億越えの高級ウォッチが存在!セイコーのCREDOR(クレドール)

作成日:2018年05月14日
最終更新日:2021年06月15日

セイコー

セイコーの画像

高級時計といえばスイスですが、日本の時計ブランドであるSEIKO(セイコー)も負けていません!日本の確かな技術と芸術性あるデザインは、国内だけでなく世界で高く評価されています。100年以上の歴史を持つ老舗ブランドとして、数々の功績を残してきました。今回は高級時計ラインの1つ、CREDOR(クレドール)について書いていきたいと思います。

ブランドヒストリー

セイコーの画像

SEIKO(セイコー)は1881年に服部金太郎氏によって誕生。初めは輸入時計の販売店として開始しましたが、数年後には独自開発の掛け時計や懐中時計の製造を開始。1913年には、現在の代表アイテムでもある腕時計が国内初として生産されました。

その後、国内の時計ブランドだけでなく、世界初となる「クオーツ式時計」や「GPSソーラーウォッチ」など様々な技術を開発していきます。どの時代も、他にはも負けないような一歩進んだ製品を開発しているSEIKO(セイコー)は、世界トップクラスまで一気に駆け上がりました。

ラグジュアリーウォッチとして、大人気のCREDOR(クレドール)は1974年に登場。貴金属を素材を使用した特選腕時計として、ラグジュアリーウォッチの誕生。1982年には、2億2000万円モデルを頂点にジュエリ-ウォッチを販売開始しました。2億レベルの時計は、他の高級時計と比べてもかなり高い金額!

ケースからブレスの部分まで合計507個使われたダイヤモンド、またカバーガラスも板状にカットされた1枚のダイヤモンドで仕上げられています。贅沢に使用されたジュエリーウォッチは日本最高レベルの額を持つブランドとして、大きな話題を呼びました。

CREDOR(クレドール)について

セイコーの画像

CREDOR(クレドール)とは、フランス語で「黄金の頂き」という意味を持ちます。ジュエリ-を大胆に使用した煌びやかな時計達に、まさにぴったりな名ですね!見た目のデザイン性だけでなく、極められた日本の技術を活かした機能性も最高級。

細部まで考慮された精緻さ、誰でも受け入れやすいデザインで、常に新しいスタイルを作り出してくれます。ロゴマークを見たことがありますか??ブランド名の語源「黄金の頂き」の頂きから山をモチーフ。山の上には、天に届く3つの星と融合するマークが印象的ですね。

こだわりポイント

CREDOR(クレドール)にしかだせない、こだわりポイントを製品でご紹介します。さすが日本屈指の最高級時計!と言わざるを得ない、職人技を感じることができる時計に仕上がっています。

GTTE554

「GTTE554」のイメージ画像

時計を見て、1番印象に残る物は美しく輝くダイヤモンド。ベゼルに沿って立体感を意識してセッティングされたダイヤモンドは、美しくエレガントな表情を見せてくれます。高度な技術を持った職人にしか作れない、大変貴重な時計になっています。ダイヤルには上質な白蝶貝。天然素材が持つ柔らかいぬくもりが上品な印象を与えてくれます。アクセサリーのように、美しく華やかなデザイン。外国の映画に出てきそうな、アンティークウォッチようなクラシックな印象。国内トップのラグジュアリーウォッチとして、威厳を放っていますね!

GBAQ963

「GBAQ963」のイメージ画像

日本の伝統工芸技でもある七宝を使用したダイヤルは、独特の深みある質感が特徴。スーツに合う気品あるデザインは、紳士な男性にぴったり。ブレスレットは、上質なクロコダイヤルを使用。ステンレスより落ち着いた印象も持つ、レザーは華やかなダイヤルを引き立てます。

GBBD981

「GBBD981」のイメージ画像

まさに芸術作品といえる時計。複雑な機械だけで終わらず、職人の技によって宇宙のような壮大な作品へと導かれています。腕時計の域を超えたアーティスティックな作品。CREDOR(クレドール)の彫金は、彫る模様に合わせて形状の異なる刃先を使い分けています。そのため、メリハリのある型破りな作品が完成します。ダイヤモンドとは一味違った、CREDOR(クレドール)ならではの彫金の輝き。メカニックなデザインは、時計好きにはたまらない原点のような存在ですね。

人気ペアウォッチ

セイコーの画像

大切な人に贈る、永遠のシンボル。せっかくなら一生ものとして使って頂ける時計をペアウォッチとしてCREDOR(クレドール)をプレゼントしましょう!

「GBAT039」は、シルバーカラー1色でシンプルに、素材を活かしたデザインが特徴。ペアウォッチは「GTAW039」。ケースには、18Kゴールドのダイヤモンドを使用。ガラス部分のサファイアガラスは傷が付きにくいので、長く愛用していても綺麗な状態を保つことができます。

またダイヤルには艶のある反射仕上げ加工、シンプルなバーインデックスで視認性を高くしています。ラグジュアリーな見た目だけでなく、年差±1秒の高精度クオーツ式を搭載することで、十分な実用性も感じることができますよ。エレガントウォッチとして、大切な人とのお揃いにいかがでしょうか?

世界に誇るドレスウォッチ

女性の画像

ジュエリーのような時計CREDOR(クレドール)をご紹介しましたが、いかがでしたか?細かな部分までこだわった時計は、スイスに負けない高級時計として高く評価を得ています。国内の時計ブランドで、ここまでのレベルを持っている所は他にはありません!ぜひ真の腕時計が欲しいならば、CREDOR(クレドール)を選ぶべきですよ!

関連アイテムの買取価格はこちら

他の人はこんな豆知識も見ています

完全無料

査定・買取のお申し込みはこちら