買取をしてもらうこともできます。リサイクルショップは商品の品揃えも多く、気軽に利用できるというメリットがあるでしょう。

何かを購入するついでに、ブランドバッグの査定をしてもらうといった利用もできます。また、大きなリサイクルショップの場合は車で向かうこともできるので、売りたい商品がたくさんある場合も便利です。

 リサイクルショップの場合も店舗に持ち込めばその場で査定し、すぐに現金化できます。そのため、急いでお金を用立てたいときにはとても便利です。

ただし、ブランド買取専門店ではない為、ブランド査定を熟知したスタッフが少なく、また自店での販売価格も影響しますので適正価格の買取、高い買取にはなりにくいと言えます。

リサイクルショップは本や衣類・雑貨などを手早くまとめて売りたい!という方に適したサービスでしょう。

ネットオークション

「ネットオークション」のイメージ画像

ブランド品の相場にある程度詳しい方ならば、ネットオークションでも高く売れることがあります。

必須条件として、その品物の相場を正しく把握していること。

オークションの開始価格にその相場に近い金額を設定することで、オークション参加者次第ではブランド品を相場以上に高く売ることも可能となります。

希少なブランド品がコレクターの目にとまった時、思わぬ高値になることもあるのが、ネットオークションの醍醐味でしょう。

ただし、専門業者のオークションとは異なり、オークション参加者が不特定多数のため、タイミングによっては思ったような値段が付かないこともあります。

フリマアプリ

「フリマアプリ」のイメージ画像

若いユーザーに人気が高いのがスマホで不用品を販売できるフリマアプリ。

手軽に売ったり買ったりができ、フリマアプリのヘビーユーザーは多くいます。

ただし、ブランド品を高く売るには、「安定性」と「信頼性」の面でやや不安があるでしょう。

フリマアプリはネットオークションと違って販売価格を自分で決めますので、ブランド品の相場を把握しておく必要があります。当然高すぎれば売れませんので、思った以上に時間がかかることもしばしばです。

そして買う側としても、ブランド品をフリマアプリ買うとなるとどうでしょうか?相場よりも格安ならば掘り出し物感覚で買うとしても、特に安くもなければ、ブランド品の中古販売店を選ぶのが普通ですよね。

またフリマアプリでは個人間売買ということでトラブルも起こりやすいため、そういった側面のリスクもはらんでいます。

こうしたことからブランドバッグなどをフリマアプリで売ることはおすすめできません。

フリマアプリは雑貨やノンブランドの洋服などをスピーディに売りたいという方向きのサービスと言えるでしょう。

高価買取されやすいブランドバッグ

ブランドバッグのなかでも決まって高く買取されるブランドを紹介します。売ることを前提とした購入を考えている方は、下記のブランドがおすすめです。

ルイ・ヴィトン

「ルイ・ヴィトン」のイメージ画像

出典 Shutterstock

日本で、最も人気のある高級ブランドバッグといえば「ルイ・ヴィトン」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ルイ・ヴィトンは世界共通の王道ブランドであり、買取相場も安定しています。

ルイ・ヴィトンのブランド価値があれば、傷や汚れがあってもほぼ全てのアイテムを買取されるほどです。

バッグだとスピーディ、ネヴァーフル、カプシーヌなどが高値で取引されています。

下記の定番ラインは鉄板ともいえる高価買取ラインです。

モノグラム

ルイ・ヴィトンといえば、代表するラインは「モノグラム」です。一目見ただけでルイ・ヴィトンというブランドが認識でき、ヴィトンを象徴するラインでしょう。

多くのユーザーに愛されるモノグラムは、基本的に流行に左右されないため、安定した人気を誇っています。そのため、10年以上昔のモノグラムバッグであっても、高値がつけられることも多いです。

ダミエ

ダミエは、モノグラムに次ぐ人気デザインです。モノグラムよりもさらにシンプルで上品なデザインは、いかにも「ルイ・ヴィトン」といった主張がありません。

ダミエの方が落ち着き感はあるので、より多くの人に好まれやすく、モノグラムに劣らず安定した高価買取が期待できます。

また、ダミエは中古品であっても、汚れや日焼けが目立たないといったメリットがあります。そのため、年数の経ったダミエでも経年劣化しにくく、高値がつきやすいのです。 

シャネル

「シャネル」のイメージ画像

出典 Shutterstock

シャネルは日本のみならず、アジア圏を中心に根強い人気のあるブランドです。

買取されたシャネルのバッグは、国内で転売されるだけでなく、中国などへ輸出されることも多いです。

そして現行モデルだけでなくヴィンテージ人気も凄まじく、今後も相場上昇が期待できます。

マトラッセ

シャネルの「マトラッセ」は、シャネルを代表するラインで最も高く買取されているシャネルのアイテムです。

今でこそ当たり前のデザインであるキルティング模様は、シャネルが生み出した美しいデザインです。

片手で持つことのできるオシャレなブランドバッグとして昔から人気があります。また、マトラッセは結婚式やパーティーシーンで使われることも多く、需要が高いのも特徴です。

チェーンショルダーバッグにはさまざまなサイズがありますが、近年では大きいものよりも、小さいものの方が人気は高くなってきています。

特に高額が期待できるマトラッセの素材は「ラムスキン」や「キャビアスキン」「クロコダイル」「リザード」などです。一目見てシャネルならではの光沢ある素材の方が、買取価格に期待ができるでしょう。

そしてシャネルのヴィンテージ人気を牽引するのも、このマトラッセです。

カンボンライン

カンボンラインは、シャネルの象徴である「ココマーク」が大胆にあしらわれた人気の高いラインです。

発売されたのは2004年であり、シンプルですがシャネルを最もわかりすく象徴したデザインは、どのファッションにも合わせやすいことから大人気のラインとなりました。

それゆえにコピー品も多く、購入をする際には専門の業者を選ぶといった注意も必要です。

カンボンはシャネルの中でもカジュアルなデザインであり、ユーザーの好みも分かれることから、買取価格には幅があるでしょう。たくさんの種類があるものの、カンボンラインは、ココマークとバッグの色がブラックのものに高値がつきやすいです。

エルメス

「エルメス」のイメージ画像

出典 Shutterstock

エルメスはハイブランドのなかでも突出して定価や市場価格が高いことで有名です。

格式高いエルメスは安定した買取相場で、アイテムやラインを問わず高価買取されやすいブランドです。

バーキンやケリーといったモデルは正規で手に入ることが極めて困難なため、中古市場ではプレミア価格で取引されています。

バッグによっては数百万円以上することも多く、買取査定がどの程度になるのか注目したいところです。

バーキン

バーキンは、数あるブランドバッグのなかでも最も資産価値が高いバッグです。

理由としては、バーキンは1点1点ハンドメイドで作られており、世界的にみても流通量が非常に少ないからです。しかも、正規店であっても購入するのが非常に難しく、エルメスから顧客だと認められなければ、希少なバーキンを案内してもらえません。中古品のバーキンが定価以上で売られていても、正規店で購入できないことを考えたら、お得だと考える人は多いです。

バーキンよほど状態が悪くても、デザインが古くても、50万円以上の買取査定がつくことが一般的です。

ケリー

ケリーも、バーキンと同じように大変資産価値の高いバッグです。

ケリーを持つ人はセレブとして認められることも多く、世界的な著名人やハリウッドスターが持っていることも多いです。

ケリーは素材にもさまざまな種類がありますが、高値がつく商品はトゴ、エプソン、トリヨンクレマンスなどの定番革素材です。保存状態やデザインなどにもよりますが、定価よりも買取価格が高くつくケースもあるでしょう。

ボリード

エルメスのバッグの中でも、カジュアルな雰囲気で気軽に使えるのが「ボリード」です。

ただ、こちらも定価は100万円以上することが多いため、カジュアルデザインとはいえ決して安い代物ではありません。それでも、バーキンやケリーに比べると正規店で手に入りやすいため、初めてエルメスを持つ人にも人気があります。

バーキンやケリーほどの高額査定にはならないものの、定価の5割以上は期待できるでしょう。 ボリードで人気の素材は、ヴォー・エプソンです。エルメスならではの美しいフォルムが人気であり、中古品であっても買い求める人がたくさんいます。

ブランドバッグを高く売る6つのコツ

ブランド品を売る前にひと手間かけたり、少し時間をかけて準備することで買取価格がアップする場合があります。

これから紹介する6つのコツをぜひ覚えておいてください。

1. 対応の良い買取店を選ぶ

気になる買取店を見つけたらまずは店舗に問い合わせてみましょう。

問合せの対応が丁寧かどうか?嫌な対応をされないか?といった点など、感覚的に良い買取店とそうでない買取店を見極めることができます。

問い合わせは電話でも良いですが、鑑定士が接客中などの場合もあります。

LINEの場合は各スタッフで共有しており、商品画像もあればより確度の高い回答を得られますのでおすすめです。

2. 希望額を決め、金額交渉する

ブランド品をより高く売るなら、前もって買取希望額を決めておくと良いです。ある程度ざっくりした金額でも構いません。

提示された金額が希望に届かなければ、金額交渉してみてください。

他の買取店をいくつか周って、その提示額を伝えるのも有りです。

「他店も周ると言うと嫌な顔をされるのでは」

という心配はいりません。少しでも高く売りたいと思うのは当然ですし、鑑定士も交渉には慣れています。

他店でも査定してもらうことで、品物の大体の価値も掴めますし、お互いが納得する金額での買取が可能になるでしょう。

3. 使わない時は早めに売った方が高い

使わないブランド品はできるだけ早めに売るのが高い買取のコツです。

特にバッグや財布は、発売から時間が経つほど買取額も下がってしまうのが一般的。

なるべく需要の高いうちに売りに出しましょう。おすすめします。

4. できる限り綺麗にして高く売る

使い込んだブランド品なら買取前に軽く掃除するだけでも、査定時の印象が変わってきます。

革の色焼けや、金具の破損などはどうにもなりませんが、内部のホコリやゴミなどは綺麗にしておきましょう。

長くクローゼットやタンスにしまい込んでいたり、喫煙する方などは独特なニオイが付着している場合もあります。風通しの良い場所で、通気させておくと良いです。

黒ずみ、べたつきなどあれば、乾いた布で拭きましょう。

これらを行うだけで、査定時のマイナス評価がぐっと抑えられます。

5. 付属品付きの方が高く売れる

ブランド品を買った時の箱や保存袋といった備品、ストラップなどの付属品はより高く売るための大切なポイント。

無くさないように保管しておきましょう。

特にブランドの保証書は買取金額に5~10%ほど影響してきます。

ブランドジュエリーの場合は、鑑定書があるだけで安定した金額での買取が見込めます。

「多分あったと思うんだけど・・・どこだっけ?」

という方は、そのまま買取に出すよりも少し時間をかけて探してみることをオススメします。

6. まとめ売りが高く売れる

ブランド品は1点1点分けて買取に出すよりも、まとめ売りの方がより高く売れます。

買取店にとっては、より多くの品物を買い取るチャンスですので、査定額にまとめ売り分プラスして買い取ってくれるからです。

断捨離などで、不用品が出た際はまとめて売りにだすことをオススメします。

まとめ売りの場合も、ブランド買取専門店なら1点1点について価格説明してくれますので安心です。

賢いブランド買取をしよう

価値あるブランドバッグは、より高く売りたいと思うのは当然のこと。

そのためには、ブランドについて知識のある買取店を選ぶことが大切です。

また買取前に少し準備するだけで、高く売れる可能性も上がってきます。

今回ご紹介したコツも参考に、賢くお得なブランド買取をしましょう。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら