IWCポルトギーゼはベルトを付け替えると違った表情が見えてくる!

作成日:2018年10月02日
最終更新日:2021年06月15日

IWC

IWCポルトギーゼの画像

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)の中で、安定した人気を誇る「ポルトギーゼ」。このコレクションは存在感のある大きなケースに、無駄のないスッキリとした文字盤が魅力です。日本のみならず世界中で愛されており、世の男性が憧れる腕時計としても有名です。

 

そんなポルトギーゼは、ベルト部分を好きなものに付け替えることができます。付け替えたものによってコロコロと表情を変え、また違った一面が垣間見えるのです。そこで今回は、IWCポルトギーゼのベルト交換について詳しくご紹介していきます。

IWCポルトギーゼについて

IWCポルトギーゼのロゴ

スイスの老舗腕時計メーカー「IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)」の中で最も古い歴史を持つ「ポルトギーゼ」。このコレクションは洗練されたデザインが最大の特徴で、大人の男性にぴったりな腕時計となっています。また、ポルトギーゼはIWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)の中でもトップクラスの人気を誇っており、1939年の誕生以来、多くの男性から支持され続けています。

 

そんなポルトギーゼの魅力は、やはり圧倒的なオーラを放つ大きなケースでしょう。このコレクションのケースはどれも直径40mmを超えており、「大型」と呼ばれるジャンルに分類されます。ケースが大きめのものはカジュアルな印象になりがちですが、無駄のないスッキリとしたデザインのポルトギーゼは上品かつ高級感に溢れています。

IWCポルトギーゼのベルトを衣替え!

IWCポルトギーゼの画像

長年ポルトギーゼを愛用しているとベルトが汚れてきたり、汗で変色してしまったりしていませんか?「経年劣化によるものだから仕方ない…」と諦めている方もいらっしゃるかもしれませんね。実はポルトギーゼのベルトは、様々なものに付け替えることができます。中には汗に強い素材で作られたベルトも存在しており、夏はそのベルトに衣替えするという方も多いのだとか。

 

なお、付け替え用ベルトには個性的なデザインからIWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)向けに作られたものなど、バリエーション豊富に揃っています。ベルトを付け替えるごとにポルトギーゼは違った表情を見せてくれ、より一層楽しみが広がるでしょう。

ベルトの交換方法

ポルトギーゼのベルト交換は、自分で行うか専門店にお願いするかの2択となります。

■自分で行う場合

「■自分で行う場合」のイメージ画像

自らベルトを交換する場合、まずは時計とベルトを繋いでいる「バネ棒」を取り外す必要があります。その際「バネ棒外し」という専門の器具を使いながら行ってください。

 

①まず、バネ棒外しのI字型部分をラグの穴に差し込みます。そのままバネ棒外しを押し込み、片方の手でベルトをゆっくりとずらします。

そうするとベルトが外れます。ラグに穴がない場合は、ラグとベルトの隙間にバネ棒外しのY字型部分を差し込みます。

そして、バネ棒外しの先端をバネ棒の溝に引っ掛けて、下に押し込みます。そのままベルトをずらすと、綺麗に外すことができます。

 

②取り外したベルトについているバネ棒を、指でつまんで引き抜きます。全部で2本ありますので、なくさないように取り扱ってください。

 

③先ほど取り外したバネ棒を、新しく付けるベルトに装着してください。

 

④バネ棒を取り付けることができたら、バネ棒の片側をラグの穴に差し込んでいきます。そして、もう片側をバネ棒外しの先端で押さえつけ、慎重にラグの穴へ近づけていきます。

 

穴の近くまできたらバネ棒外しをそっと引き抜き、カチッという音が聞こえれば取り付け完了です。

これら一連の作業は初めての方でも5分ほどで行え、慣れると2~3分ほどで完了します。想像以上に簡単なため、ぜひチャレンジしてみてください。

■専門店にお願いする

「■専門店にお願いする」のイメージ画像

ベルト交換の専門店に依頼する際は、交換用のベルトを持ち込みましょう。交換作業自体は非常に簡単なものですので、多くは即日受け取りが可能なようです。

 

なお、ベルト交換の費用相場は3000~5000円ほどと言われていますが、場合によっては2~3万円かかることもあります。特にIWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)のような高級腕時計は高額になるようですので、事前に調べておきましょう。

 

専門店ではなく、メーカーにベルト交換の依頼をすることもできます。しかし、メーカーの場合は新品純正ベルトとの交換になりますので、やや費用が高くなります。さらに、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)のような海外時計ブランドは、日本に修理拠点がないこともあり、受け取りまでに多くの日数を要する可能性があります。

ベルトを交換でIWCポルトギーゼの新たな一面を発見!

時計の画像

IWCポルトギーゼのベルト交換は簡単かつ手軽にできますので、様々なものに付け替えて違った魅力を見出してみてください。また、ベルト部分は経年劣化によるボロが出やすい部分になっているため、定期的に交換して美しい状態を保ってあげましょう。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら