普通じゃないのが魅力、フランクミュラー クレイジーアワーズ

作成日:2017年04月27日
最終更新日:2020年04月07日

フランクミュラー

クレイジーアワーズの画像

FranckMuller(フランクミュラー)の時計にはプレイフルコレクションというなんとも遊び心満載なシリーズがあります。その中でも本日はクレイジーアワーズというコレクションを紹介したいと思います。ちょっと普通とは違ったシリーズ。名前からもなんだか面白そうな時計だなとわかってもらえるでしょうか。みなさんFranckMuller(フランクミュラー)の様々な面を知っていってください♪

クレイジーアワーズってどんな時計?

「クレイジーアワーズってどんな時計?」のイメージ画像

クレイジーアワーズは時の概念について全く新しいアプローチで創作されました。普通時計の表示は一番上に12時があり、1時からはじまり、インデックスが順番に配置されていますよね。そのため現代人は針が差す方角だけで無意識に時間を認知しています。言い換えると時間に縛られたり、追われているとも言えます。ここでFranckMuller(フランクミュラー)は「時間は人が作ったものだ、いつ何をしてもいいのだ」といいました。ごく当たり前に慣れ親しみ使ってきた12時間に分割された時の在り方を崩すべく、FranckMuller(フランクミュラー)はあるべき数字の場所に違う時間を配置し、変則的な見せ方でありながら、正しい時間を刻む芸術作品ともいえる時計を作り上げました。まずこのシリーズの時計を一目見た時に数字の配置に驚くことでしょう。時の哲学者であるFranckMuller(フランクミュラー)はクレイジーアワーズに、人生は決められたものではなく、自分自身で決めることができるという有限な時間の中でもより良く生きるための願いを込めています。非常に奥が深い時計なんです。

衝撃のクレイジーアワーズ

「衝撃のクレイジーアワーズ」のイメージ画像

クレイジーアワーズが普通の時計とは全く違っているということを説明したうえでもう少し詳しく、クレイジーアワーズについてみていきましょう。
クレイジーアワーズとは日本語に直訳すると狂った時間という意味です。時間という概念ごとリデザインしたまさに衝撃作となりました。クレイジーアワーズは12時間かけて徐々に1時~12時を巡る時針と60分で一周する分針があるという時計の前提条件にメスを入れました。最大の特徴は先程から述べている通り1~12のインデックスがバラバラに設置されていることです。クレイジーアワーズのインデックスは、1の横が8と6で、2は6時位置にあります。もしクレイジーアワーズの時刻が1時だった場合、次の2時の時刻を示すためには時計を4つ飛ばしで動かなければなりません。つまりクレイジーアワーズは時針を4つ飛ばしでジャンプさせる時計なんです。つまり私たちは直感的な針の位置で時刻を把握することは難しくなります。時間を把握するためにはしっかりと時針がさすインデックス数字を確認しなければならないんです。はじめは難しいかもしれませんが、慣れてくると簡単に時間はわかりますし、なんといっても普通ではないところが魅力ですよね。

ジャンピングアワー

「ジャンピングアワー」のイメージ画像

実は時間が連続的に表示されない時計は過去にも存在しており、それはジャンピングアワーという名前でした。クレイジーアワーズのメカニズムはこのジャンピングアワーを応用しています。ジャンピングアワーといえば、巨匠ジェンタのレトロファンタジーが有名です。ミッキーマウスのデザインが非常にかわいいです。扇状の分針と連動して、ミッキーの足元の時窓が切り替わります。ミッキーの指が指す扇状の分表示はレトログラードという表示方法で、60分までいくとぴょんと0まで戻ります。この戻ることをフライバックというんです。普通とは違った感じが非常におもしろいですね。

クレイジーアワーズトゥールビヨン

「クレイジーアワーズトゥールビヨン」のイメージ画像

トゥールビヨン搭載のクレイジーアワーズは8が6時位置に変更になっています。先ほども説明したとおり、クレイジーアワーズの時計は数字が通常のインデックスより4つずれていることになります。なので組み合わせ方は色々。限定モデルなんかだと数字が入れ替わっていたりするので、限定感がかなりあって楽しめそうです。例えばクレイジーアワーズ10周年のモデルだと10がてっぺんにきます。いろいろなクレイジーアワーズを集めてみるのもおもしろそうですよね。

FranckMuller(フランクミュラー)らしいおもしろい時計

「FranckMuller(フランクミュラー)らしいおもしろい時計」のイメージ画像

FranckMuller(フランクミュラー)の中でも個性的で普通ではない時計、クレイジーアワーズを紹介しました。いかがでしたか?FranckMuller(フランクミュラー)といった定番の形もあるので、イメージがある人もいるかもしれませんが、こんな風にちょっと変わったおもしろい時計も存在しています。そんな中にもFranckMuller(フランクミュラー)の深い想いが込められていますし、技術的には世界最高峰のFranckMuller(フランクミュラー)のものがつまっているので、誰が使っても魅了されること間違いなしです。FranckMuller(フランクミュラー)の思いに共感した人、ちょっと普通とは違った時計が欲しい人はぜひクレイジーアワーズを検討してみてください。

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら