ロレックスの正規と並行の違いとは?買取の価格差も公開

作成日:2020年01月20日
最終更新日:2020年04月21日

ロレックス

shutterstock_1612541221(1)

高級腕時計ブランドの代名詞ともいえる「ロレックス」

中古市場でも高値で売れるブランドであり、またその需要は近年ますます高まっているようです。

これはロレックスに限らずですが、ブランド腕時計には「正規品」「並行輸入品」の2種類あるのをご存じでしょうか。

見聞きしたことはあるが、その違いについては深く考えたことがないという人も多いかもしれません。

今回は、ロレックスの正規品と並行輸入品の違いについて、また買取の際にどう影響するのかを詳しく解説します。

正規品・正規店について

「正規品・正規店について」のイメージ画像

当たり前のことですが、ブランド商品は正真正銘のホンモノでなければ価値がありません。

ロレックスも他のブランドと同じく模造品が多いという実態があります。

正規品というのは、ロレックスが生産されているスイスの工場から、国内の正規店(日本ロレックス)に輸入された商品のことです。

正規店で販売されている正規品は、まさに工場から直接運ばれてきたブランド品なので高い信頼性があります。

こうして第三者を介さない流通ルートのため、正規店の別の呼び名として直営店ともいいます。

並行品・並行輸入品について

「並行品・並行輸入品について」のイメージ画像

では、並行品・並行輸入品とはどういったものなのでしょうか。

よくある誤解として「並行品・並行輸入品は偽物である」ということです。

回答としては「正解でも間違いでもある」と言えます。

偽物であると疑う理由ですが、この並行輸入業者が正しい販売店から輸入しているかどうかは、正直なところ不明だからです。

正規のロレックス販売店であることもあれば、知ってか知らずかコピー商品を取り扱っている悪質業者から輸入することもあります。

ですから、正規ルートよりも並行品・並行輸入品は偽物が流通している可能性が高くなるのです。

正規と並行の違いについて

正規と並行の違いについてですが、商品が正式なルートで輸入された本物であると仮定するならば、品質の違いというのはありません。

正規は正規ルート、並行はいくつもある並行輸入業者を介して国内に流通しており、それぞれあるメリット・デメリットを表にしました。

 

  正規

並行

メリット

・正式な輸入ルートの為、確実に本物である

・日本語訳の保証書・説明書が付いている

・保証書に自分の名を入れられる

・保証期間やサービスが手厚い

・割引された価格でお得に購入できる

・日本で出回っていないレアなモデルもある

・古いモデルから現行モデルまで幅広いラインナップがある
 

デメリット

・定価でしか購入できない

・人気の高いモデルは手に入りずらい

・日本販売モデルしか購入できない

・偽物商品が紛れ込んでいる可能性がある

・付属品が揃っていないこともある

・保証書や説明書が海外仕様

・保障に関しては販売店によって差がある

正規と並行はどっちがいい?

「正規と並行はどっちがいい?」のイメージ画像

正規と並行はそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらを選ぶべきかは、購入する際に何に重点を置くかで変わってきます。

第三者を介さない輸入ルートである正規であれば、間違いない本物であるので絶対的な信頼を持って購入できますし、正規店であれば伴うサービスもトップクラスなので安心です。

並行輸入業者が介する輸入ルートの並行は、偽物が出回っている可能性はあるものの、きちんとした販売店であれば偽物を掴まされることはまずありません。保証サービスに関しても、販売店が独自に行っているオプションに加入するなどして手厚くすることができます。

品質に差がなくディスカウント価格で購入できる並行品はお得です。

正規品と並行品の見分け方

「正規品と並行品の見分け方」のイメージ画像

正規品と並行品は、商品だけを見れば違いはありません。

見分け方としては、正規品の場合はケースに「日本ロレックス」のシールが貼られています。

しかしこれは現在廃止され、正規品なのか並行品なのかは保証書を見て判断するしかなくなりました。

基本的に正規品の場合は日本国内の販売店名購入者の名前が入ります。

またロレックスの保証書には出荷された国別の番号が振られます。

日本国内で販売されたものは『410』と言う番号が記載されますのでこれらで判断するしかありません。

正規品と並行品では買取価格に違いはある?

「正規品と並行品では買取価格に違いはある?」のイメージ画像

ではロレックスは正規品と並行品では買取価格に差があるのか?ですが結論から言いますと年代によっては変わります。

ロレックスの保証書は2006年頃から紙からカードタイプへと変わったのですがそれまで購入者の名前と住所が入っている場合があります。

中古で買う際に他人の名前や住所が入っていたらどうでしょうか?(ちなみに個人情報の観点から消して販売はされます。)

同じ金額で売っていたら名前が入っていないほうを買う方が多いのではないでしょうか。

そういった事情で紙の保証書の際は買取も正規店の場合数万円安くなってしまうのが現状です。

2006年以降のカードギャラの場合は名前は入りますが、買取価格に差は基本的にありません。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら