技術力、デザイン性共に優れるFranckMuller(フランクミュラー)の歴史

作成日:2017年04月21日
最終更新日:2020年04月07日

フランクミュラー

フランクミュラーの画像

世界には有数と言われる時計メーカーがいくつもありますが、その中でも高い人気を誇るのがFranckMuller(フランクミュラー)。高性能でハイセンスな腕時計をいくつも輩出してきているFranckMuller(フランクミュラー)ですが、どういった歴史をたどってきたのでしょうか。本日はこんなFranckMuller(フランクミュラー)の歴史をみていきたいと思います。

FranckMuller(フランクミュラー)の幼少期

「FranckMuller(フランクミュラー)の幼少期」のイメージ画像

創業者のフランクミュラーは1958年にスイスのダ・ショー・ド・フォンに生まれます。幼いころから精密な機械仕掛けのすばらしさをイタリア人の母から学んでいたということです。そんな幼少期の経験もあってジュネーブの時計学校に進み、首席で卒業しました。1986年にはジュネーブにほど近いフランスの国境を控えるジュラ山脈のジェクス地方にある、ジャンとの伝統的な美しさに魅せられ、この地に高級時計のブランドを設立しました。これがFranckMuller(フランクミュラー)のはじまりです。このころはアンティーク時計の修理や愛好家のオーダーによる一点制作などを手掛けていました。その後はトゥールビヨン、ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー、スプリットセコンドなどを組み込んだ腕時計を制作して世界初の記録を次々と樹立し、その天才ぶりがブレゲの再来と絶賛されるほどでした。

FranckMuller(フランクミュラー)の誕生

「FranckMuller(フランクミュラー)の誕生」のイメージ画像

FranckMuller(フランクミュラー)のウォッチブランド社を創立するのは1992年のことです。ブランドを設立してからも、複数時計の開発における世界初記録や、特許取得は途切れることなく、数々の名声を確立しました。伝統的な複雑機構を巧みに組み合わせたフランクミュラーの独創的なモデルがスイスの時計業界に大きな影響を与えました。

メカニズムだけでなくデザインも

FranckMuller(フランクミュラー)は高度なメカニズムだけでなく、現代人のライフスタイルにマッチしたスタイリッシュなデザインを生み出したということも見逃せません。機械式時計でありながら、ありがちな堅苦しい雰囲気をまったく感じさせないのがFranckMuller(フランクミュラー)のセンスなんです。FranckMuller(フランクミュラー)の中でも最も有名なのが、「トノウ・カーペックス」と呼ばれる、どの角度から見ても立体的な曲線で描かれた湾曲トノウ(樽型)ケースです。この手のデザインは20世紀初頭からアールデコ期にかけて、初期の腕時計によく見られたものでしたが長く忘れられていたデザインでした。FranckMuller(フランクミュラー)はこの歴史的なデザインをよみがえらせたのです。このデザインにふさわしいノスタルジックなビザン数字を用いた文字盤のデザインはFranckMuller(フランクミュラー)の代名詞になりました。今やこれを一目見ただけでFranckMuller(フランクミュラー)の時計だと多くの人がわかると思います。トノウ・カーペックスのデザインは多くの模倣を生むことになりますが、FranckMuller(フランクミュラー)はそのデザインは生かしながらも、様々な機能を加えたり、特殊機能を搭載するモデルを開発することによって他のブランドの追随を許しませんでした。こうしてユニークなデザインと機能を併せ持つFranckMuller(フランクミュラー)の腕時計は革新的存在になっていったのです。

その後の活躍

「その後の活躍」のイメージ画像

FranckMuller(フランクミュラー)がトノウ・カーペックスを開発した後も様々な技術を世界中に見せてくれています。どういったものなのか具体的に見ていきましょう。
例えば1994年にはダブル・ジャンピングアワー、カレンダーを発表しました。文字盤上の12時位置に設けられた小窓とその下のダイアルによってローカルタイムと第二タイムゾーンの両方を読み取ることが可能となったんです。1997年にはル・マン24時間耐久レースのオフィシャルタイムキーパーに選ばれ、世界ではじめて24時間表示の自動巻きムーブメントを実現しました。98年には世界最小のトゥールビヨン・ムーブメントを開発。直径なんと19.15mmという小ささで世界記録を樹立しました。2000年にはルーレットが楽しめる世界唯一の時計を開発するなどユニークさもあります。

世界を代表する時計ブランドへ

「世界を代表する時計ブランドへ」のイメージ画像

FranckMuller(フランクミュラー)は幼少期から秘めた才能を持ち、時計メカニズムに対する技術はもちろんですが、デザイン性についても素晴らしいセンスを持ち合わせていたことにより世界を代表する時計ブランドへと発展してきたのです。どちらかがかけていても今のFranckMuller(フランクミュラー)にはなりえなかったでしょう。どれも素晴らしい時計ばかりなので、どんな人でも欲しくなってしまうこと間違いなしです。今後もFranckMuller(フランクミュラー)の活躍に期待ですね♪

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら