色褪せない輝きを持つブライトリング コルトは中古購入もアリ!

作成日:2018年08月21日
最終更新日:2021年06月15日

コルト

ブライトリングコルト 時計の画像
スイス発の腕時計ブランドであるBREITRING(ブライトリング) は、もともとプロのパイロットが使用する計器として登場し、その精巧な仕上がりに多くの男性が魅力されています。スイス時計ブランドには、ROLEX(ロレックス)やOMEGA(オメガ)などの知名度の高いブランドが存在していますが、 パイロット目線で作られる本格派の腕時計には、他のブランドには出せない、少年心を思い出させてくれるような特別な魅力があります。

 

中でも「BREITRING(ブライトリング)コルト」シリーズでは、 もともとパイロットが身に着けるミニタリーウォッチとして登場しただけあって、計測機能のみならず、視認性の良さや耐久性などにも非常に優れており、堅牢な腕時計としても高く評価されています。

 

また、コルトは同ブランドの中でも比較的購入しやすい価格ラインのシリーズとなっているので、一般ユーザーにも大人気。伝統ある性能はそのままに、時代とともに革新的な進化を見せてくれるのが、コルトの魅力と言えるでしょう。

 

ということで今回は、BREITRING(ブライトリング)の購入を検討されている方のために、中古購入についてお話ししたいと思います!

コルトの新品価格はどれくらい?

時計の画像
BREITRING(ブライトリング)コルトシリーズは、よくある高級腕時計のような、希少価値の高い貴金属や宝石などを使用しないのが特徴。ブランドのコンセプトでもあった「計器としての利用」を体現したモデルとなっています。

 

本格的な機能や精度の高さには変わりありませんが、使用する材料費を抑えられることから、他のモデルよりもリーズナブルな価格で購入することができますよ!

コルト人気シリーズの新品価格は、

 

■コルト クロノグラフ:420,000円~
■コルト オートマチック:330,000円~
■コルト クォーツ:300,000円~
■コルト スカイレーサー:220,000円~
■コルト クロノグラフ オートマチック ブラックスチール:400,000円~

 

となっています。

 

BREITRING(ブライトリング)の代表的なモデルである「ナビタイマー」であれば、40万~70万。「クロノマット」では100万円以上を超えるほどのモデルもあるので、コルトはまだお求めやすい価格ということがわかりますね。

コルトの中古はいくらで購入できる?

飛行機の画像
コルトは、他もモデルに比べてシンプルなデザインとなっているため、価格帯もお求めやすいラインとなっています。しかし、高級時計に憧れのある若い世代の方などは、安くなっているとはいえ、数十万円もする腕時計は手が出にくいのが現状です。

 

そんな方におすすめなのは、中古での購入です。BREITRING(ブライトリング)コルトは、もともと価格帯が低めとなっているため、中古購入の場合はとてもお得に購入することができるというメリットがあります。しかも、精密度が高く耐久性にも優れているから、長年愛用した時計であってもメンテナンスをすれば問題なく使用ができるという点も安心ですよ。

 

BREITRING(ブライトリング)コルトの中古販売価格は以下のようになっています!

 

■コルト クロノグラフ:300,000円~
■コルト オートマチック:200,000円~
■コルト クォーツ:200,000円~
■コルト スカイレーサー:100,000円~
■コルト クロノグラフ オートマチック ブラックスチール:250,000円~

 

モデルや商品の状態にもよりますが、新品相場に比べて約10万円ほど安くなって販売されているんです。

 

しかし、コルトはもともとリーズナブルな価格ラインのモデルなので、新品で購入する方も多く、人気モデルのナビタイマーやクロノマットなどと比べると中古市場でも流通量は少なめとなっているのが現状です。また、人気のモデルや限定品などはすぐに品切れとなってしまうので、「欲しいモデルが中古で出回ってなかった」という場合も十分あり得ます。そのため、コルトを中古で購入したいという方は、中古販売サイトをよくチェックして、お気に入りのモデルを逃さないようにするのがポイントです。

修理費・オーバーホールは正規店購入がお得!

時計の画像
BREITRING(ブライトリング)を中古で購入する時には、ひとつ注意しておきたいポイントがあります。それは、購入後の修理やメンテナンスについてです。もしも中古で購入して故障してしまったり、メンテナンスに出すときが来たとき、本物のBREITRING(ブライトリング)であれば、中古でも正規店で修理やメンテナンスが可能です。しかし、購入場所が正規店でない場合、修理料金が高くなってしまう場合もあります。

 

正規店であれば、BREITRING(ブライトリング)に詳しい時計技術士が在籍しているため、確かな技術でケアしてくれるだけでなく、数万円も安い価格でアフターサービスが受けられるというメリットがあります。

 

一方、正規店でない修理工房にお願いする場合は、純正でない部品を使用される悪徳業者も存在していたり、修理費用が高くなってしまうこともあります。修理やメンテナンスに出す際はきちんと修理工房を見極めることが大切です。

 

どちらにせよ、まずは中古購入の時点でニセモノを掴まされないことが大前提ですので、信頼できる中古時計販売店を選ぶことが一番重要ですね。アフターケアについては、中古購入でも受けられるので、値段を取るのか、正規店の信頼度を取るのかは、じっくり考えて決めるようにしましょう。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら