女性の憧れピンク・ダイヤモンドが消えるかもしれない!

作成日:2018年06月03日
最終更新日:2021年06月15日

ダイヤモンド

ダイヤモンドの画像

宝石のなかでも可愛らしい印象のピンク・ダイヤモンドは女性の永遠の憧れ。近いうちに発掘が終了する可能性があり、ただでさえ希少な天然の美しいダイヤモンドが見れなくなるかもしれないと言われています。そのため、いま手が入るうちに購入しておくことをおすすめしますよ♪今回はピンク・ダイヤモンドを使用した指輪のご紹介やあまり知られていないカラー宝石の実態をご紹介していきますね。

ダイヤモンドは透明だけではない!

ダイヤモンドの画像

ダイヤモンドといえば、濁りのない透き通った透明感が最も美しいとされてきました。しかし、近年は色の付いたダイヤモンドに注目が浴び、採取量が少ないことから重宝されています。中でもピンク・ダイヤモンドは愛らしい色合いから、女性から大人気。滅多に産出されないレッド・ブルーダイヤモンドに比べると、宝石店でも見かけることが多いですが、希少なのには変わりはありません!

カラーダイヤモンドは、科学的証明はされていませんが、不純物が混じったことで色が付いているように見えます。ピンク・ダイヤモンドは結晶化する時に窒素原子が取り込まれて、炭素原子が欠けることでピンク色に見えると言われています。カラー宝石は一般的に見ることができないため、知らない方も多いと思いますが、実際に存在するんですよ!

天然ダイヤの発掘が終われば人工ダイヤが増える

鉱山

せっかく購入するなら天然のダイヤモンドがいいですよね。しかし天然のピンク・ダイヤモンドが無くなり、人工ダイヤが増えるかも!?ピンク・ダイヤモンドが採取できる場所は、今のところオーストラリアのアーガイル鉱山のみとされています。アフリカでも採掘できますが、アーガイル鉱山のピンクダイヤモンドは天然で最も良質。

一部の鉱山からしか取れないため、透明ダイヤモンドより希少価値が上がります。採取量の少なさから年々価値が上がっていますが、天然ダイヤが採掘できるアーガイル鉱山の発掘は2018年で終わると言われています。そのため、さらにピンクダイヤモンドに出会える確率が減り、高額な値段が付いていくことが予想されます。そうなると、人工のダイヤモンドが増えていくでしょう。

では、天然ものと人工ものはどのように区別するべきか。一つは、ノンブランドでピンクダイヤモンドなのにあまりにも安い価格の時は人工の可能性がありますよ。天然素材のピンクダイヤモンドを求める方は、鑑定書が付いているか確認してから購入しましょう。鑑定書はダイヤモンドの品質を確認するために重要な書類ですよ。もう一つは見た目で判断する方法で、ダイヤモンドのカット法をチェック。希少なダイヤモンドは、原石を半分以上削るような複雑なカット法をあまり行いません。天然ピンク・ダイヤモンドはカラット数が大きいと考えておきましょう。

ピンクは1つだけでなく色調によってランクがある

ピンクダイヤモンド

ピンクダイヤモンドの中にもカラーグレードがあります。ランクによって価値が変わってくるため、購入の時のために知っておくべき!最高ランクのFANCY VIVIDをはじめ、9つにまで分けられています。見た目でいえば、明るく濃いピンク色が価値が上がりますよ。最低ランクのFAINTでも天然ピンクダイヤモンドなだけで十分価値はありますが、せっかく購入するならFANCYクラスを購入しましょう。

ピンクダイヤを使用したおすすめ結婚指輪

恋愛や幸運をイメージするピンク色は女性から大人気。石言葉が「永遠の愛」のため、大切な人に贈るプレゼントや結婚指輪としておすすめ。今回は有名ブランドより、人気の婚約指輪をご紹介します。

ピンク・ダイヤモンド・マリッジリング

「ピンク・ダイヤモンド・マリッジリング」のイメージ画像

「Harry Winston(ハリーウィンストン)」より、大人気のマリッジリング。シンプルなシルバーリングのセンターにあしらわれた、貴重なピンクダイヤモンド1粒の存在感がすごい!鮮やかなピンクカラーは、甘い雰囲気で指元をフェミニンに仕上げます。

ハーモニー™ ピンクダイヤモンド・ サイドストーン

「ハーモニー™ ピンクダイヤモンド・ サイドストーン」のイメージ画像

女性の憧れブランド「Tiffany&Co.(ティファニー)」より大人気のエンゲージメントリング。リングの形が柔らかな曲線になっていることで、女性らしさを表現。センターにはラウンド・ブリリアント・カットの透明ダイヤモンド。さらに、透明ダイヤモンドの周りにピンク・ダイヤモンドを贅沢に使用。ピンクカラーを取り入れることで、エレガントさだけでなく愛らしい雰囲気になりますね。

今のうちに購入しとくべき!

プレゼントボックスの画像

発掘が終わる可能性があるピンク・ダイヤモンドのアクセサリーは手に入るうちに購入しておきましょう。大切な人への贈り物にぜひいかがでしょうか♪天然のピンク・ダイヤモンド見れなくなるのは悲しいですが、その分価値はかなり上がるでしょう。持っていて損はありませんよ。

発掘が終了するまでに過去最大級のピンクダイヤモンドを発掘して、少しでも多くの人に届きますように!と願うばかりです。(※ちなみに最も大きいピンク・ダイヤモンドと言われているのは、2012年に発見された12.76カラットです。)

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら