珊瑚(コーラル)とは?3月の誕生石サンゴの意味や石言葉

作成日:2020年10月19日
最終更新日:2021年11月29日

サンゴ

珊瑚イメージ

 

ジュエリーとして知られる珊瑚(コーラル)は、美しい自然の珊瑚から生まれました。

 

日本だけでなく世界でも女性を彩るジュエリーとして愛されています。

 

そんな珊瑚(コーラル)は、3月の誕生石でもあることから、いろんな意味や効果があるという言い伝えがあります。誕生石を身に着けると幸運を呼ぶ、なんて素敵な言葉もあるのだそう。

 

そこで今回は、誕生石である珊瑚(コーラル)に秘められた意味や効果についてお話したいと思います。

珊瑚(コーラル)とはどんな宝石?

「珊瑚(コーラル)とはどんな宝石?」のイメージ画像

宝石として扱われている珊瑚は元は「珊瑚虫(さんごちゅう)」と呼ばれる「生物」です。

 

いくつかの珊瑚虫が集合体になることで、皆さんが良く知る珊瑚の形が形成されていくわけです。あの美しい造形は貝がらなどと同じ「炭酸カルシウム」でできています。

 

この炭酸カルシウムの結晶構造には主に「アラゴナイト」「カルサイト」の2種類があり、カルサイトでできた硬い骨格を作るものだけが「宝石珊瑚」になります。

 

サンゴ礁は海の浅瀬に見られますが、宝石珊瑚が生息するのは深海で1cm成長するのに数十年もかかる種類もいます。

 

おとぎ話などでもしばしば宝石として登場するように、珊瑚というと日本のイメージが強いですが、宝石としての始まりはヨーロッパの地中海でした。その地中海産の珊瑚が中国を経て日本に渡ってきたのは、7~8世紀ごろと言われています。

 

日本で初めて宝石珊瑚が発見されたのは、高知県の土佐で19世紀のこと。

 

明治時代になると、宝石珊瑚の本場であったイタリアのバイヤーがカメオの材料を求めて土佐まで買付にくるほどになり、今では高知県の土佐が世界的な宝石珊瑚の原産地となっています。

珊瑚(コーラル)は3月の誕生石

「珊瑚(コーラル)は3月の誕生石」のイメージ画像

誕生石といえば、1月~12月の全ての月に存在していて、宝石が生まれた月に当てて定められました。例えば、1月はガーネット、2月はアメシストなどなど。それぞれの月に誕生石があるのですが、実は誕生石が複数存在する場合もあります。

 

例えば7月はカーネリアンとルビー、9月はサファイアとアイオライトなどが挙げられます。

 

そして珊瑚はアクアマリン・モルガナイトと共に3月の誕生石として知られています。

 

ちなみにアクアマリンは深い愛情や平和に導くという意味を持ち、復縁や恋愛運に効果的といわれています。モルガナイトについては幸せな結婚の象徴で、精神的安定を高める効果があるとされています。

珊瑚(コーラル)の素敵な意味

「珊瑚(コーラル)の素敵な意味」のイメージ画像

珊瑚は3月の誕生石の中でも特に女性のお守りとして愛されており「魔除け・厄除け」としての意味を持っています。

 

珊瑚は、女性のお守りとして愛された歴史を持ち、人生において幸せを運んでくれるような素敵な意味が込められています。ここから珊瑚が持つ意味や効果をご紹介していきます。

魔除け・厄除け

赤珊瑚は健康的な体を維持する手助けをしてくれたり、病気から身を守ってれる効果があるといわれています。

 

ピンク珊瑚には、悪い人からの誘惑を断ち切る手助けをしてくれ、悪い影響を受けずに幸せを運んでくれる効果があると言われています。

生命力を高める

珊瑚には身体を強く保つ生命力を高めてくれる働きがあるといわれています。

 

妊娠中の女性が身に着けることで、赤ちゃんの生命力も一緒に高めてくれる効果があるので、安産のお守りとしてもおすすめです。

聡明

珊瑚には潜在能力を開花させてくれる働きを持つともいわれています。

 

人生につまずいた時や先が見えないとき、何をしたらいいのかわからないときに、新たな気づきがあるかもしれません。眠っているアイディアをひらめかせることは、聡明さにも繋がることでしょう。

色ごとの珊瑚の意味

珊瑚は赤褐色のものからオレンジ、淡いピンクなどその色によって異なる意味も持ちます。

赤珊瑚の意味

「赤珊瑚の意味」のイメージ画像

あらゆる色を持つ珊瑚のなかでも、特に赤色の珊瑚には、大きなパワーがあるといわれています。

 

珊瑚が生まれた海のパワーを秘めていることから生命力や肉体的、精神的にもエネルギーを与えてくれる効果があるのだそうです。

 

身に着けると肩こりや冷え性を改善した、ということもあるようです。

 

また、精神の面でもポジティブにしてくれる力を秘めています。身に着けることで心の傷を癒し、豊かな精神、想像力を与えてくれるとも言われています。

ピンク珊瑚の意味

「ピンク珊瑚の意味」のイメージ画像

ピンクの珊瑚には純愛や忠誠、優しさを意味しています。

 

魂や精神に働きかけて、自分の意識を開花させてくれるとも言われているので、何か特別な時に身に着けることで、より幸運を引き寄せて力を発揮するきっかけをもたらしてくれるかもしれませんね。

幸せに導いてくれる珊瑚

珊瑚は、人生の中で重要な、健康的な身体やポジティブな精神などに導くといった意味が存在しています。

 

これまで珊瑚のことを知らずに身に着けていた方も、珊瑚の持つ意味や石言葉を知ることで、今までよりもっと愛情が深くなることでしょう。

 

古くから珊瑚がお守りとして愛されていたのは、こういった素敵な由縁があったからなのですね。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら