普通の時計では物足りない、そんな人にジョルジオ・ヴィスコンティ!

作成日:2019年01月11日
最終更新日:2021年06月15日

ジョルジオ・ヴィスコンティ

時計の画像
GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)と言えば、イタリアのハイブランド。

ジュエリーアイテムのイメージが強いですが、GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)の時計は、クオリティが高いと評判になっているのです。

日本にはない斬新なデザインが、大人の腕にいつもとは違う華やかさを演出してくれます。

そんなGIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)の時計をご紹介します。

腕時計をつけるメリット

時計の画像

聡明な女性の腕元には必ずと言っていいほど、腕時計があります。

また、仕事のできる男性の腕もとにも必ず腕時計はあると言われています。

今ではファッションの一部となりつつある腕時計ですが、確かに一つつけるだけでファッションのアクセントになります。

スーツだとネクタイや靴で個性を出していくかと思いますが、腕時計も個性を出せるアイテムの一つです。

有名なブランドのアイテムや流行りのアイテムなら話題にも繋がるかもしれません。

ビジネスシーンだと会議中や営業先などで、なかなかスマホで時間を確認し辛い場面ってありますよね。

ですが、腕時計だと手早く時間を確認することができます。

また単純に高級な腕時計はステータスにもなります。

つけているだけで満足感を味わえ、わかりやすく自分の地位や収入をアピールできます。

特にGIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)のようなハイブランドの腕時計はお勧めです。

GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)の腕時計

時計の画像
今やロレックスやオメガは有名な時計ブランドとなっていますが、流行りものではなく周囲と違う自分の個性を出したい。

そんな方にお勧めなのが、GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)の時計です。

GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)とは

70年以上の歴史を持つイタリアのハイブランド。

大人な女性のジュエリーアイテムを多く展開しており、男性にはシックなアンティーク調なデザインの鞄などが有名です。

また、贈り物として万年筆や、マリッジリングなどにも選ばれています。

知名度はあまり高くありませんが、ブランド愛好者から長く愛されている老舗ブランドです。

GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)の腕時計の種類

クオリティの高さで人気を博しています。

実用面、スポーツ向けのモデルにはデザイン性が薄いかと思いますが、GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)はどんな場面にでも相応しい独特なモデルが充実しています。

■LAVA

「■LAVA」のイメージ画像

溶岩のケースに包まれ、レザーのストラップが魅力的な腕時計。

日本ではなかなか見ないカラー展開に、ファッションのアクセントとなることは間違いありません。

■ROMA

「■ROMA」のイメージ画像

クラシカルでスタイリッシュなデザインが特徴です。

どんな場面でも付けていけるシンプルさと大人っぽさから、ビジネスシーンで着用するのがお勧めです。

■2Squared Crystal Demo

「■2Squared Crystal Demo」のイメージ画像

耐久性、耐震性に優れた機能性に重視されたスポーツタイプです。

通勤や運動時にも優れているため、贈り物にも人気です。

■Abyssus Full-Dive 1000M

「■Abyssus Full-Dive 1000M」のイメージ画像

車を運転しながらでも時間を確認できるという機能性を重視されたドライバーズウォッチです。

レザーストラップに目立つカラーバリエーションで普段使いにも困りません。

GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)の腕時計の値段

10万円から200万円以上するものまで値段の幅も広いです。

限定商品も多々あり、デザインのクオリティの高さから長く愛用するファンも多くいます。

金額の幅が広いと、自分の身の丈に合ったものを選択できることから、自分へのご褒美などに購入する方も多いです。

腕時計は男性ができるお洒落

男性の手の画像
女性は指輪やネックレス、ピアスなど正装の場面でもジュエリーを付けることができますが、男性の正装時に似合うアクセサリーは腕時計だけかと思います。

デザイン性が優れたものはスーツのアクセントとなり、機能性の優れたものはビジネスシーンやスポーツの場面で活躍します。

デザイン性も機能性にも優れているのが、GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)の腕時計です。

また、GIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)のようにハイブランドの時計は一つ持っているだけで一生使えると言っても過言ではありません。

メンテナンスさえ行えば、お子さんにも繋ぐこともできます。

人生の節目を一緒に刻んでいく腕時計、そんな腕時計を奮発するならGIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)をお勧めします。

まとめ

時計の画像
腕時計は男性ができるお洒落の一つで、ビジネス、プライベートどんな場面でも活躍します。

ハイブランドの腕時計を購入すれば分かりやすいステータスとして自慢もでき、さらにメンテナンス次第では次の世代にまで繋ぐことができる一生ものです。

デザイン性をのみを重視するとビジネスシーンでは劣ってしまったり、機能性のみを重視すると今度は正装時に浮いてしまいます。

そのため、デザイン性・機能性ともに優れたGIORGIO VISCONTI(ジョルジオ・ヴィスコンティ)のような、日本にはない奇抜性に溢れたブランドで購入することがお勧めです。

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら