日本では認知度低め!?まずはリシャール・ミルの歴史を知ろう

作成日:2018年06月26日
最終更新日:2021年06月15日

リシャール・ミル

リシャールミルのロゴ画像

高級時計の生産国といえばスイス。数ある時計ブランドのなかで群を抜く「RICHARD MILLE(リシャール・ミル)」をご存知ですか?日本では聞きなれないかもしれないので、まずはリシャール・ミルがどんなブランドなのかを知ってもらうために歴史をご紹介。さらに!リシャールウォッチに興味を持ってもらうために、超高級である理由や別格と言われている時計の全貌もお伝えできればと思います。

スイス時計が有名な理由

スイスの画像

スイスといえば高級時計の名産地。最近は日本の国内時計ブランドも負けていませんが、やっぱり歴史の長いスイス時計にたどり着くまでにはそう簡単ではありません。精密機械の時計は製造環境が大切。豊かな自然と綺麗な水をもつスイスだからこそ、美しく高い精度の時計を生み出すことができます。職人によるハンドメイドであること、また、優れたムーブメントを作りだすことで常に世界トップクラスの時計を作り出してい

ブランドの特徴

車の画像

1999年にスイスで誕生したRICHARD MILLE(リシャール・ミル)。設立者兼デザイナーのリシャール・ミル氏は様々な時計ブランドに携わった後、ブランドを設立しました。豊富な経験と類い稀なるデザインセンスで、他にはない見るものを圧倒する時計をつくっています。コンセプトは「時計のF1」で、最新技術とこだわりの素材を活かして、常に最先端の時計を生み出していますよ。

高級時計として知られている「ロレックス」「オメガ」「ブライトリング」よりも、さらに高い額の時計を生産しています。価格は500万円から数千万円するものがほとんど。その理由はスイス時計ならではの高い精度と機能性、さらに、軽くてどんな状況下でも使用できる丈夫な時計を製造。また、特殊な部品を使っていることが多いため、百万円以上の時計が多くなっています。

生産数が少ない上にすべて限定品になるため、なかなか手に入れることが難しいことでも知られています。そのため、日本ではRICHARD MILLE(リシャール・ミル)を知らない人が多いのでしょう。

衝撃のデビュー

ライブの画像

2001年にリシャール・ミルの時計コレクションが誕生しました。ファーストモデル「トゥールビヨンRM001」。超複雑機構を搭載したトゥールビヨンは投げても壊れない衝撃に強い時計の誕生でした。複雑機構になるほど壊れやすい時計とおうイメージを世界で初めて覆すことができたため、まさに衝撃のデビューと言われています。大きな話題になったため、時計愛好家がこぞって注目したモデルです。

さらに、時計の軽さにも驚きを隠せません!通常の複雑機構モデルならば、軽量を叶えることが難しいそうです、しかし、リシャールのトゥールビヨンは軽さと耐久性を両立させることに成功しました。素材には、宇宙業界でも使われている丈夫な材料を採用。今までの腕時計にはない初の試みになる素材の使用でした。

並外れた才能と私たちでは計り知れない手間と時間によってつくられていることだけは間違いありません。そのため、限定品のみであり、高額価格になるのでしょう。RICHARD MILLE(リシャール・ミル)は「トゥールビヨンRM001」を発表したことで、一気にブランド価値が上がりました。

一流の職人にしかできな高度な技は文字盤にも注目を集めました。今では目にすることも多くなりましたが、2001年に時点では比較的珍しい文字盤のメカニカルなデザインを取り入れたことも話題に!「RM001」を基準に、「時代を先取りした」「ハイテク」などをコンセプトとして、常に最先端の時計がリリースされているため、常時計業界からメディアまで関心を向けられています。

エクストリームウォッチの誕生

リシャールミルの画像

Extremeは「極限」や「極端」などの意味を持ちます。RICHARD MILLE(リシャール・ミル)はすべての時計をエクストリームにすることで、逸品と呼ぶにふさわし時計を生み出しています。

エクストリームウォッチにするために、時計作りに優れた様々な専門家に力を借りています。さらに、最高質のパーツを集めた高度な技術を活かして、レーシングカーのような時計を製造することを概念としています。加工が難しいチタンを採用したり、様々な箇所で使われているネジ1つとっても、何か月にも及ぶ開発と膨大な投資により生み出されています。

RICHARD MILLE(リシャール・ミル)の腕時計には他のメーカーが当たり前に使用している部品を実質的に使われていません。想像できない追求心で生まれた驚異のメカニズムは、リシャールウォッチしか味わえません。希少で1年で極僅かしか生産されないため、まさにエクストリームウォッチですね!

極まりない努力の成果

男性の画像

他の腕時計にはないRICHARD MILLE(リシャール・ミル)にしか作りだすことができない腕時計。私たちには想像できないほどの努力により完成されていることを知っていただけたしょうか。日本で…というよりも、世界的にみてもなかなか目にすることがない、リシャールウォッチを1度見てみたいですね

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら