金を売るならいつ?高く売れる、売り時を知りたい

作成日:2021年06月03日
最終更新日:2021年06月15日

貴金属

53caf9e85f8a078f125f51000f26552f_s

 

金のネックレスや時計など、手元に売れそうな金を所持している場合、「金の売り時がいつなのかが気になる」という方も多いのではないでしょうか?

 

近年では金の高値が安定していますが、それでも金の売り時を見極めるのは難しいものですよね。

この記事では、実際に金を売るならいつが良いのか、いくつかの具体例を交えながら詳しく説明していきます。

金の売り時は「高いときに売る」

「金の売り時は「高いときに売る」」のイメージ画像

金を高値で買い取りしてもらいたい場合は、金の価格が上がる時、つまり「金の価値が高いときに売る」ことが必須条件となります。

そのため、「手元にある金を高値で売りに出したい」と考えている場合は、金の価格が上がる時がいつなのかを正確に見極める必要性があると言えるでしょう。

近年では金の価格は安定した高値を維持しています。しかし、だからといって”ただ金を所持している”というだけでは、持ち主に具体的に利益が発生するということはありません。

金の高値安定が続いているとお伝えしましたが、金は世界情勢の変化などの影響を受け、突然価格が変動する可能性のある金融資産です。

 

「金を売るならいつがいいのか」と悩んでいる場合は、タイミング良く金を売り出すためにも、常に自身のアンテナを高く張っておくことをおすすめします。

世界的な金融不安や株安のときは、金が高く売れる可能性が高い

「世界的な金融不安や株安のときは、金が高く売れる可能性が高い」のイメージ画像

「何かを勉強したわけでもないのに、金の売り時を理解するのは難しい気がする…」と思う方もいるかもしれません。

しかし、これからお伝えするポイントを理解すれば、金に高値がつくタイミングも見極めやすくなるでしょう。

金は、世界的に大規模な金融不安が起きた時と、株安の時に高額で売れる可能性が高くなります。
大前提として、金の価値と株価は相反する関係にあることを覚えておくと良いでしょう。

近年で起きた出来事で言うと、当時ニュースなどでも頻繁に取り上げられていた、サブプライムローンやリーマンショックといった、大規模な金融危機がいい例です。

サブプライムローンにより世界的な金融不安が起きた際は、「ドルが危ない」ということで、投資家達がいっせいに金の買い取りに動き出しました。

このように世界経済に直接的に影響を与える出来事が起き不景気が続いてしまった場合、貯蓄や株といった投資型の金融商品は株安に陥り、瞬時にその価値を失ってしまいます。

それに対して、金は所持しているだけでは金利や配当金といった利益は産まないものの、その価値が無くなることはない安定資産です。

 

そのため、投資家達はこれから起きるであろう不景気を危惧すると、景気に左右されやすい株などの資産からは手を引き、安定資産である金を保有しとようと動き出すのです。

このタイミングで金の価格は高騰し、金を高く売りに出すにはこのタイミングを正しく捉える必要があります。

金の価値を金相場といった数字面だけで捉えるのではなく、「最近の景気はどうなのか」という面についても意識してみることで、金の売り時について理解しやすくなるでしょう。

価格が上がった後は下がる傾向にあるので、その前に売却しよう

「価格が上がった後は下がる傾向にあるので、その前に売却しよう」のイメージ画像

上記でお伝えしたように、金は世界的に大規模な金融不安などによって価格が上がりやすい資産です。

しかし、金の価値が高騰してきたからといって、「売りに出すのをもう少し待てば、もっと高値で買い取りしてくれるのでは?」と期待するのはあまりおすすめできません。

 

金の価値が高くなるということは、需要の増加と比例して「金を売ろう!」と考える人も多くなるため、供給率も上がってくるのです。

そして需要以上に金の供給が上回ったタイミングで、せっかく上がった金の価格は下落を始めてしまいます。

金の価格が最も高くなるタイミングを正確に見極めるのはプロでも難しく、「気がついた時には金の価値が下がっていた…」なんてことも珍しくありません。

金を売るならいつか悩んでいる方は、「金は価格が上昇してもすぐに下落する可能性がある」ということを理解しておき、金の価格が上がったらすぐに業者に買い取りしてもらうことをおすすめします。

そうすることで、確実に金を高値で売りに出すことができるようになりますよ。

金の売り時を見極めて買取査定に出してみよう

「金の売り時を見極めて買取査定に出してみよう」のイメージ画像

ここまでお伝えしたように、金は売りに出すタイミングによって買い取り価格が変動してしまう金融資産です。

ご自身で日々の為替相場や世界情勢をチェックすることも大切ですが、金を売るならいつがいいのか1人悶々と悩んでしまっている場合は、まずは買取査定に出してプロの意見を聞くのも1つの手でしょう。

 

金の買い取り価格について知識を深めていくことで、金の丁度良い売り時を見極められるようになるかもしれません。

金の売り時についてアドバイスをしてくれる、詳しい知識を持った専門スタッフが駐在しているので、相談を含めながら査定依頼ができます。

金を高く売りに出すためには、為替相場や世界情勢などを意識しながら、こまめに買取査定を利用してみるなど、各方面から知識を吸収しようとする積極性が大切です。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら