不要になった金歯って売れるの?

作成日:2019年08月30日
最終更新日:2021年06月15日

1446696

みなさんは金歯を自宅に保管していませんか?

故人が大切に保管していたものを、「整理や掃除をしていて見つけた。」なんていう方もいるかもしれません。

「口の中に長い期間入れていた金歯は売れないのではないか。」

と、思われる方も多いかもしれませんが金歯の買取りを扱っている業者であれば使用済みの金歯も一定の金額が付きます。

ご自宅に金歯を保管している方は、この機会に査定に出してみてはいかがでしょうか?

金歯の機能性の高さ

「金歯の機能性の高さ」のイメージ画像

金歯は詰め物としての機能性の高さも人気のひとつでした。

この材質は伸びやすい性質があり歯と歯のあいだに隙間が出来にくいため、菌が入りづらい、使っていくうちにフィットする。という詰め物として優秀な特徴があります。

また錆びにくく虫歯が再発しにくいとも言われており、保険適用外になるにも関わらず一部の方からは根強い人気がありました。

最近は様々な材質の詰め物が多くなり金歯を付ける方が減ってきましたので、不要になった金歯がどこかに眠っているかもしれないですね。

金の純度が不明でも売れるのか?

「金の純度が不明でも売れるのか?」のイメージ画像

通常の金のアクセサリーには純度が明記されておりますが、

歯科治療で使われる金歯には純度は刻印されておりません。

買い取り業者には、金が明記されていなくても純度を調べる専用の機械がありますので安心して持ち込んでください。

まずは金歯を査定してくれる、業者選びから始めてみましょう。

一つから査定ができます

「一つから査定ができます」のイメージ画像

「複数の金歯でなければ買取りをしてもらえないのではないか?」

このような不安をお持ちの方もいらっしゃるはずですが、

たった一つの金歯から査定が可能であります。

金は数グラムでも価値の高いものですので、遠慮せず査定に出して下さい。

その後持ち込んだ金は溶かして再利用されますが、自宅で使わずに眠っている金歯を

現金に変えられることは嬉しいですね。複数の金歯があると、あっと驚く金額になるかっもしれません。

査定に持ち込む際の注意点

「査定に持ち込む際の注意点」のイメージ画像

金歯はk18と同じような金の含有率になるため、価格も同程度になりがちですが

状態や純度の微妙な違いによって、k14やk18ほどの価格がつくことが多いです。

査定には、金歯の内部に歯の一部がついていないか、金属片が付いていないかなどのいくつかのポイントを確認し、金以外の物をすべて取り除いた状態で査定に出してください。

「金歯なんて売れるわけない」そう考えていた方は金歯がこのような値段がつくことにびっくりするのではないでしょうか。

査定に満足いかなければ無料で返してくれる所も多いため、

査定だけでもお願いしてみても良いかもしれません。

注意点として金歯を買取りしていない業者や、歯がくっついてしまっている金歯は査定できない、またはクリーニング手数料を取る業者もあるため、問い合わせ時には前もって確認を行うことで未然に買い取りの際のトラブルを防ぐことができます。

また金歯は買い取りができますが、銀歯は買い取りができません。

通常の銀の買取りは90パーセント以上の銀の含有率ですが、銀歯は半分ほどか銀の含有率がなく、残りの半分はパラジウムや銅を用いてつくられています。 

まとめ

「まとめ」のイメージ画像

金歯は査定に出して良いのか悩みがちなものですが、思わぬ臨時収入になるかもしれませんので処分してしまうのはもったいないです。買取エージェントでもこれまでにたくさんの金歯を買取させて頂いております。金は特にここ最近価格が高いので是非使わなくなった金がございましたらお気軽にお持ちください。

関連アイテムの買取価格はこちら

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら