Berluti(ベルルッティ)とはどんなブランド?|魅力やブランドイメージ

作成日:2018年03月26日
最終更新日:2022年05月16日

ベルルッティ

 

Berluti(ベルルッティ)の靴の歴史は、1895年から現在にいたるまで長く続いています。

 

その革製品は芸術品と称されることも多く、ブランドを支持する人の中には芸術家も多数存在しました。その中には、あのピカソの存在もあります。今回はそんなベルルッティの靴について、魅力や定番モデルご紹介いたします。

ベルルッティとはどんなブランド?

「ベルルッティとはどんなブランド?」のイメージ画像

ベルルッティはアレッサンドロベルルッティが創設した高級紳士靴ブランドで、ベルルッティでしか使用を許されないヴェネチアレザーという「革」を扱い、革の靴をはじめとする革の人気製品を多く展開してきたたことで、革にこだわりを持っている人からの人気を次々と獲得していきました。

 

そのためブランドの、靴に対する気持ちと革に対する想いは強く、常に最高品質で最高級の製品を展開させています。そんなベルルッティの革靴は「靴の宝石」とも称されているほど実力のある製品ばかり。

 

下記にその魅力をまとめてみました。

 

  • 柔らかい履き心地
  • パティーヌとの相性が良い
  • 長く履くと変化を楽しめる
  • 革の耐久性が強い
  • 触り心地が滑らか

 

大人の高級靴の代名詞であるベルルッティは、1足持っておきたい憧れのブランドです。

ベルルッティ結び

「ベルルッティ結び」のイメージ画像

出典:Berluti「ベルルッティの靴ひもの結び方を学ぶ」

ベルルッティには「ベルルッティ結び」というものがあり、靴ひもの独自の結び方があります。

 

結び方は簡単です。アイレットまで通した靴ひもを1度結び、左右に引っ張っている靴ひもを再度にくぐらせます。次に片方の靴ひもでループを作ってもう片方の靴ひもで1周巻き付けます。そして、ループの隣にできた靴ひもに靴ひもを通して普通の蝶々結びを終わらせる前に先ほど巻き付けた靴ひもをもう1度巻き付けて輪っかを2つにします。最後は、2つの輪っかを両方に均等にひっぱるとベルルッティ結びの完成です。

 

ベルルッティ結びはほどけにくいのが特徴で、見た目も非常にエレガントです。たくさん歩き回るというサラリーマンの方は是非ともベルルッティ結びを行ってみてください。

人気ブーツ「クラシック カプリ レザー ブーツ」

「人気ブーツ「クラシック カプリ レザー ブーツ」」のイメージ画像

(出典:Berluti クラシック カプリ レザー ブーツ

「CLASSIC CAPRI レザー ブーツ」はブランドの数ある革靴の中のベストセラーとして知られています。

 

スマートでどんなシーンにも似合うような外形やアシンメトリーなトゥ、はっきりとした縁が特徴的です。

 

クラシック カプリ レザー ブーツは、2008年に登場した革靴「木型 Asymétrique」の良いところを全て持っているといいます。

 

クラシック カプリ レザー ブーツは着脱の楽さにも定評があり、ベルルッティの中では履きやすい靴としても人気があります。

靴のお手入れ方法

「靴のお手入れ方法」のイメージ画像

Photo by Lina Verovaya on Unsplash

革靴のお手入れには柔らかいシフォンとベルルッティ製ワックス、ポリッシュグローブを使います。

 

まずは柔らかいシフォンで表面上についている細かい汚れを優しくこすって取り除いてき、次にオイリッシュグローブで表面上を磨いて輝きやツヤを出します。さらに、ベルルッティ製のワックスを革に塗っていくと、革にベルルッティワックスを塗ることで、革に栄養分が行き渡り、革をうまく保護する役割がります。

 

ヴェネチアレザーが使われているベルルッティなので自身でお手入れをするのが億劫に感じる方も多いともいますが、意外と簡単なお手入れ方法なので是非お試しください。

まとめ

ハイブランド製品はロゴやアイコンがあるデザインがよく好まれますが、ベルルッティはデザインや形よりも「素材」「技巧」を追求する方に評価されているブランドです。

レザーをいかにシンプルに極上品に仕上げているか、きっと愛用者ならわかるはず。

またベルルッティの革靴は履く回数が多ければ多いほど味が出て日々色味も成長します。

皆さんもブランドの魅力を知り、ベルルッティの革靴との長い付き合いをお楽しみください。

また、使っていないベルルッティ製品がありましたら早めの査定をおすすめします。

業界屈指の買取ノウハウや販路を保持する弊社は、他社圧倒の高価買取実績が多数。

ライン、メール、電話、店頭にてどうぞお気軽にご相談ください。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら