知れば知るほど魅力的なBerluti(ベルルッティ)の歴史

作成日:2018年03月25日
最終更新日:2022年05月16日

ベルルッティ

 

Berluti(ベルルッティ)は世界中で注目され続ける高級紳士靴のハイブランドメーカーです。

日本でも絶大的な人気があり、街でBerluti(ベルルッティ)の有名なカリグラフィ柄の商品を見かけることも多いです。

特に大人の男性からの人気が高いのですが、最近では若者の憧れのブランドとしても名を轟かせており、Berluti(ベルルッティ)を支持する年齢層は年々広がっています。

靴以外にもバッグや財布、プレタポルテ、アクセサリーなどの幅広いジャンルを取り扱っている、人気のBerluti(ベルルッティ)の歴史についてのコラムです。

Berluti(ベルルッティ)の昔から現在を振り返ろう。

「Berluti(ベルルッティ)の昔から現在を振り返ろう。」のイメージ画像

Berluti(ベルルッティ)は1895年に始まり、その年に靴職人であるアレッサンドロ・ベルルッティによってパリにブランドが創設されました。

 

アレッサンドロ・ベルルッティは靴作りの勉強をしながらサーカス団と共に各地を周り、サーカスで使用する靴や道具を自らの技で作りあげ技術を磨き、その後紳士靴工房を開きます。そしてアレッサンドロ・ベルルッティが作り出す紳士靴はアーティスティックで芸術的なセンスがあり、多くの芸術家の顧客を獲得したりとBerluti(ベルルッティ)は次第に有名なブランドとなっていきました。

 

さらに1900年にはパリ万博にBerluti(ベルルッティ)を出品、1959年には靴のプレタポルテを発表して既製靴ラインナップが増え、1968年に独特のデザインを考えてBerluti(ベルルッティ)を改革、2005年にはバッグや財布などのレザーアイテムも追加され、現在ではLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)グループの傘下に入っていたりと、メゾンの成長は留まることを知りません。

Berluti(ベルルッティ)にしかない魅力

Berluti(ベルルッティ)は芸術を愛する人々から厚く支持されてきたわけですが、実はBerluti(ベルルッティ)は有名になっていくにあたって他のブランドには無い3つの魅力を兼ね備えているのです。

Berluti(ベルルッティ)を知るにあたって知っておきたいBerluti(ベルルッティ)の3つの魅力に・特徴についてです。

魅力1「ヴェネチアレザー」

「魅力1「ヴェネチアレザー」」のイメージ画像

出典:Berluti「パティーヌの技術」

「ヴェネチアレザー」とは、Berluti(ベルルッティ)のみが使用を許されている特別なベネチア生まれのレザーです。

ベネチア原皮の生産からタンニンでなめし、そして手で染めることによって深みがある美しい「ヴェネチアレザー」となります。

「ヴェネチアレザー」はとても高級で取り扱いが一般的な革より難しい特殊な革と言われており、しなやかさ・柔らかさもある上に簡単には型崩れをしない強さも兼ね備えています。さらに、さらさらとした質感で手触りが良く、革質はレザーを愛する方々からも高評価があげられるほど。

また、そんなBerluti(ベルルッティ)しか使えないレザー「ヴェネチアレザー」にパティーヌ技法やカリグラフィ柄をプラスすることで、更なる魅力が溢れるのです。

世界中のどこのブランドを探しても「ヴェネチアレザー」はBerluti(ベルルッティ)でしか購入できません。

魅力2「パティーヌ」

「魅力2「パティーヌ」」のイメージ画像

出典:Berluti「パティーヌの技術」

「パティーヌ」とはBerluti(ベルルッティ)が独自に生み出した色付け技法のことをいい、ヴァネチサレザーが使用されている製品を絵画に見立て、何度も色を重ね塗りしては独特のヴィンテージ感と色むらを出して芸術品のような雰囲気を与えることが出来ます。

個体差があってどれも同じ色の製品にはならないので、世界にただ1つ、唯一無二の製品となります。

この自然ながら独特なパティーヌの風合い、深みがある落ち着いた雰囲気の革製品が好きな方に大変好まれます。

魅力3「カリグラフィ」

「魅力3「カリグラフィ」」のイメージ画像

(出典:Berluti トゥジュール スクリットレザー トートバッグ

Berluti(ベルルッティ)の名を挙げれば、多くの方が「カリグラフィ」柄というBerluti(ベルルッティ)の代表的な柄の製品を思い浮かべると思います。

「カリグラフィ」は文字やロゴが刻まれているBerluti(ベルルッティ)の製品のことを指します。

一見この刻まれている文字やロゴは彫られていると思われている方は多いのですが、実は全て焼きつけてあるのです。

個体差があるため、パティーヌと同じく「カリグラフィ」も世界に1つのオリジナル製品。

直接店頭へ行くと自分のこだわりの位置に「カリグラフィ」の柄をお願い出来ますので、自分だけの特別なBerluti(ベルルッティ)を求めている方にとって「カリグラフィ」はオススメです。

Berluti(ベルルッティ)の高価買取ならお任せください

ものによっては30万円以上かかるようですが、オーダーメイドも可能とのこと。

革をこよなく愛するマニアたちからの厚い支持があるBerluti(ベルルッティ)の革製品は、ぜひ一度手に入れてみたいものです。

またベルルッティ製品売却をお考えでしたら、ぜひ無料査定にて今の価格を知ってみませんか?

使わなくなった製品は早めに売ることが高価買取に繋がります。

無料査定、ご相談のみでも大歓迎です。

ライン、メール、電話、店頭にてどうぞお気軽にお申し付けください。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら